駄文・散文帳
2013年05月27日 (月) | 編集 |


戦場の性の問題「今まさに議論しないといけない」より一部抜粋
2013.5.27 MSN産経ニュース

皆さんに問いたいのは、戦場での性の問題だ。世界各国は過去を直視していないのではないか。過去を直視しなければ未来を語ることはできない。

 戦場の性の問題は、これまでタブー視され、表だった議論はなかった。慰安婦を利用した日本は悪かったが、民間業者の女性を利用することはいいのか。米国や英国は、軍が施設を設けることはしなかった。しかし、現地の女性を利用したことは歴史的な事実だ。

 米国の日本占領期間中も、日本政府が作った施設を米兵士は利用していた。これは歴史的な事実としてしっかり証拠がある。私が言いたいのは、軍が作ったか民間業者が作ったかは関係ないと思う。


 日本の慰安所は軍が管理していたことは間違いない。これはさまざまな理由があるが、ここは歴史学者に委ねたい。ただ、軍が管理していた日本の施設も、民間業者が管理している施設も、その施設の中で行われたことが不幸なものであることに変わりはない。

 また、ドイツも日本と同じような施設を使った事実が出てきている。朝鮮戦争時においては、韓国にも施設があったという事実が出てきている。このような事実について、世界はすべてフタをしている。

 日本(の過去の過ち)を非難することはもちろん必要だが、それで終わってはいけない。今日においても、紛争地で女性の人権が蹂躙(じゅうりん)されている。そして軍と性の問題もタブー視されている。
このタブーを取り払い、しっかり議論する必要があるのではないはないか。

 もちろん「世界がやってるから日本もいいじゃないか」と言うつもりはないし、そういうことを言ってはいけない。私たちは悪いことをした。しかし、皆さんも過去を直視してほしい。女性の人権を守るために、軍の一部の心ない兵士による人権蹂躙を防ぐために、過去を直視しなければならない。

 「戦場において女性を利用してはいけない」。これを言うことは簡単だ。しかし、自分たちがやったことを直視しなければその対応策は出てこない。戦場の性の問題は今まさに議論しなければいけない問題だ。



日本維新の会の橋下徹代表の主張は正しいと思います。が、欧米諸国も中韓もロシアも、自国の不都合な真実を暴かれたくないから、橋下氏、ひいては日本を非難して終わりにしたいのであろう。70年も前の慰安婦問題を非難する米国は、いまだに「米軍で女性兵士らへの性的暴行事件が横行」していることなど止められない。沖縄や韓国に駐留している米軍のレイプ事件も後を絶たない。過去のことで米国は他国を非難などできないはず。先住民を虐殺し、アフリカ人を奴隷船に乗せて拉致してきたことを忘れたのか。原爆投下や空襲は裁かれるべき犯罪です。

敗戦国である日本は、河野談話を見直せないらしい。日米同盟を破棄しない限り、戦後レジームからの脱却は不可能なのですね。米国に不利なことは一切できないのです。このことを韓国は日本をおとしめるために利用しています。いっそ、拉致問題を解決して北朝鮮と国交を回復し、韓国とは国交を断絶したいくらい。それほど日韓関係は、もうダメでしょ。日韓関係最悪で、社民党や朝日新聞は本望でしょう。

普通の国のように軍隊を持って、米国のイラク侵略のような戦争を手伝わなくてもすむようになるのは、いつのことやら。


韓国外相「(橋下氏発言は)見苦しく恥ずかしい言及」
2013.5.27 MSN産経ニュース

 韓国の尹炳世外相は27日、ソウルの外務省で記者会見を行い、橋下徹大阪市長が慰安婦の賠償請求問題で韓国政府に国際司法裁判所への提訴を勧めたことに関連し「韓国が(外交解決に向けた)協議を要請しているが、まだ日本が応じていない」と述べ、まずは協議を行うべきだとの認識を示した。尹氏は、慰安婦は必要だったなどとした橋下氏の一連の発言について「国際社会の常識に反する見苦しく恥ずかしい言及だ」と批判。「そのような話を国連総会や米議会でしたらどのような反応が出るか(見たらいい)」とし「日本の良識ある方々にも被害を与え、日本をさらに孤立させる」と指摘した。

