駄文・散文帳
2013年12月08日 (日) | 編集 |

日中韓で大ゲンカ間違いなし 朴氏が提唱した「歴史教科書共同作成」より
2013.12.08 ZAKZAK 【大前研一のニュース時評】

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が日中韓3カ国を念頭に「北東アジア共同歴史教科書作成」を提唱したことについて、下村博文文科相は「日中韓の関係閣僚が話し合うよう、朴大統領が韓国内で指示してくれれば、日本としても積極的に対応すべきだ」と述べた。朝鮮日報も下村氏のコメントを紹介した。

 たしかにグッドアイデアだとは思うが、現実には不可能なことだと思う。最初の会合から大ゲンカになることは間違いない。

 たとえば、大化の改新で豪族中心の政治から天皇中心の政治へと変えた中大兄皇子(なかのおおえのおうじ=後の天智天皇)について、韓国側は「朝鮮半島から亡命した百済の皇子である」と主張してくるはずだ。これを文部科学省が教科書に載せるだろうか。 おそらく紛糾するだろう。

 さらに、朝鮮出兵の豊臣秀吉、征韓論の西郷隆盛、初代韓国統監の伊藤博文の扱いについても、韓国の教科書では「3悪人」として記述されている。いずれも日本では尊敬されている歴史上の人物だから、そうした日本における評価にも配慮せよ、という日本の主張に真っ向から反対してくるだろう。

 また、中国の共産党は「抗日戦争で勝利したわれわれが日本占領軍から人民を解放した」と主張しているが、実際に抗日戦争に勝利したのは(連合軍と組んだ)蒋介石の国民党軍だ。ヤルタ会談でもカイロ会議でも国民党の蒋介石が「中国」の代表として扱われている。共産党が国民党を台湾に追い出して政権を確立したのは戦後の4年目、1949年のことだ。

 しかし、これは共産党の存立そのものにかかわってくるわけだから、絶対に譲らないはずだ。中国も韓国も日本の援助で戦後復興しているわけで、その辺を賠償と呼ぶのか援助またはODAと呼ぶのかでも大いにもめるだろう。このように、「共通の歴史の教科書を作ろう」と言っても、容易なことではない。

 さらに、「日本が侵略をしたのかどうか」という点に関しても紛糾するだろう。当時は帝国主義が世界のルールだった時代で、中国は北はロシア、残るところはイギリスに抑えられ、フィリピンはアメリカ、インドネシアはオランダに植民地化されていた。そんななか、アジアの一勢力である日本が反旗を翻し、そのうちの一部を解放したという考え方もできるわけだ。実際、「インドネシア国民の7割が、オランダを追放した日本が一番好きだと思っている」というデータもある。

 しかし、このことは韓国も中国も認めないだろう。こういう点から考えると、「歴史がどうであった」ということのほかに、それぞれの国で「歴史をどう教えているか」ということも考えなくてはいけない。

 現在の“語り部”がどんなことを言っているかということは、歴史の教科書問題以上に大切なことだ。従軍慰安婦の問題がここまでクローズアップされるということ自体、異常なことなのだ。

 たとえば、韓国併合後の日本がどういうことをしたのか、事実だけを積み重ねていき、これをプラス面、マイナス面に分け、それが現在の韓国とどうつながっているのかということを語る。こういった姿勢がないと、「共通の教科書」なんて、あり得ないと思う。

 これを提唱した朴大統領は、韓国に不利な事実が出てきたとき、受け入れる準備ができているのだろうか。さらにいえば父親の朴正煕氏が日本と締結した日韓基本条約(1965年)とその背後にある密約、金大中氏の日本からの誘拐など、いま分かっていることを書き出すだけで気絶するかもしれない。


「ウソも百回言えば真実となる」とばかりに反日運動を繰り広げている中国と韓国が、「北東アジア共同歴史教科書」を作成するとなったら、日本の主張など微塵も受け入れず、中韓の捏造した歴史認識を盛り込むことのみに力を入れ、しかも中韓同士もケンカになるであろうことが容易に想像できます。

