駄文・散文帳
2013年07月30日 (火) | 編集 |

反日横断幕で抗議文 評論家の話より抜粋
2013.7.30 MSN産経ニュース

 ≪評論家の呉智英氏の話≫ 言論、情報戦を徹底的にやるべきだ。旭日旗が侵略戦争の美化と無縁な存在だといい続ける以外にない。竹島や慰安婦にもいえることだが、ここで妥協や中途半端な解決などあり得ない。彼らの反日はもともと国論をまとめるために60年間一貫して言い続けたもので、時間がたつにつれて引くに引けなくなっているのだ。問題は韓国側の反日的な行動が時折、極端に振れ、過激に踏み外す機会が頻繁になってきていることだ。

「日章旗もダメと言い出す」

 ≪時事通信社でソウル特派員を務めた評論家、室谷克実氏の話≫ 昨年のロンドン五輪で韓国人選手による竹島プラカード事件のさい、韓国側からは日本の旭日旗を『ナチスと同じ』と問題視する主張が持ち出されていた。世界に浸透はしなかったが、韓国国内では支持されており、今回の事件はその延長線の出来事と思えてならない。

 彼らは反省はおろか、自分たちを反日とも考えていないだろう。世界中が日本を嫌い、その中心に正しい自分たちがいるとさえ思っている。放っておけば、いずれ日章旗もダメと言い出すに違いない。呉善花さんの入国拒否劇でも興味深いのは韓国のメディアが言論の自由について語らないこと。民族としての独特の優越意識に根ざしているように感じる。



28日にソウルで行われた東アジアカップ日韓戦で、応援席に登場したデカい反日横断幕。韓国では、この横断幕以上に日本人サポーターが掲げた旭日旗を問題視しています。さらに、日本側が反日横断幕だけを問題視し、旭日旗の方を無視していると批判しています。

「旭日旗」は見て見ぬふりの日本政府・メディア=東アジア杯
2013/07/30 朝鮮日報

日本政府・メディア「韓国側が横断幕で政治的主張」

 28日にソウル・オリンピック・スタジアム(ソウル・蚕室)で行われたサッカー東アジア杯の韓日戦で、日本の過去について反省を促す横断幕が掲げられたことに対し、日本政府とメディアは「政治的主張が込められている」として問題提起した。しかし、日本のメディアは自国のサポーターが帝国主義による侵略の象徴である旭日旗を使って応援していたことについては一切報道していない。

 この日の試合で、サッカー韓国代表のサポーター集団「赤い悪魔」は「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた大きな横断幕を掲げた。さらに、李舜臣(イ・スンシン)将軍と伊藤博文を狙撃した安重根(アン・ジュングン)義士の肖像画が描かれた横断幕もスタンドに登場した。これを発見した大韓サッカー協会は、横断幕の内容が政治的だとして赤い悪魔側に撤去を求めた。赤い悪魔は試合後半にすべての横断幕を撤去、応援をボイコットした。試合開始前、韓国国歌「愛国歌」終了後には日本のサポーターが旭日旗を取り出して振ったが、すぐに係員に制止されて旗を取り上げられている。

 日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は29日の記者会見で、「国際サッカー連盟(FIFA)は応援時に政治的主張を行うことを禁じている。今回のような横断幕が掲げられたことは極めて遺憾だ。事実関係が明らかになった段階でFIFA規約を踏まえ適切に対処したい」と述べた。

 朝日新聞・産経新聞・NHKといった日本の各メディアは一斉にこれを報道、「FIFAの規定に抵触する可能性がある」と指摘した。しかし、観客席に旭日旗が登場したことについては全く報道していない。

 大韓サッカー協会は、韓日戦で広げられた横断幕について公式に対応する予定はないことを29日、明らかにしている。同協会関係者は「日本側は東アジアサッカー連盟に抗議文を提出したが、大韓サッカー協会に直接メッセージを送ってはおらず、事態の推移を見守っている」と述べた。また、韓日戦に日本の軍国主義の象徴である旭日旗が登場した事案については「東アジアサッカー連盟と協議中」と答えた。



韓国紙の中央日報も「韓日戦の旭日旗vs歴史スローガン応援、波紋広がる」という見出しで、あくまで旭日旗をも問題視しています。しかも「日本は『歴史を忘れた民族に未来はない』の横断幕より深刻な政治行為と見なされる旭日旗の応援については閉口している。」とし、旭日旗の方が問題だと言わんばかり。

