駄文・散文帳
2013年05月09日 (木) | 編集 |
「沖縄は日本が武力併合」中国共産党機関紙が論文
日本は「傷口開いた」歴史問題で批判 朴大統領
米国「憲法改正は日本の内政問題だ。日本に聞け」 韓国記者のしつこい質問に対し

「天才的ないんねんのつけ方…自身を正当化する際にみせる、相手を一顧だにしない言い回し、必要以上に威嚇し、挑発し、攻撃的な言葉や言い回しを使う」特ア三国。そっくり三兄弟です。
→ 威嚇、挑発、自己正当化…北朝鮮・中国にみる“天才的な因縁のつけかた”


ところで、北朝鮮全域で主要な治療薬が効かない「多剤耐性結核」が深刻化しているらしい。
北朝鮮で薬が効かない耐性結核が「深刻」

中国では、小学校6年生の少女が、自分よりきれいなクラスメートに嫉妬して殺害し、遺体を切断するという事件が起きたそうです。
女子小学生が同級生を殺害して遺体を切断、「自分よりきれいだったから」―中国広西

韓国では、自国に都合の悪いニュース、または日本のハッピーなニュースは、なるべく遅く簡単に報じる傾向があります。


ベトナム、韓国産ワクチンの使用を中止
2013年05月07日 中央日報

ベトナム保健省が、6カ月間に接種乳児9人が死亡した韓国産ワクチンに対して使用中止を決定したと、ベトナム現地メディアが6日伝えた。

現地メディアによると、死亡した乳児は健康な状態だったが、該当ワクチンを接種した数時間後にけいれんとともに呼吸障害を起こして死亡したという。

これに先立ち、一部の地方保健当局もジフテリア予防などに使われる該当ワクチンを接種した後、「深刻な反応」が報告され、使用を中断していた。



最近の韓国メディアは、韓国経済が失速している記事と連動して、日本批判の記事が多い。日本批判が、ますます酷くなってきていますね。韓国は日本の支援が欲しい時には必ず、口を極めて日本を罵るのが常套手段。恫喝して「たかる」。うんざりですね。しかし、なかには冷静な記事を書く記者もいます。


経済活力高まる日本、活気失う韓国
2013/05/07 朝鮮日報

 かつて、危機のさなかにも無気力だった日本政府が、大胆な経済政策で日本列島に活力を吹き込んでいる。一方、韓国は7四半期連続で0%台の成長を続けているにもかかわらず、早急の対策が講じられることもなく朴槿恵(パク・クンヘ)政権の発足から2カ月が過ぎた。

 4月19日に米国ワシントンで閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、韓国と日本の全く異なるムードを象徴的に示した。G20は「日本政府の政策はデフレを止め、内需を支えることを意図したものだ」と日本の肩を持ち「人為的な円安が周辺国に被害を与える」という韓国の主張を聞き流した。円安政策を取る日本のアベノミクスは、今や国際社会からも容認されたことになる。G20会議の前には1ドル=95円ほどだった円相場は、会議直後に1ドル=99円台まで円安が進んだ。100円突破は今や時間の問題だといわれている。

 日本の株式市場を活性化させたアベノミクスは、実体経済にも波及効果を与えている。日本の3月のデパート売上高は前年同月比で3.9%増加。7年ぶりの3カ月連続増となった。また、同月の首都圏のマンション発売戸数も同48%増加した。減少していた就業者数も、今年に入り毎月16万-17万人(前年同月比)ずつ増えている。

 日本の政府、与党、中央銀行、企業は一枚岩となり、企業投資の促進に向けた「官民合同の大胆な政策」を次々に打ち出しており、大都市に投資する外資系企業への税制優遇、雇用制度の改革などが進められている。安倍内閣の支持率は、発足当初の昨年12月末には65%だったが、先の調査では74%に上昇した。

