駄文・散文帳
2013年12月20日 (金) | 編集 |

独「日本との友情、外交の支柱」…中国より先に
2013年12月18日 読売新聞ONLINE

ドイツの大連立政権は連立協定で、「日本との友情は独外交の支柱」と明記した。

 メルケル首相はこれまで中国と積極的に関係強化を図ってきた一方、首相の訪日は2008年以降、途絶えている。協定では、日本に関する記述を中国より先に持ってきており、中国の人権問題への懸念などを踏まえ、対日関係を前向きに見直す可能性がある。

 協定では、欧州連合(EU)と日本が交渉中の経済連携協定(EPA)の締結支持も明確に打ち出した。中国に対しては関係拡大への意欲を表明しつつ、人権状況の改善で注文も付けた。


日独伊は昔の話。良い思い出はない。しかし、日本は戦後、中韓以外とは多くの国々と良好な関係を築いてきました(北朝鮮は論外)。逆に、中韓は多くの国々から嫌われています。だから、日本も良好な関係を維持できなくても当然。中韓は非常識な国なのです。笑えるのは、韓国の主張する事実の歪曲・誤認に基づいた「ドイツに見習え」論、朝日新聞でさえ掲載しなくなりました。しかも当のドイツは韓国が嫌い

朴槿恵外交、誤算続き「最大の危機」 韓国有力紙も「四面楚歌」「日本と協力を」
国際社会での日本の地位失墜などを誘導する「ディスカウントジャパン運動」をしている韓国と協力とか友好など有り得ない。韓国には中国がついているので、大丈夫。日本の方を見ないでね。

沖縄知事「辺野古埋め立て」承認へ 普天間移設実現、オスプレイ分散要求より一部抜粋
2013.12.18 MSN産経ニュース

米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に向けた政府の埋め立て申請について、沖縄県の仲井真弘多知事が承認する方針を固めたことが17日、分かった。関係者によると、仲井真氏は申請に瑕疵(かし)はないと判断。承認に踏み切り、代替施設完成までに普天間飛行場の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの本土への分散を政府に求める。平成8年の普天間返還合意から17年で移設実現に向け大きく進展する。


政府は17日午前、沖縄県の基地負担軽減と振興策を地元と話し合う沖縄政策協議会を首相官邸で開きました。安倍政権を大いに評価したい。やっと、動き出しました。日本の左翼は普天間を「世界一危険だ」と叫びながら、その周辺にある小学校を移転させなかった。反対運動の象徴だからです。子供たちを犠牲にしながらの反対運動は本末転倒。米軍基地のあるところに小学校や病院が出来たわけで、小学校や病院のある街に基地ができたのではない。危険なら、まずは避難してから反対運動をすべし。

日本の左翼は悪辣なのです。捏造「南京虐殺事件」も捏造「慰安婦問題」も、それぞれ中国・韓国が言い出したのではない。日本人が捏造して中韓に提供し、喧伝させたのです。朝日新聞や福島瑞穂氏や旧社会党など、日本を売った卑怯者です。

2013.12.18 MSN産経ニュースより

「慰安婦像撤去へ署名を」 “テキサス親父”請願サイトで呼びかけ



韓国野球「独裁政権主導」「育成システムなし」「お花見的興行」、日本とこんなに違う…ミス防止する日本、ミスより点取ることを重視する韓国


韓国が日本公使呼び抗議 安保戦略の竹島「外交解決」記述に、「ゆがんだ領土への欲望」

韓国与党セヌリ党も、「(日本は)ゆがんだ領土への欲望を持ちながら、どうやって韓国と未来志向的な関係が可能になるのか」と非難。自民党の「領土に関する特命委員会」(額賀福志郎委員長)がメディアを通じ、島の周辺地域の天気予報を積極的に発信するよう政府に求める方針を決めたことも批判した。


【中国BBS】日本車の販売がシェア1位に…愛国者からは不満の声より一部抜粋
2013/12/18 サーチナ

 中国汽車工業協会によれば、中国市場の11月の国別の販売台数は日本車が32万5400万台で1位となった。日本の各メーカーではスズキが前年比でやや落ち込んだものの、ホンダは前年比で101.5%増の8万3013台で月間販売台数最高を記録、トヨタも41%増の8万9800台に達し、日産、マツダ、三菱もそれぞれ大幅に販売を伸ばした。

 ネット上の意見を見てみると、不買運動はあくまでも一時的なものであり、実際に自動車を購入するにあたって性能や価格、維持コストを吟味して考えてみると、日本車がもっとも「優れている」という意見が多いようだ。

 中国汽車工業協会は11月の販売台数が急激に伸びていることについて、「日本車メーカーが実施している値引き販売やアフターサービスの充実が消費者の満足度を高めているため」と分析している。

  

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する