駄文・散文帳
2014年03月01日 (土) | 編集 |

「歴史は棚上げしろ」と韓国に命じた米国
「オバマ誘致で勝った!」と喜んだのも束の間
鈴置高史 2014年2月27日

 「外交戦で日本に勝った!」と韓国紙が快哉を叫んだ。4月にアジアを歴訪するオバマ米大統領が、日本訪問の日程を縮めても韓国に立ち寄ると決めたからだ。だが、一時は大喜びした韓国人も「オバマ訪韓」の代価の大きさにはたと気付いて焦り始めた。

米国の親日派も韓国の味方だ

・オバマ訪韓、「5年で4回」に難色の米国
・安倍の「靖国オウンゴール」で急反転
・安倍の挑発に米の不満爆発
・アーミテージら日本通まで「オバマ歴訪から韓国除いてはダメ」
・安倍に後頭部を殴られたバイデンも韓国の立場を積極支持

 朝鮮日報のワシントン特派員の記事「韓日外交戦の舞台裏」(2月14日)の見出し一覧だ。記事の要旨は以下だ。

・オバマ大統領は日本、マレーシア、フィリピンを訪問する予定だった。韓国外務省が安倍晋三首相の靖国参拝を機に巻き返して、韓国訪問を実現した。

・「韓日両国の間で歴史認識を巡る対立が深まる中、日本だけ訪問すれば日本を一方的に支持することになる」との説得が功を奏した。

・靖国参拝で日本に裏切られたアーミテージ元国務副長官やバイデン副大統領も韓国支持に回った。

日本外交に傷を負わせた

 中央日報も勝利宣言した。ワシントン特派員電の「オバマ、韓日それぞれ1泊2日の訪問が有力――安倍参拝で2泊3日の日程を分けることに」(2月14日)がそれで、ポイントは以下だ。

・日本の慣例では、総理と天皇にそれぞれ会う日程が含まれて初めて国賓訪問と見なす。

・日本は米国に対し2泊3日の日程を求めていたのが1泊2日に減らされることになった。それだけに、盛大な国賓訪問を期待していた日本外交は目に見えない傷を負った。

安倍首相の靖国参拝という不用意な一手と、ホワイトハウスへの韓国外交の執拗な説得が呼んだ結果だ。

(以下「株式日記と経済展望」より引用)

 韓国が日本への外交的な切り札として愛用してきた「歴史カード」。それをケリー長官は使うなと言い渡したのだ。このカードは最近、米国から「中国に寄り過ぎだ」と指摘された時の言い訳――「従中ではなく反日だ」――としても多用されている。

 朴槿恵大統領が世界中で告げ口して日本に圧力をかけてきた「従軍慰安婦」など過去の問題を棚上げせよ、と言われたに等しい。

 そして米大統領が日韓両国を訪問する4月下旬までに日本との関係を改善せよ、と期限まで切られた。強引に誘致した「オバマ訪韓」は時限爆弾だったのだ。

誤訳した韓国メディア

 ちなみに、聯合ニュースなど多くの韓国メディアは「過去の問題を横に置いて」(to put history behind them)を「歴史を克服して」と訳している。

 日本を攻撃するための「歴史カード」を「横に置け、と言われた」あるいは「棚上げしろ、と言われた」と報じれば、国民感情が傷つくと編集者が判断したのだろう。(中略)