 これに対し、韓国は「失われた20年」と批判された日本の前轍(ぜんてつ)を踏んでいるかのようだ。経済からは活気が失われ、自信も感じられない。日本の株価が今年に入り28%上昇したのに対し、韓国総合株価指数(KOSPI)は逆に4.5%下落した。デパートの化粧品売上高も1-3月期は減少し、就業者数の増加幅も大きく鈍化した。設備投資の前年同期比増加率は10カ月連続でマイナスを記録している。

 米国経営コンサルタント大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーは先の報告書で、こうした韓国経済を「徐々に熱くなる湯の中にいるカエル」と表現した。

 経済部処(省庁)の元長官は「韓国経済が活路を見いだせずにいるにもかかわらず、朴槿恵政権は2カ月たった今も明確なアクションプランさえ立てていない」と批判している。

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員



液晶パネル大国・韓国、重要部品の国産化率ゼロ
2013/05/01 朝鮮日報

 韓国は液晶パネル大国だ。2000年代半ば以降、10年近くにわたり、世界の液晶パネル市場で首位に立っていたのは、サムスン電子かLGディスプレーだった。両社による液晶パネルの輸出額は今年30兆ウォン(約2兆1700億円)を超える見通しだ。

 しかし、その内情を見ると、依然として「砂上の楼閣」だ。サムスン電子、LGディスプレーが生産する液晶パネルの国産化率は70%に届かない。特に一部の重要部品は国産化率がゼロのケースも多い。例えば、液晶は独メルク、日本のチッソなどから全量輸入している。液晶を覆うガラス基板の前後に貼り付ける偏光板は富士フイルム、コニカなど日本企業に頼っている

 韓国ディスプレー産業協会のチェ・ヨンデ常務は「韓国は15年遅れで液晶パネル産業に参入し、日本に追い付いたが、素材・部品の競争力ではまだ開きが大きい」と指摘した。

 韓国が10年以上にわたり世界首位を守っている造船分野の重要技術も不足している。韓国の造船会社が今後の成長分野と位置付ける海洋プラントの場合、石油掘削船に搭載するドリリングパッケージはノルウェーと米国からの輸入だ。ドリリングパッケージの価格は1億ドル(約80億円)に達する。石油掘削船1隻の価格が5億-10億ドル(400億-800億円)だということを考えると、その10-20%が外国企業からの輸入に充てられている計算だ。

 韓国企業はこれまで製造技術を中心に、組み立て、完成品分野で世界市場を急速に拡大してきたが、産業の根の部分に当たるハイテク素材・部品の競争力は大きく後れを取っている。

ハイテク素材・部品の海外依存

 韓国政府は2000年代初めから素材・部品の海外依存から脱却するため、特別法まで制定して支援を行ってきた。01年から約2兆ウォン(約1450億円)を投じ、部品の国産化率を高めてきたことも事実だ。世界市場を狙う部品メーカーも増えている。しかし、ハイテク素材、部品の競争力は依然として弱い。

 世界5位に浮上した自動車産業も例外ではない。自動車の機械部品の国産化率は98%に達するが、変速機、エンジンなどの機械装置に使われるベアリングの大半はドイツ、日本の企業から輸入している。自動車の電子装置の国産化率も低い。業界関係者は「自動車1台の電子装置に使われる半導体は250-400個程度だが、韓国で開発された半導体は3-4%にすぎず、残りはドイツ、米国、日本から輸入している」と説明した。



さて、「韓流ブーム10周年 日本で記念事業始動へ」ということですが、やはり、韓国が国を挙げたグローバルな拡販政策を展開してきた韓流ですが、売上高の99%がアジア地域にとどまり、しかも例えば「KARA」の日本での活動を例に試算したところ、公演やキャラクターグッズ、CD販売など日本での収益のうち、84%は日本側流通業者に渡り、残り8%が日本側プロモーターに。結局、KARA所属芸能事務所の手元に残るのは収益の8%に過ぎないという。

結局、日本市場への「一極依存体質」から脱却したいが、日本市場から離れればビジネスが成立しないという。韓流は韓国にジレンマももたらしているようです。
→ 本国薄利“韓流ブーム”に疑問 日本市場「一極依存体質」浮き彫り