「日本のサポーターが旭日旗を取り出して振ったが、すぐに係員に制止されて旗を取り上げられている。」って、開催国として失格。そんなことをして良いと思っていること自体、非常識! 旭日旗を禁止する理由がない。韓国は東京五輪招致を妨害していますが、韓国こそ国際スポーツ試合を開催する資格がない。過去に、どれだけ違反をしてきたか

韓国は「無知」としか言いようがない。世界の笑い者になっているよ。以下のような基本的知識を身につけるべし。

旭日旗 韓国での反応

韓国では、旭日旗が「ナチス党旗と同じ性格の旗」「日本軍国主義と帝国主義の象徴」であるとして非難・抗議する姿が見られる。しかし、旭日旗の起源は「太陽信仰」であり「めでたさ」や「勢いのよさ」を表すのに対し、ハーケンクロイツ旗は成立の当初から「アーリア民族の優位性」をシンボル化したもの(「赤は社会理念」、「白は国家主義理念」、「ハーケンクロイツは、アーリア人種の勝利のために戦う使命」を表す)であって、両者の持つ背景は異なる。また韓国メディアは、旭日旗が「日本が過去に行った侵略戦争やその過程で強行された戦争犯罪を美化するもの」であるという理由で「戦犯旗」という呼称をあてて非難しているが、これについては、もし韓国が「(日本が過去において)周辺国を侵略する際に使った国家的なシンボルは、すべて使うべきではない」と主張するならば英国国旗やフランス軍旗など欧州列強が伝統的に用いてきた旗に対してすべて異議を唱えなければならず、さらには32万5900人の兵力をベトナムに送り込んだ韓国は、ベトナムが韓国軍旗に対して「わが国侵略のシンボルだった。使用は好ましくない」と主張した場合に自らの主義主張に基づき韓国の国旗や軍旗を排除するのか、という反論がある。



2002年日韓ワールドカップの際に韓国がドイツにやっちゃったこと

nazi.jpg


ちなみに、韓国がベトナム戦争で何をしたかはこちらで。
当ブログベトナムでの韓国軍の残虐さ「大虐殺・放火・拷問・強姦・強奪…」でもご覧になれます。

ともあれ、旭日旗に関しては、海外の反応が面白い。

Wikipediaによると、以下のように旭日旗は欧米で人気があるらしい。

ドイツでは、第二次世界大戦中に使われていた軍旗「黒十字」の意匠が戦後もドイツ連邦軍の国籍標識に使用されており、必ずしも政治性が伴うとは限らない。また、欧米などでは「Rising Sun」として日本を象徴する意匠の一つとして人気が高く、日本をイメージしたデザインに取り入れられることも多いほか、日本チームを応援する外国人ファンが競技場で振るケースも少なくない。」