中韓関係でも藪蛇

 「オバマ訪韓」の藪蛇効果は対日外交に留まらない――。そんな懸念も広がった。訪韓が、朴槿恵政権の基本政策である二股外交を揺らす可能性が高まったからだ。

 「反・朴槿恵」紙のハンギョレは解説記事「“過去への肩入れ”は避けたいオバマ……韓日に対話を求める」(2月13日)で以下のように指摘した(注1)。

(注1)この記事の日本語版はここで読める。

・(米国がオバマ訪韓を決めたのは)習近平国家主席の年内訪韓の可能性があるなかで、中国も意識したのだろう。

・米国は、韓米日3国安保協力体制の強化による対中牽制という核心的政策が(習近平訪韓で)亀裂が生じると懸念した。

・「オバマ誘致」は得より損が多いかもしれない。総力を傾けた韓日の外交戦で、米国が韓国の手をあげてくれたのだ。

・それだけに韓国も何か“代価”を払わねばならない。オバマ大統領は訪韓の際、韓米協調を巡って協議すると見られる。

対日戦勝利がブーメラン

 国際政治学者の文正仁(ムン・ジョンイン)延世大学教授は中央日報に寄稿した「オバマ訪韓、『タダ』の昼食はない」(2月17日)で「歴史問題を巡り日本と和解しろと米国が韓国にごり押しするのではないか」と懸念した。さらに中国との関係でも以下のような警戒感を示した(注2)。

(注2)この記事の日本語版はここで読める。

・日本への外交的勝利であるオバマ訪韓が、ブーメランとなって戻ってくる可能性がある。

・中国を意識した朴槿恵政権の東北アジア平和協力構想と、オバマ政権のアジア・太平洋再均衡政策を調整する問題が伏兵として登場するからだ。

・国際関係には「タダ」はない。オバマ訪韓が両刃の剣になりかねないという事実を認識して準備を進めなければならない。

米国の掘った落とし穴

 遠回しの表現で分かりにくいが、はっきり言えば「オバマ大統領は、中国に接近する朴槿恵大統領を説教する場として韓米首脳会談を活用するだろう。それをどう防ぐか対策を建てよう」ということだ。

 「日本のオウンゴール」と大笑いしていた韓国人が、自らの「オウンゴール」に気が付いて、やきもきし始めた構図だ。ただ、事実関係を綿密に調べると、韓国の自殺点とばかりは言い切れない。米国が掘った落とし穴に韓国がはまったと見られる部分もあるからだ。


日本も韓国もお互いに今後、領土問題や慰安婦・日本海呼称・旭日旗・歴史認識などで譲り合うことはありません。竹島不法占拠は火事場泥棒だし、それ以外も韓国のウソの歴史認識から始まった難癖ですから。

ま、日本で再び民主党政権のような与党が誕生すれば有り得るかもしれません。鳩山元首相が「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」とか「定住外国人の参政権を付与すべきである」「在日の方が日本の総理大臣になられたとしたら、それは素晴らしいことだ」「多重国籍に賛成」などと日本人とは思えない発言が物議をかもしたことがありましたが、これでは政権を維持できないでしょう。

鳩山由紀夫氏は「靖国参拝を中断しない限り、韓国・中国の信頼を取り戻せない」とも言いましたが、中韓は参拝をやめても、靖国からA級戦犯を移しても反日政策をやめないことが分からないらしい。鳩山氏のような政治家には、自分が中韓に都合よく利用されていることが分からないのです。また、鳩山氏は「選挙直前に国民に聞こえのいい話をする政権に信頼を置くことはできない」と自民党を批判をしていましたが、確かに左翼には、耳に聞こえの良い優しい言動で「好い人」を演じる自己満足型の偽善者が多い。河野洋平氏もその一人。

外交は「見えない片手で拳を握り、表に出した片手で握手をする」と言われるほど国益をかけた熾烈な戦いであり、戦略なき外交では成果を得ることは出来ない。相手国の嫌がることを言わなければ始まらないのです。鳩山氏のような偽善者に日本を任せたら、日本が中国の一省になってしまうであろう。

しかし、韓国のように「したたか」であり過ぎても「ゆすり・たかり外交」「二股外交」「告げ口外交」「恫喝外交」「極右外交」では、どこの国からも相手にされず、孤立していく。米紙が「韓国のフィギュア騒動について「韓国がスポーツの成績にこだわるのは、他国にいじめられてきたという感覚があるからでは。韓国は民族的プライドを必死になって求めており、それを確認するための手段がスポーツだ」と分析しています。「他国にいじめられてきた」の「他国」とは中国ですね。日本は韓国を救済してきました。

