駄文・散文帳
2013年06月18日 (火) | 編集 |

チョコ



「人肉食べる者を支援するな」露大統領、欧米に警告
2013.6.17 MSN産経ニュース

【エニスキレン(英・北アイルランド)=内藤泰朗】主要8カ国(G8)首脳会議(ロックアーン・サミット)に出席するため英国を訪問したロシアのプーチン大統領は16日、サミット開幕を前に「シリアの反体制派は殺害した敵の内臓を食べている」と述べ、欧米が「危険な」反体制派を軍事支援しないよう警告した。ロンドンで議長のキャメロン英首相と会談した後の記者会見で語った。

 シリア内戦で5月、反体制派メンバーが政権側兵士の遺体から内臓を取り出し口にする様子を映したとされる動画がインターネット上で流れたことがある。

 シリア情勢はサミットの焦点となるが、シリアのアサド政権を敵視する欧米と同政権を擁護するロシアの間の溝がサミット前に早くも浮き彫りになった形だ。

 会見では、キャメロン氏がアサド政権について「毒ガスで国民を殺している独裁体制を終わらせなければならない」と述べたのに対し、プーチン氏は内戦の責任は政権側だけでなく反体制派にもあると指摘し、「誰に武器を与えようとしているのかよく考えるべきだ」と欧米を牽制した。

 アサド政権へのロシアの武器供与については「正統な政権に対するもので、国際法からも問題はない」と強調し、供与の方針を変更しない意向を示した。



キャメロン英首相
「シリアのアサド政権は毒ガスで国民を殺している独裁体制」

プーチン露大統領
「シリアの反体制派は殺害した敵の内臓を食べている

すごい応酬ですねぇ。それにしても「殺害した敵の内臓を食べている」って、にわかには信じ難い。

個人情報収集問題は、米国も英国も中国もやっぱりやっていたよねということで、世界はそれほど驚いてはいない。G8でも議論になるのでしょうかね。


G20で英が各国の通信傍受、元CIA職員の暴露資料で判明 英紙
2013.6.17 MSN産経ニュース

 英紙ガーディアン(電子版)は16日、英政府の通信傍受機関、政府通信本部(GCHQ)が2009年にロンドンで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合などで、各国代表団の電話や電子メールを傍受していたと報じた。

 ガーディアンは、米国家安全保障局(NSA)が市民の通話記録やインターネット上の情報を収集していたことを暴露した米中央情報局(CIA)の元職員でコンピューター技術者のエドワード・スノーデン氏から入手した資料で確認したとしている。

 資料は「極秘」扱いになっており、GCHQは09年4月のG20首脳会合と、同年9月のG20財務相・中央銀行総裁会議の出席者の電話やメールを「画期的な情報収集能力」(同紙)を使い傍受したとしている。英国が会議で、各国に対して優位に立つことが目的だったという。(共同)



英国もG20で盗聴?偽ネット・カフェ設置も
2013年6月17日 読売新聞

17日付英紙ガーディアンは、英政府の情報機関「政府通信本部(GCHQ)」が、ブラウン前政権下で2009年4月に開催された主要20か国・地域(G20)首脳会議や同年9月のG20財務相・中央銀行総裁会議で、参加国閣僚らの電話や電子メールを傍受していたと報じた。

 米政府による通信監視に内外から懸念の声が高まる中、キャメロン英首相は、主要8か国首脳会議(G8サミット)の場で同問題を非公式に協議する方針。報道が事実とすれば、オバマ米大統領のみならず、自身も他の首脳陣から説明を求められることになりそうだ。

 同紙によると、記事は、米情報機関「国家安全保障局(NSA)」の通信監視を暴露したエドワード・スノーデン氏(29)から入手した情報を基に作成した。GCHQの通信傍受の対象は主にトルコと南アフリカ両国当局者で、英国が望む方向に議事を運ぶのが目的だった。

 傍受のみならず、会場には英対外情報部(MI6)と協力して偽のインターネット・カフェを設置、利用者の電子メールやパスワードも入手したという。


暴露の元CIA職員と中国との接点に関心 香港滞在、首脳会談直後の会見より一部抜粋
2013.6.14 MSN産経ニュース

 元CIA高官のボブ・ベアー氏は米CNNに、「スノーデン氏の滞在先が中国情報機関が牛耳る香港である点が問題だ」と指摘し、「この問題が発覚したことで、オバマ政権は大恥をかかされた」と語った。大統領が中国のサイバー攻撃を批判しても、「米国も同じことをしている」と反論される懸念があるからだ。



