駄文・散文帳
2013年09月08日 (日) | 編集 |

「安倍首相演説が決め手」ロイター通信が絶賛
2013.9.8 MSN産経ニュース

 【ロンドン=内藤泰朗】安倍晋三首相の演説が2020年東京五輪大会決定への決め手となった」-。ブエノスアイレス発のロイター通信は7日、こんな見出しで五輪開催地決定のニュースを伝えた。

 同通信はその中で、「東京は、安倍首相がカリスマ的な嘆願を国際オリンピック委員会(IOC)に行った後、実施された投票で接戦だったイスタンブールを破り、2020年夏季五輪の開催地の地位を獲得した」と強調した。

 さらに、「国家指導者のなめらかな演説は、IOCが懸念する福島原発問題の不安を解消するために行われた。日本は60対36でイスタンブールを大差で勝利したことから、演説はその目的にぴったりと合っていたようだ」と指摘した。



石原慎太郎氏「たいまつの火を消さずによかった」
2013.9.8  MSN産経ニュース
 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は8日午前、フジテレビ「新報道2001」に出演し、東京都知事時代に主導した五輪招致が実現したことについて「たいまつの火を消さずによかった」と述べた。

 その上で「もっとたくさん金メダルを取ってもらいたい。(開催は)7年先なので、ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)みたいなものを関西と東北とに、あと2つつくらないとだめだ」と指摘し、国を挙げた選手育成の必要性を訴えた。


石原慎太郎氏が東京都の知事時代に、2016年夏季オリンピックの東京都での開催を目指し、招致活動を進めたことが、この2020年夏季五輪の東京開催を可能にしたことを忘れてはならない。

安倍首相は、やっぱり2度も首相の座を射止めただけあって「持ってる」のでしょう。強運が続いています。韓国には目の敵にされていますが、その韓国紙の中央日報も朝鮮日報も、いまだに五輪の東京開催が決まったことについて報じていません。いつものことですが、韓国メディアは日本の不幸は蜜の味とばかり迅速に報じますが、日本の幸せはなかなか載せません。分かり易い性格なのです。

東京五輪決定、韓国ネットユーザーが不信感
2013/09/08 サーチナ

 東京が2020年の東京五輪開催都市に決定したことについて、韓国メディアは8日、新聞が日曜日で発行されないこともあり、おおむね淡々と伝えたが、韓国のネットユーザーからは否定的なトーンのコメントが相次いだ。

 東京開催決定の事実関係を伝える大手紙の速報記事には、ネットユーザーから「国際社会は戦犯国日本の右傾化とか、原発による(環境の)汚染など韓国が深刻に考えていることを何とも思っていないようだ。国際社会は無知なのか」といった「失望」の声が寄せられた。

 中には「開催地は結局マドリードに変更されるはずだ。富士山爆発や大地震が待っている」などと、まるで天災発生を期待するような意見も。

 韓国紙のうち、国民日報は「日本政府は2年前の福島原発事故以降、これまで明確な答えを示せずにおり、最近は汚染された冷却水が海に流出したにもかかわらず、放置する態度を見せた」と批判的に伝えた上で、「東京は安定感があるので選ばれたというが、日本政府を信じてもよいのか」「放射能汚染国で五輪だなんて。IOC委員は放射能に汚染されてしまったのか」「選手はドーピングテストよりも放射能テストを受けなければならないのでは」などというコメントを引用し、ネットユーザーの不信感を伝えた。


韓国紙の中央日報も報じているように、日本の大気中の放射性物質の量は少ない方で、数値では東京や仙台はソウルの半分程度にしかならないのです。また、地震や津波の被害ではないのに、韓国では原発事故が多い。この夏も、部品性能証明書偽造で4基稼働停止していますね。日本の心配より、自国の心配をした方が良い。

福島第1原発:汚染水流出 影響なし、試験操業海域の放射能濃度平常 /福島
毎日新聞 2013年09月04日 地方版

 福島第1原発から放射性汚染水が海洋流出した問題を受け、海水モニタリングの強化に乗り出した県は3日、試験操業海域6地点の結果をまとめた。今回から放射性セシウムに加え、トリチウムとストロンチウムなどを含む全ベータの濃度を測定し、いずれも事故前と同程度だった。県放射線監視室は「今のところ汚染水流出の影響は見られなかった」と説明している。