こういう事件もありました。イタリア人もビックリした模様。

旭日旗デザイン使用のイタリア業者 韓国人抗議への「痛烈皮肉」はすごかったが…
J-CASTニュース2013年05月10日

韓国のネットユーザーが旭日旗をあしらった携帯電話ケースに抗議したところ、イタリアの業者がその行為を皮肉る回答をした。その論理がすごい、と話題になっている。
旭日旗デザインへの抗議は、韓国メディアが2013年5月9日に報じて明るみに出た。
「ドイツの旗は、ナチスがいたからダメなのか」
報道によると、韓国のネットユーザーは8日、「Japanese vintage flag」と名付けられた携帯ケースの写真をフェイスブックに投稿した。そこで見られた旭日旗デザインについて、「非常識だ」と怒り、「私たちの歴史を侮辱してバカにしている」と書き込んだ。
共感したほかのユーザーは、ケースを扱う「Benjamins」社に早速、抗議のメールを送った。メールでは、旭日旗は、日本が第2次大戦で使った戦争犯罪の旗であり、ナチスドイツの旗ハーケンクロイツに等しいとして、「この旗が製品に使われたことが信じられない。消費者の激しい抗議を受ける可能性があることを知るべきだ」と指摘した。
これに対し、Benjamins社は、メールへの回答で、「単なる旗」だとしてこんな論理で抗議を皮肉ったというのだ。
「あなたの言う通りならば、ドイツの旗は、ナチスがいたから、アメリカの星条旗は、原爆を投下したから、それぞれ使ってはいけないということなのか?」
さらに、「私たちは今、2013年に生きている。製品が良ければ買って、そうでなければ買わなければいい」と諭した。ネットユーザーに対しては、「私たちにこのようなメールを送るほど余裕があるのはいいことです。できるだけ、たくさん笑うようにして下さい」とアドバイスしている。
しかし、ネットユーザーらの不満は収まらず、Benjamins社に対して、「常識がない」といった抗議が相次いでいるという。
ケースは写真削除も、まだ販売中か
こうした抗議に対応するためか、Benjamins社はフェイスブックで2013年5月9日、旭日旗デザインについて説明した。
そこでは、「日本を愛しているが、だれも不快な思いにさせたくない」としたうえで、「ケースが好きでないなら無視すればいいし、どんな政治的メッセージもない」と訴えた。しかし、抗議は激しさを増し、その1時間後には、「すべての韓国の人たちへ」と題するメッセージをアップした。
今度は、不快にさせたことを謝罪し、韓国の人たちに何の敵意もないと強調した。日本の人たちからもメールを受け取ったとして、その内容を元に、旭日旗が第2次大戦前から使われ、現在も海上自衛隊やスポーツイベント、さらに、希望や幸福の象徴として他の国々にも使われていると説明した。つまり、戦争犯罪とは何も関係がないということだとした。
さらに、ケースは古いiPhone用のもので、もう再生産していないとして、もしどうしても不快なら、ケースをサイトから取り除くこともできると明かした。
Benjamins社のサイトを見ると、旭日旗デザインのケース写真は10日夕までにすでに削除され、代わりに「?」マークが付いている。ただ、ケースそのものは、現在も販売している可能性はあり、日本のネット上では、対抗してケースを購入しようと呼びかける動きも出ている。
抗議の中には、イタリアが第2次大戦で使った旗をけなす向きさえあり、Benjamins社もフェイスブックで、ヘイトスピーチは恥だと激怒したほどだ。真珠湾攻撃のあったハワイに親せきがいるという担当者は、「それだからといって、私が日本の旗を嫌うべきなんですか? 私は、韓国の人たちと同じ立場だと思いますが、何の怒りもありません」と漏らしている。



旭日の意匠は、韓国に告げ口してまで反日ネタを提供し続けている朝日新聞社の社旗など民間デザインの一部に用いられていますね。ま、韓国は竹島や対馬、日本海呼称など、さまざまな反日活動を行っていて、旭日旗に関しては比較的新しい活動なので、韓国のアイドルグループがそんなことをつゆ知らず、「旭日昇天旗」入りジャンパーを着用してしまい謝罪することになったとか。

正論9月号 自滅する韓国
2013.7.30 MSN産経ニュース

■冷静さ失った政権が導く先は?

 「恨(ハン)」に突き動かされた韓国の暴走が止まらない。先頃も、朴槿恵大統領は中国の習近平国家主席に、中国のハルビン駅に、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根の銅像を建ててほしいと依頼した。

 経済評論家の三橋貴明氏は、「韓国人あるいは韓国の政治家の異常な行動の基盤になっているのは、基本的には劣等感である。すなわち、世界最長の皇統を戴(いただ)く隣国『日本』に対する『羨(うらや)ましい!』『妬ましい!』という思いこそが、彼らを反日へと突き動かすパワーなのだ」「彼らの劣等感が『歴史』に起因している以上、韓国の反日に終わりはない」と指摘する。

 通貨危機に対する「抑止力」としての効果がある日本との通貨スワップの拡大枠の延長は、韓国にこそ必要であったが、冷静さを失ってしまった韓国政府は、日本に対して延長の要請をしなかった。日本にとっては「どうでもいいこと」であるが、国民資本の蓄積が不十分な韓国は、わずかなきっかけで通貨危機に陥る危険性があるのである。

 日本を切った韓国は「事大主義」丸出しで、中国との間で通貨スワップを3年間延長することを決めた。

 三橋氏は「ハードカレンシーですらない中国人民元とスワップ協定を拡大したところで、韓国の通貨危機防止には何の役にも立たない」「実際に韓国が次なる通貨危機に見舞われたとき、中国はいつも通り、何だかんだと強弁しつつ、韓国ウォンと人民元の両替(スワップ)を拒否するだろう」
と喝破する。韓国は自滅の道をひた走っている。(桑原聡)

  

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する