駄文・散文帳
2014年04月25日 (金) | 編集 |

尖閣めぐる中国の野心を封じ込め 日米首脳会談「力による現状変更に反対」
2014.04.24 ZAKZAK

 安倍晋三首相は24日午前、来日中のオバマ米大統領と、東京・元赤坂の迎賓館で会談し、日米同盟について「平和と繁栄の礎」「アジア太平洋地域の安全保障の土台だ」と世界に向けて発信した。沖縄県・尖閣諸島を含む同地域で、領土的野心をあらわにする習近平国家主席率いる中国を、強固な日米同盟でけん制・封じ込める狙いだ。これまで、中国に腰の引けていたオバマ氏だが、ウクライナや中東などで世界情勢が激変するなか、安倍首相主導の同盟強化に傾いた。

 「日本国民として、バラク・オバマ大統領の来日を歓迎する。自由と民主主義、基本的人権といった価値を共有し、戦略的利益を共有する日米の同盟関係はかけがえのないものだ。私の進める積極的平和主義と、バラクの進めるアジア重視政策は、この地域の平和と安定に貢献する。中国に関しては『力による現状変更の動きに対しては、明確に反対する』ことで一致した。アジア太平洋地域で日米同盟が主導的役割を果たしたい」

 24日午後12時39分から始まった共同記者会見。安倍首相は予定をオーバーして終わった首脳会談の成果を、こう語った。

 これを受け、オバマ氏は尖閣諸島について米大統領として初めて「日本の施政下にある尖閣諸島についても日米安全保障条約第5条の適用対象になる」と明言した。

 これに先立つ首脳会談で、安倍首相は集団的自衛権の行使容認に向けた状況を説明し、オバマ氏から「支持」を取り付けた。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉も、閣僚級協議を継続することで一致した。

 米国のアジア戦略が、日米同盟を軸に展開される方針が鮮明となった。

 微妙な距離があった両首脳を近づけたのは、23日夜、東京・銀座の高級すし店「すきやばし次郎」で行われた非公式の意見交換だ。世界最高のすし職人と呼ばれる小野二郎さん(88)がツケ場に立つ同店は、仏料理店本「ミシュランガイド」で3つ星を連続獲得している。

 「すしは随分食べてきたが、人生の中で一番おいしいすしだった」

 オバマ氏はこう述べて相好を崩した。カウンター席に並んで座り、日本酒も酌み交わした安倍首相は「オバマ氏が『日本食、特にすしが大好きだ』とうかがったので、えりすぐりのすしを味わっていただこうと思った」と笑みを浮かべた。

 日本側は当初、居酒屋を検討していたが、オバマ氏本人が「すきやばし次郎」を希望した。意見交換では、TPPをめぐる真剣なやり取りもあったという。

 実は、日米両首脳のすし会談には前例がある。

 1993年7月、東京サミットで来日したクリントン大統領が「どこかスナック(=軽食)でも食べながら話しませんか?」と持ちかけ、宮沢喜一首相がホテルオークラ内のすし店に誘い出した。米国は当時、貿易上の最恵国待遇供与を、中国の人権問題などとリンクさせようとしていた。宮沢氏は口を開いた。

 「あれ(最恵国待遇)は馬鹿だからおよしなさい。あれをやめたりしても大したことにはならない。いい加減にしておきなさい」(『宮澤喜一回顧録』から)。対中関係を重視する宮沢氏が若き大統領を説教したといえる。

 今回の安倍・オバマ会談は、当時の日米首脳の対中姿勢とは180度違う。安倍首相としては、オバマ氏の「尖閣防衛」「アジアへのリバランス(再均衡)政策」の決意を引き出し、中国を牽制する意向だった。

 ただ、杏林大の田久保忠衛名誉教授は「オバマ氏は、とにかく他の国と戦争したくない。シリアでもイランでもウクライナでも弱腰で、同盟国は心配している」と指摘し、こう続ける。

 「オバマ氏は、アジアに安全保障の重心を移すリバランス戦略を掲げるが、中国に釈明できるような逃げ道を残そうとする。『やるか貴様!』と大声を出しているが、拳骨を振り上げていない」

 確かに、オバマ氏は国賓として来日しているが、ミシェル夫人は同行していない。ミシェル夫人は先月、娘2人を伴って1週間も中国に滞在した。オバマ政権幹部は、中国が主張する「新型大国関係」を認めるなど、融和的姿勢が目立つ。

 とはいえ、首脳会談で、年内の見直しを確認した「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」は、台湾有事など中国を念頭に置いた防衛協力を強化するもの。97年の改定時に、朝鮮半島有事を想定していたのとは、大きく異なる。