共同歴史教科書は、韓国の朴大統領が日本の歴史認識を正す目的で提案したのであろうが、ウソで塗り固めた韓国の歴史教育など認める国など無い。笑い話みたいな韓国の歴史認識に、韓国人自身が疑問に思わないのだろうか? 「反日」でなければ社会から抹殺されかねない国柄なので、言論の自由はない。日本とは決して同じ価値観を共有などできない。

大前研一氏が「北東アジア共同歴史教科書作成」の話を、まともに論じているのがおかしいくらいだ。日本では、このような韓国の提案を相手にする人は少数派(絶滅危惧種のオールド左翼)。

韓国「反日」のシンボル、安重根が夢見たのは日本との共闘?より一部抜粋
2013.12.8 MSN産経ニュース

 初代韓国統監を務めた伊藤博文を暗殺した安重根の存在がこじれた日韓関係に火をつけている。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の要請で、暗殺現場の中国・ハルビン駅に記念日を設置する動きに対する「安重根は犯罪者だ」との菅義偉官房長官発言に、韓国は「病的な歴史認識だ」と猛烈にかみついた。韓国にとって安重根は日本と断固戦った「反日」のシンボルだ。しかし安重根自身は日本への好印象にも触れ、西洋に対し「一致団結すべき」と書き残していた。韓国では決して教えられない安重根が抱いた日本観とは-。



虐日偽善の正体 歴史問題を利用して他人貶め自己美化する日本人より抜粋
2013.12.08 ZAKZAK

歴史問題で中国や韓国にやられ続けた根本的責任は、政治権力にある。ただし、政治権力をそのように仕向けた勢力が、わが国には強固に存在することを見逃してはならない。それはマスコミを中心とする、中国や韓国の主張に積極的に同調して、常に歴史の反省を強要する人々である。

 それらの勢力のことを、保守派の人々は「左翼」だと捉えているが、そのような理解は実は正しくない。その中には自民党の政治家もおり、日本のカトリックの最高首脳である司教団もいるから、左翼だけでなく広汎な人々に及んでいる。


 また、1990年代から保守の人々が、新しい歴史教科書運動を起こしたが、反省派の歴史の見方を「自虐史観」と呼んで批判した。この自虐史観なる名称は、便利なものではあるが、私としては大きな違和感を覚える。なぜなら、自虐史観派の人々は、自分自身に少しも心の痛みを感じていないからである。

 自虐の「虐」とは「いじめ」であるが、その対象に自分は含まれない。対象は歴史を反省しない、誤れる日本人なのである。従って、正しくは「虐日史観」と表現すべきものである。

 では、彼らはなぜ「虐日」に夢中になるのか。それは自分を良心的な人間であると美化したいから、としか思えない。他人を貶めることによって、自己を美化するのであるから、それは完全に偽善そのものである。虐日と偽善の合体であるから、彼らの考え方の正体は、「虐日偽善」であると私は断定する。

日本人が同胞である日本人を、誹謗・中傷し、偏見・差別・迫害を行うのは、世界的に見ても極めて異常な現象と言わなければならない。だが、同胞を迫害する行為であるがゆえに、かえって外見的には、良心的に反省しているように見えてしまうのである。

 この虐日偽善に奔走する虐日日本人の典型こそ、組織で言えば朝日新聞、個人で言えば大江健三郎氏であるといえる。

 この虐日日本人が同胞を喜々としていじめまくる現象を、どのように理解できるだろうか。私はそれは、ドメスティック・バイオレンス(DV)だと考える。DVは普通、「家庭内暴力」と訳されるが、それは国家や民族の規模においても考えることができる。

 結局、虐日日本人の行為こそ、日本民族を標的とした、言論によるすさまじい暴力であり、今流行の言葉で言えば、ヘイトスピーチに他ならない。彼らが非難して止まないヘイトスピーチを、自分自身が熱狂的にやっているのである。 =おわり

  

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する