一方、日本は国を挙げて宣伝などしてきませんでしたが、日本文化が国際社会で「クールジャパン(格好いい日本)」と呼ばれ高く評価されてきました。そこで、テレビ番組を海外へ輸出しようという動きが出てきたようです。


社説:テレビ番組輸出 日本好きを増やしたい
毎日新聞 2013年05月06日 

 フランスのカンヌで4月に開かれた世界最大規模の国際テレビ番組見本市「MIPTV」で、「世界のテレビを変えた50作」に日本から4番組が選ばれた。「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の「おもしろビデオコーナー」と「鉄腕アトム」「UFOロボグレンダイザー」「ドラゴンボール」だ。

 「スター・トレック」や「セサミストリート」など、世界的な人気番組が名を連ねる中での選出で、日本のバラエティー番組やアニメの質の高さを実感させる快挙だった。日本以外にはアジアから選ばれておらず、選出番組数も日本はアメリカ、イギリスに次いで3位だった。

 テレビ番組を海外へ輸出しようという動きが活気づいてきた。
テレビ局側はメディアの多様化が進む中で新たな市場を海外に求め、政府もそれを支援している。テレビ番組という大衆に根ざした表現を外国の人々に見てもらうことは、かけがえのない文化交流になる。国のイメージの向上につながり、製品販売や観光客増など、経済波及効果も大きい。

 日本のテレビ番組の品質には定評がある。たとえば、バラエティー番組では、企画や構成、演出などのノウハウを売るフォーマット販売で実績を重ねてきた。

 「風雲!たけし城」「SASUKE」「料理の鉄人」など、海外で長期間、放送されているものもある。TBSメディアビジネス局の杉山真喜人・担当部長は、「よく計算された番組が多く、演出が練り込まれている」と長所を指摘する。

 一方、アニメ番組では、豊かな物語性や斬新な発想が称賛されている。キャラクターグッズがつくられ、人気を集める例も見られる。

 日本の地上テレビ番組の輸出金額はこのところ、年々減少し、2010年は63億円だった。逆に韓国の番組輸出は年々増加して05年に日本を逆転。10年は165億円と日本の2.6倍以上にのぼった。

 韓国は1990年代末から官民一体になって文化輸出に取り組み、政府も特にローカライズ(字幕や吹き替えなど、現地に合ったものへの再制作)やプロモーション(広報宣伝)に手厚い援助をしてきた。日本という大きな市場が隣に存在することの利点も大きい。

 日本の文化面のソフトは「クールジャパン」(格好いい日本)と呼ばれ、国際的に高く評価されている。政府はクールジャパン推進会議を設置し、12年度の補正予算でローカライズなどの支援に170億円、13年度予算には基金創設に500億円を計上した。現場に合った効果的な援助をして、海外の人々が日本の大衆文化を楽しむ流れをつくりたい。

  

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
ロシアのエヴゲーニイ・アレクセーエフ極東総督らは、朝鮮半島を南北に分け、南側を日本の勢力下に、北側を中立地帯として軍事目的での利用を禁ずるという提案を突きつけてきた。これは事実上ロシアの支配下に朝鮮半島が入ることを意味する。伊藤博文は、韓国を保護国とするのは韓国の国力がつくまで、併合に反対する伊藤博文は、朝鮮人らに暗殺される。バックには、ロシアが。韓国人は、伊藤博文が、併合反対派だと学校でならってますか?それとも、イ・スンマン創作のニセ朝鮮史をならっているのですか??かんこく歴史もんだいって、本当の歴史とは関係ない。憲法にも干渉する韓国人、無駄なことをしている気がする。虐殺王イ・スンマンが、朝鮮官僚の不当すぎる特権が奪われた恨みから、戦後反日ねつ造した歴史を、いまだに変えられない韓国って、発展途上国以下では。
2015/03/07(土) 15:48:04 | URL | ななし #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する