 同室によると、8月2~6日に新地、相馬、南相馬、いわきの4市町の沖合0・5~1・5キロの表層と水深7メートルから採取した海水を測定。ベータは1リットル当たり0・02~0・03ベクレル、セシウムとトリチウムは検出限界値(同約1ベクレル)未満だった。


韓国政府が、福島など8つの県で水揚げされた水産物の輸入を全面的に禁止すると発表したことなど、日本の漁業関係者らは「また風評被害広がる」と懸念しています。ま、日本は魚介類に対する放射性物質検査は各地で厳格に行われ、基準値を超えるモノは市場に出回っていないのです。このタイミングでの科学的根拠を欠いた輸入禁止は、五輪招致で東京のイメージを悪くしようという「落選運動」にほかならない。この仕打ちに対しては、必ず倍返ししてやりたいですね。もしかしたら、韓国は東京五輪をボイコットするのかもしれません。それほど東京開催を妨害してきましたからね。ボイコットするしか、引っ込みがつかなくなっていますよ。

「安倍政権の快走続く」と韓国メディア、汚染水非難から一転">「安倍政権の快走続く」と韓国メディア、汚染水非難から一転
2013.9.8 MSN産経ニュース

 【ソウル支局】2020年夏季五輪の開催都市が東京に決定したことを受け、韓国の聯合ニュース(電子版)は8日朝、「安倍政権の“快走”続く 五輪招致で政権運営に弾み」と題した記事を東京発で伝えた。

 記事では、「デフレ脱却を目指す経済政策『アベノミクス』で国民の注目を集めることに成功した」安倍晋三政権が「今回、五輪招致で『推進力あるリーダー』のイメージを定着させた」と安倍首相の主導力を高く評価した。

 さらに、「五輪招致レース終盤に東京電力福島第1原発の汚染水問題という大きな壁にぶち当たったが、“五輪用”という批判を受けながらも大規模予算を投じる対策を発表するなど積極的に対応して危機を乗り越えた」と論じた。

 汚染水問題では、韓国で輸入水産物に対する不安が拡大。日本産に限らず、遠洋や韓国近海で捕れた魚の消費も冷え込み、韓国政府が6日に福島周辺8県からの水産物輸入を全面禁止する措置を決定した

 安倍政権の対策発表に対しても、韓国メディアが、五輪招致への影響を避けるため、「あたふたと」(同ニュース)つくった対策だと批判的に報じていた。


1964年(10月10日~24日)の東京オリンピック(アジア初の夏季五輪)
1972年(2月3日~2月13日)の札幌オリンピック(アジア初の冬季五輪)
1998年の長野オリンピック(2月7日~2月22日)

ということで、2020年五輪の東京開催は日本にとって4度目のオリンピックのなります。生きていれば、私にとっても4度目のオリンピック。幸せなことです。

首相「経済の起爆剤に」「すぐ準備に入る」より一部抜粋
2013.9.8

安倍晋三首相は7日夜(日本時間8日午前)の内外記者会見で、2020年夏季五輪の東京開催が決まったことについて「デフレ、縮み志向の経済を、五輪開催を起爆剤として、払拭していきたい」と述べ、日本経済への好影響に期待を示した。



経済成長に好影響 五輪開催で麻生財務相
2013.9.8 MSN産経ニュース

 超党派でつくる「五輪招致議員連盟」会長の麻生太郎副総理兼財務相は8日、2020年五輪の東京開催に関し「消費が前向きに出てくる。国内総生産(GDP)、名目成長率に与える影響は大きい」と述べ、経済成長への好材料になるとの見方を示した。

 消費税率の引き上げ判断に与える影響も「良いと思う」と述べた。成田空港で記者団の質問に答えた。


五輪開催は「アベノミクス第4の矢」安倍首相2013.9.8 MSN産経ニュース

安倍晋三首相は7日夜(日本時間8日午前)、フジテレビの「新報道2001」のインタビューで、2020年夏季五輪の東京開催が及ぼす経済効果について「経済、成長、ある意味で『第4の矢』の効果はある。世界の期待に応えていきたい」と述べた。

 首相はこれまで「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」を「アベノミクス3本の矢」と位置づけてきた。首相が「第4の矢」に言及したのは初めて。

  

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する