ロシア爆撃機が韓国の防空識別圏を飛行 プーチン氏はソチで韓国館に背を向け…
2014.02.28 ZAKZAK

 韓国とロシアの間にキナ臭い空気が流れている。ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子で、韓国の金妍児(キム・ヨナ)がロシア選手に敗れたことを受け、韓国世論は「不公平判定だ」と猛反発し、プーチン露大統領のフェイスブック(FB)に批判の書き込みを集中させた。この直後、ロシア空軍の戦略爆撃機が韓国の防空識別圏を飛行したため、韓国内では「プーチン氏が『FBテロ』に激怒した」との見方まで飛び出している。

 「離於島(イオド=東シナ海の暗礁)の上空までやって来るのは極めて異例で、昨年12月に韓国が離於島上空をKADIZ(韓国防空識別圏)に編入してからは初めて」

 韓国紙・朝鮮日報は26日、ロシア空軍の長距離戦略爆撃機ツポレフ95が、24日に2機編隊で離於島上空を飛行したことを扇情的に報じた。

 離於島は、中韓両国が管轄権を主張し、上空は日本の防空識別圏に含まれる。韓国は昨年末、日本の反対を押し切って自国の防空圏に強引に編入しただけに、ロシアにメンツをつぶされた形だ。

 露空軍機による韓国の防空圏進入は今年1月28日にも竹島上空で発生した。ただ、1月は偵察機ツポレフ142だったのに対し、今回は核兵器を搭載できる戦略爆撃機だけに穏やかでない。

 韓国のネット空間では「プーチン氏がFBテロを懲らしめるために爆撃機を派遣したのではないか?」との書き込みも行われた。

 FBへの書き込みが軍事行動につながる-。そんな妄想を膨らませるのは、日ごろから反日妄想にとらわれている隣国らしい。だが、ロシアの17歳、ソトニコワがソチ五輪の女子フィギアで、キム・ヨナを抑えて金メダルを獲得した直後から、韓国側によるロシア攻撃は尋常ではなかった。

 韓国ギャラップが24、25日に実施した調査では「審判の判定は公正ではなかった」と答えた人が88%にも上り、国際スケート連盟(ISU)に調査を要求する嘆願書には瞬く間に200万人以上が署名した。

 これだけでも驚かされるが、ネットユーザーはさらに過激だ。

 プーチン氏のFBには「死にたくなければISUに再訴しろ」と脅迫まがいの書き込みが殺到。ソトニコワのFBにも「偽の金メダリスト、恥を知れ」「F××K YOU」といったコメントとともに、ソトニコワの性行為を思わせる合成写真までアップしているのだ。

 こうした低俗な書き込みは韓国国内で「FBテロ」と呼ばれ、朝鮮日報は書き込みの主について「半分以上は韓国人と思われる」と断じている。

 プーチン氏は表向き冷静を装っているが、腹の中は煮えくりかえっているのではないか。大会期間中にソチに設営された各国の展示館をくまなく視察して回ったが、韓国館だけは立ち寄らなかったという。「戦略爆撃機の飛来=プーチンの報復」説は、こうした経緯も背景にあるとみられる。

 韓国の異常行動にウンザリしているのは、ロシアだけではない。

 米紙ニューヨーク・タイムズは、韓国のフィギュア騒動について「韓国がスポーツの成績にこだわるのは、他国にいじめられてきたという感覚があるからでは。韓国は民族的プライドを必死になって求めており、それを確認するための手段がスポーツだ」とあきらめ気味に分析した。


 ただ、日本にとっては意外な影響もあった。

 島根県・竹島を不法占拠する韓国は、同県が制定した「竹島の日」(2月22日)が近づくにつれ、反日ボルテージを上げるのが例年の光景だったが、今年は大きな関心を呼ばなかったのだ。