 まさに、安倍首相ペースで進められた日米同盟の強化。習主席率いる中国はこれまで、世界各国で日本を貶める歴史問題を宣伝したり、ワシントンでロビイストを暗躍させて「日米分断」を試みてきたが、むなしい努力であることを印象づける日米首脳会談となった。


国賓として来日中のオバマ米大統領を歓迎し、天皇、皇后両陛下主催の宮中晩餐会が24日夜、皇居・宮殿「豊明殿」で開かれました。

テレビで見ていたら、元首相の福田・鳩山・菅氏らが、面白くもなさそうな表情で着席していました。安倍首相ら三権の長や閣僚、ケネディ駐日米大使やフロマン米通商代表ら両国政府要人のほか、11年に皇族として米国を公式訪問した両陛下の長女、黒田清子さんも出席。米大リーグで活躍した野茂英雄さんらも招かれたそうな。しかし、「トラスト・ミー」とか「東アジア共同体」などと言ってきた鳩山元首相を出席させるのは、オバマ大統領に不愉快な出来事を思い出させることになりそうだが、米政府要人や米紙にルーピーと言われていましたから、それほどの人物でもないわけで、オバマ氏も気にならないかもしれません。

ところで、オバマ氏は「すきやばし次郎」で好物のすしを14貫食べたらしい。一方、安倍首相は20貫完食とか。

で、オバマ氏は韓国の強い要請を受け入れて、予定にはなかった韓国にも寄ることにしましたが、今の韓国にとっては旅客船沈没事故で「それどころではない」状況。自業自得とはいえ、オバマ氏をにこやかに歓迎できるのだろうか。

朴大統領の支持率下落 旅客船沈没対応が影響か

旅客船沈没:船長は契約職だった

【コラム】韓国の恥ずべき自画像
 ある意味、セウォル号の船長と船員は、恥ずべきわれわれの時代の自画像だ。責任と倫理に基づいた職業意識よりも、成功と生存だけが全てと強調してきた高度成長の後遺症だ。ソウル大学社会学科の宋虎根(ソン・ホグン)教授は「韓国社会では民主化は達成されたものの、真の民主主義はきちんと根付いていない」と分析した。民主主義の主体となるべき、教養を備えた中産層の市民階級が適切に成長できなかったため-というのが宋教授の説明だ。ここでいう教養とは「私欲を抑制できる力」のことを意味する。

 乗客の安全に責任を負うべき船長と船員には、一般の人々よりも強い職業意識が必要だ。しかし韓国社会全般に根を降ろしている「とにかくまず自分が生きよう」という精神がもたらす潜在的危険は、一部の職業にだけ当てはまる問題ではない。韓国社会は「生き残りたければ他人を押しのけてでも前に出るべき」だと暗に教えてきた。家庭・学校・職場を問わず、犠牲と分かち合いよりも競争と勝利を強調し、清き失敗よりも汚い成功の方をモデルにして走ってきた。今でも、富と権力のため不正と脱法行為にいそしみ、摘発されてもずうずうしく復活する一部高位層の存在は「どんなことをしてでも生き残るのが勝利の道」というメッセージを伝えている。「弱者を先に」「遅くなっても一緒に」という社会倫理や道徳は、教科書に出てくる退屈な話程度の扱いだ。生まれつき利他心を持ってはいない以上、これまで一度たりとも重要とは思ってこなかった行動を突然取れるはずがない。生死の境目という瞬間にそのような行動を期待するのは無理がある。

 成熟した民主社会の市民に要求される社会的責任意識を養うためには、政府や学校、企業、公共機関で普段からその重要性を話し合い、教育するしかない。協力や責任感、共同体意識が利己心に打ち勝つ姿を現実の中で示せるように、システムを整備しなければならない。そうでなければ、切迫した状況で犠牲精神を発揮することなどできない。

 セウォル号は沈没したが、われわれはまだ韓国社会という船に乗っている。船が突然傾くという絶体絶命の瞬間に船長の役目を果たすべき指導層の中に、「乗客」の安全を先に考える人間が果たして何人いるだろうか。弱い立場の乗客のために惜しむことなく救命胴衣を脱いで渡す人間が、どれほどいるだろうか。自問してみるべきだ。

旅客船沈没:「国民のレベルが低いから国のレベルも低い」
 大学浪人中のイェソン氏は18日、自身のフェイスブックに「似たような事故が起きても理性的に対応する他国に比べ、韓国の国民は大統領が(事故現場に)行って捜索に全力を尽くすと表明しても(現場の人々は)声を荒げ、ののしり、首相に向かって水をかける」とした上で「国民感情が非常に未開(文化レベルが低い)だ。大統領だけが神のような存在になって国民のあらゆる要求を満足させることを期待するなど、ありえない」と書き込んだ。さらにイェソン氏は「国民が集まって国家が成り立っているのに、国民のレベルが低いから国のレベルも低いのではないか」と続けた。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する