 また「このような雰囲気が改善されなければ首脳級はもちろん、他の高官交流も(行うのは)簡単ではない」と述べ、日韓の首脳会談や閣僚会談は難しいとの認識を示した。(共同)



日本の歴史発言に共同対処呼び掛け 韓国議員、米議会に書簡
2013.5.26 MSN産経ニュース

 韓国与党、セヌリ党の尹相現国会議員は26日、歴史認識をめぐる安倍政権の対応や従軍慰安婦に関する橋下徹大阪市長の発言に共同で対処するよう呼び掛ける書簡を、27日に米上下両院の全議員に送付すると明らかにした。

 書簡は日本の政治家による靖国神社集団参拝や、慰安婦は必要だったとした橋下氏の発言などを挙げ「東アジアの安定と平和のためには、歴史に対する心からの反省がなければならない」と指摘。

 米国をはじめアジア太平洋地域の国々が「日本の政治家の非人道的で非理性的な言動に厳重な警告を与えるべきだ」と主張し、日本の「逸脱」が続く場合、日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を見直すなどの「実質的行動を取る必要がある」としている。(共同)



中国も、言いたい放題ですね。


中国首相、ポツダムで演説 尖閣念頭「日本が盗み取った」
2013.5.27 MSN産経ニュース

 ドイツを訪問中の中国の李克強首相は26日、ベルリン郊外のポツダムで演説し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を念頭に「日本が盗み取った」と主張し、「世界平和を愛する人々は、第二次大戦の勝利の成果を破壊したり否定したりしてはいけない」と述べた。国営新華社通信が伝えた。

 李氏は、日本が受諾したポツダム宣言について「日本が盗み取った中国東北地方や台湾などの島嶼(とうしょ)を中国に返還すると規定したカイロ宣言の条件を必ず実施すると指摘している。これは数千万人の生命と引き換えにした勝利の成果だ」と強調した。

 李氏は「ファシストによる侵略の歴史の否定や美化の言動は、中国人が承諾できないだけでなく、世界各国の平和を愛する正義の勢力も受け入れられない」と述べた。

 昨年9月の尖閣国有化について、当時、副首相だった李氏は「主権への深刻な侵害だ」と非難していた。(共同)



今一度、慰安婦問題をおさらいしてみましょう。


「慰安婦問題」入門
2013年05月27日 池田信夫

きょう注目の橋下徹氏の外国人特派員協会での講演が行なわれた。内容は事前に用意した原稿の英訳を読み上げるものだったようだが、この問題で維新の会は支持率が3%に激減するなど、大きな打撃をこうむった。

一兵士の嘘から始まったデマが、ここまで拡大していつまでも蒸し返されるのは、日韓両国にとって不幸なことだ。歴史学的には、秦郁彦『慰安婦と戦場の性』で詳細に検証されているように、事実関係は決着がついている。騒いでいるのは、日本語の読めない欧米メディアと社民党など一部の勢力だけだ。

しかし橋下氏も含めて、この問題の経緯を知らないで「女性の人権」などと短絡する向きも多いので、この問題がなぜここまでこじれたのか、今年の初めにNYタイムズのために書いた記事を再掲しておこう。長文なので、以下はPDFファイルで。



“誤訳”で増幅される「政治家発言」を憂う
2013年05月22日 門田隆将

「嫌がる婦女子を強制連行」して「慰安所に閉じ込め」て「性交渉をさせた」というのがもし真実なら、日本は「拉致・監禁・強姦国家」ということになる。いま国際的に「日本は“レイプ国家”だ」というレッテルが貼られつつあるが、橋下氏がこれに「違うことは違うと言わなければならない」と発言したことは、私には当然と思えるのである。


日本との関係を悪くしたい韓国、良くしたい北朝鮮より抜粋
2013年5月23日 鈴置高史

飯島訪朝後の半島情勢を荒木和博教授と読む

日本にラブコールを送る北朝鮮。中国に急接近しつつ反日を叫ぶ韓国。流動化する朝鮮半島情勢を荒木和博・拓殖大学海外事情研究所教授と読み解いた(編集部注:5月18日に同研究所が開いた「国際講座 朝鮮半島は中国に呑みこまれるのか」での2人の対談に加筆・修正した)。