英国でG8が始まります。安倍首相は、そのG8に先駆け、ポーランドなど東欧諸国を歴訪し、首脳会談。経済協力の強化や防衛協力の可能性などについて話し合われたらしい。外交的な成果を手土産にG8へ乗り込む模様。G8開催地の北アイルランドでは、千人規模の反G8デモが開かれたらしい。IRA(アイルランド共和軍)というとテロ事件とか宗教の対立を思い出しますが、今は終息しているのでしょうか。


アイルランド

独立時の経緯によりアイルランド島の北東部北アイルランド6州は英国を構成するが、アイルランド共和国は1998年のベルファスト合意以前は全島の領有権を主張していた。2005年の英エコノミスト誌の調査では最も住みやすい国に選出されている。

歴史的にイギリス(イングランド)への植民地支配の恨みが強く、今でも一部の住民の間では反英感情が強い。例えば第二次世界大戦の際には全ての英連邦諸国は対日参戦していたのに対してアイルランドはイギリスのチャーチル首相の対日参戦要求を拒否し、大英帝国戦艦のプリンス・オブ・ウェールズやレパルスが日本軍に撃沈されたニュースを聞いて歓喜に満ちていた。また、元インド総督のルイス・マウントバッテンはアイルランド国内でボートに乗っている際にIRA暫定派によって仕掛けられた爆弾で暗殺されている。
しかし、ヨーロッパの経済大国であるイギリスはアイルランド共和国にとって無視できない存在であり、経済的および人的交流は古くから盛んである。イギリス領北アイルランドではアイルランド帰属を求めてテロ行為を繰り返す過激派IRA暫定派などナショナリストとユニオニストとの紛争が起こっていたが、和平プロセスが進んでいる。アイルランド共和国は一部日本で誤解されているようなテロ行為の舞台とはなっておらず、北アイルランド和平が現実に近づくにつれ、様々な分野での南北の交流が広がっている。



猫の関するニュースがありました!


GPSや装着カメラで明らかになった「飼い猫たちの行動」
2013.6.17 MSN産経ニュース

飼いネコは家の外で何をしているのだろうか。英国で50匹の行動が調査された。ウェアラブルカメラに収められていた、洗濯カゴからの脱出やほかのネコとの戦い等のドキュメンタリーも視聴できる。

部屋のなかだけでネコを飼っている人は、彼らが一日何をしているかはだいたいわかる。けれども、外を好き勝手にうろつき回れるネコたちには謎がつきまとっている。家を離れた彼らは、いったい何をしているのだろうか。この問題に答えるべく、英国の生物学者たちがそれなりの規模の研究を行い、BBCのドキュメンタリー番組にもなった。

 研究チームが使ったのは、野生のチーターがどのように生活しているかを調査した研究で使われた手法だ。この研究では、GPSや加速度計、ジャイロスコープ、および磁力計を備えた無線付きの首輪が利用された。

 英国王立獣医科大学(RVC)のアラン・ウィルソン教授が率いる研究チームは今回、ネコに適したミニ首輪をつくった。そして英国サリーにあるシャムリー・グリーンという村で50匹のネコ(とその飼い主)を集め、ネコに記録用の首輪を取り付け、数日にわたって24時間のモニタリングを行った。一部のネコにはウェアラブルカメラも取り付け、外出時にネコたちが行っていることの動画データも集めた。

 驚くべきことに、ほとんどのネコはあまり遠くまでは出歩いていなかった。オスの冒険は多くが家から100m以内であり、メスの外出はその半分ほどだった。ぐうたらなネコの中には、家の庭から出ることさえしないものもいた。

 家を出てしていたことの内容を見ると、多くの場合、パトロールとほかのネコの回避が含まれているようだ。ネコはイヌと違って群生動物ではないので、同じ種の仲間を避ける傾向がある。たくさんのネコが近いところに生息しているのだからそれは難しいだろうと思うかもしれない。ネコたちは行動範囲が重複する場合はタイムシフトによって別々のスケジュールを設定し、衝突を最小限にしているようだ。

 ネコは野生動物の無差別な殺戮者だという評判もあるが、50匹のネコたちが1週間の調査で関与した殺害は合計で20件足らずだった(トリやネズミのほか、大きめのウサギらしきものとモグラが1匹ずつ)。地元の野生動物を虐殺するよりも、食べ物を求めてお互いの家を襲撃するのがネコたちの好みのようだ。複数のネコがほかのネコの飼い主の家を訪問し、追加の食事にありついていた。

BBCのサイトでは、この調査で被験者となったうちの10匹の放浪の記録を見ることができる。BBCの「iPlayer」を使える人は、ウェアラブルカメラに収められていた(洗濯カゴからの脱出やほかのネコとの戦いやキツネとの遭遇といった)ドキュメンタリーも視聴できる。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する