 著書『呆韓論』(産経新聞出版)がベストセラーとなっているジャーナリストの室谷克実氏は「竹島の日で騒がしかったのは、職業活動家が集まるソウルの日本大使館前ぐらいだった」としたうえで、こう続ける。

 「韓国の反日意識は、李承晩(イ・スマン)大統領以来の愛国教育の影響を受けた民族主義によるものだ。そのはけ口は普段、日本に向かうが、今回は五輪という民族主義を刺激する題材だったので、ロシアに向かったのだろう」

 日ごろから偏執的な反日攻勢に遭っているだけに、韓国民族主義の標的となったロシアには同情を禁じ得ない。


「韓国はなぜ反日か?」にも書かれていますが、朝鮮は中国の属国の中でも琉球(現在の沖縄)よりも低い地位だったわけで、韓国政府としては、国家レベルで「属国だった過去」を消し去りたかったのです。「千年もの長きに渡って中国に立ち向かう気概すらなく、ただ媚びへつらい続けた惨めな奴隷の歴史」、あまりにも惨めすぎた史実を書き換えることで、偽りの栄光の歴史をあたかも真実のように国民に教え込むことにしました。これが韓国の愛国教育(フィクション・物語)の成り立ち。したがって朝鮮が日本に独立させてもらったこと(日清戦争で日本が中国に勝利したので独立できた)など教えない。反日は史実を教えないことと密接に関係あったのです。だから韓国は、ウソがばれると大変なことになるので、日本が史実を指摘しても何を言っても聞く耳を持たない。ウソで塗り固めた国である。

239177.jpg

三跪九叩頭の礼(三度跪き、九度頭を地にこすりつける)をもって
清皇帝を公認する誓いをさせられる恥辱を味わった朝鮮王
すがすが日記


河野談話は事実判断ではなく、政治判断であったのだ。それが今日のように日韓関係が冷え込み最悪の状態になると、次々と拡大解釈されて、格好の日本叩きの材料になってしまうのである。」と自民党の深谷隆司氏は言う。
→ 村山元総理の訪韓に思うこと

村山元首相の「鴨がねぎを背負ってくる」ような韓国側が喜ぶ訪韓、鳩山元首相の中国への異常なごますりなど、総理大臣経験者の老害には辟易する。

村山元首相が信じがたい発言「尖閣は近辺国で共有すればいい」
2014.02.28 ZAKZAK

 村山富市元首相が信じがたい妄言を披露した。沖縄県・尖閣諸島について「近辺の国が共有すればいい」などと領有権放棄を示唆したうえ、ずさんな調査のまま発表され、日本と日本人を貶めている「河野洋平官房長官談話」の再検証に反対したのだ。一体、どこの国の政治家なのか。

 今年3月で90歳になる村山氏だが、27日に都内の日本記者クラブで会見して語った内容はとても看過できない。

 まず、尖閣諸島は歴史上も国際法上も日本固有の領土だが、村山氏は「どちらに占有権があるのか解明のしようがない。日本にいわせれば日本の領土だし、中国がいえば中国の領土だっていうし、きりがない。台湾を含めて、近辺の国がお互いに共有して、幸せのために生かしていくことができれば一番良い」と、中国が大喜びしそうな持論を語った。

 さらに、政府や国会で再検証が検討され始めた河野談話についても、「詮索することは意味がない。収まった問題をあげつらい、『日本はけしからん国だ』といわれる状況を作って何になるのか」と批判したのだ。

 河野談話をめぐっては、元慰安婦への聞き取り調査がずさんだったうえ、証言の裏付けも取らずに談話が作成されたことが発覚している。そもそも、1965年の日韓請求権・経済協力協定で「完全かつ最終的に解決済み」の問題を、「詮索」し「あげつらって」いるのは韓国側である。

 村山氏が党首(委員長)を務めた社民党(旧社会党)は、かつて衆参約200人の国会議員を数えたが、現在は5人のみ。元党首がこんな発言をしていては、国民に見放されるのは当然だ。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する