「離米従中」の最大の原因は韓国人の事大主義でしょう。米国の力が衰え中国が台頭する――という認識から、韓国では「一刻も早く、強大化する中国と緊密な関係を造らなければならない」という社会的な合意が出来上がっています。

「本来の姿に戻る過程」

 中国に対しては米国だって一目も二目も置いているのですから、韓国の対中接近も不思議ではないのです。ただし韓国の場合、ほんの120年前まで――日清戦争で清国が負けるまで、「中国」の冊封体制下にあった。そこで専門家は、中韓関係は一昔前の宗主国と宗属国の関係に戻るのではないかと怪しみ始めたのです。

「我が国は属国だったのだから、中国の命令には逆らえないのだ」と当然のように語る韓国人が急速に増えています。韓国のメディアには中国人の「韓国は中国に世話になっているのだ。米国を離れて中国につけ」という主張が日常的に載るようになりました。

 親米派として有名だった韓昇洙元首相が「日本から見れば、韓国が中国に近づいているように見えるかもしれないが、本来の姿に戻る過程といえる」(日本経済新聞2013年2月24日付)と語りました。


 これを読んだ日本の韓国研究者はぎょっとしました。「本来の姿に戻る」とは、明・清と李氏朝鮮の関係――冊封体制への復帰を意味すると読めるからです。

韓国保守が五星紅旗を振る時代?

 もう、言説だけではありません。2012年に中韓は自由貿易協定(FTA)交渉を始めました。しかし実は、韓国政府も世論も皆、反対でした。中国への依存度がさらに増すからです。でも、韓国政府は中国の要求を呑まざるを得なかったのです。

 世界でFTAを結ぶのが大流行りです。でも、片一方が嫌だ、嫌だと言いながら――世論だけではなく、政府もです――交渉が始まったのは「中韓」が初めてではないかと思います。

荒木:これまで私は「韓国の左翼に反北はいない。韓国の保守に反米はいない」と言ってきたのですが、もう修正しなければいけませんね。韓国の保守派の集会ではよく太極旗(国旗)とともに星条旗を振って親米の情を表しますが、そのうち五星紅旗を打ち振るようになるかもしれません。

鈴置:最近は「冊封体制だって悪くなかったのだ」と日本人に語る韓国人が増えていますから、そうなっても不思議ではありません。2012年あたりから韓国の知識人は「米中の間での等距離外交」は「当たり前のこと」として語るようになっています。

荒木:あれだけ韓国の面倒を見てきた米国も韓国から中国と天秤にかけられているのですから、日本への扱いは当然かもしれません。それにしても、後でお話ししますがこのようなやり方は北朝鮮とも通じるものがあります。目先はともかく最終的に得だとは思えないのですが。

「俺の後ろには中国がいるのだぞ」

鈴置:韓国にとって、目の前の問題を乗り越えるには長期的な損得などは言っていられない、ということかと思います。まあ、そうは言っても、韓国は外交的な必要以上に露骨にやっているな、という気がします。

 日本よりも中国の方が大事な国になったのは確かでしょうが、外相が国会でわざわざ「韓国にとって大事な国の順位」を公表する必要はない。まあ、国民から喝采を浴びたいという計算もあるのでしょうけど。

 最近、日本人に対し「俺の後ろには中国がいるのだぞ。韓国の言うことを聞け」というノリの記事が韓国紙に載り始めました。いずれ韓国人が言い出すだろうな、と思っていましたが「ついに」という感じです。

 韓国では「19世紀後半に西洋が東洋を侵略した際に、老大国の中国を頼りにし続けたから失敗した」という共通認識があります。さらにいえば「韓国に比べ劣っていた日本は、この時に上手に立ちまわって西洋文明を取り込んで急発展し、我が国を植民地化した」とも考えています。

荒木:それまでの江戸時代に、日本がテイクオフのための蓄積をしていたことは全く意識にありませんね。「日本にしてやられた」という見方しかない。

鈴置:だから「今度こそは、中国の台頭という新しい状況に日本より速く適応しよう。そうすれば日本を見返してやれる」という意識が色濃く出てきたのだと思います。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する