駄文・散文帳
2013年04月30日 (火) | 編集 |

トラ&チョコ




「日本糾弾決議案」が韓国国会本会議を通過…“全会一致”でない理由は?
2013年04月30日 中央日報

「日本閣僚等靖国神社参拝及び侵略戦争否認妄言糾弾決議案」が29日、国会本会議を通過した。

与野党ともに最近の日本の極右化に反対し、決議案の“全会一致”通過が当然視されていたが、結果は在籍議員239人のうち238人が賛成し、議員1人が棄権した。棄権の主人公は金ギョン侠(キム・ギョンヒョプ)民主統合党議員だった。

金議員は決議案表決直後の記者会見で、「今回の糾弾決議案の趣旨には賛成する」としながらも「日本に対する実効的な措置が含まれていない」と棄権の理由を明らかにした。

金議員は「外交的な抗議レベルにすぎなかった今までの対日決議案が実質的に影響力があったかどうかは疑問」とし「日本の閣僚と政治家に対する入国禁止など強力な制裁案が決議案に含まれるべきだが、与野党の合意過程でこうした中身が抜けてしまった」と指摘した。



安倍内閣を糾弾 韓国が決議案採択=靖国問題などで
聯合ニュース 4月29日

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は29日の本会議で、日本の閣僚や国会議員の靖国神社参拝と侵略戦争を否定するような安倍晋三首相の発言を糾弾する決議案を採択した。
 在籍議員239人のうち、238人が賛成し、1人が棄権した。
 国会は決議案で「(安倍内閣の)非理性的妄動と妄言は、未来志向的な韓日関係構築と北東アジアの平和定着に深刻な否定的影響を招く外交的挑発行為」とした。
 また、太平洋戦争の戦犯を参拝する非理性的妄動と否定てきない過去を否定しようとする愚かな妄言をやめるべきだと指摘。過去に対して徹底的に反省して心から謝罪を表明するよう促した。
 韓国政府に対しても、「日本が軍国主義に回帰しようとする動きに対し、あらゆる外交的手段を動員して断固たる意志で厳重に対処すべき」と求めた。



「日本閣僚等靖国神社参拝及び侵略戦争否認妄言糾弾決議案」という決議案の名前も仰々しくて北朝鮮並みなのですが、というより北朝鮮と同じレベル。

「日本の閣僚と政治家に対する入国禁止」というアイディアも幼稚で呆れる。国交を断絶したいということらしい。

「非理性的妄動と妄言」…なんと、いつものことですが感情的な!

「日本が軍国主義に回帰しようとする」…戦争中の韓国に言われたくない。日本は軍隊もないし、徴兵制もない。ナショナリズムも韓国の何百分の一ぐらい。韓国は国民全員が右翼と国粋主義者。というより、右翼でなければ社会から抹殺される。言論の自由がない。日本は朝日新聞社民党のような反日の輩まで言いたい放題の自由があります。朝鮮日報は、以下のような記事を掲載しています。韓国に都合の悪いことを主張する人を糾弾しています。野蛮なこと。


安倍首相、侵略戦争否定した日に反韓派と夕食会
2013/04/29  朝鮮日報

韓国侵略を正当化する呉善花氏、伊藤哲夫氏らを首相官邸に招く

 時事通信が報じたところによると、日本の安倍晋三首相は今月26日夜、日本による韓国侵略を擁護している呉善花(オ・ソンファ)氏(56)など極右派の人物を首相官邸に招き食事を共にしたという。安倍首相はこの日朝、衆議院での答弁で「歴史は専門家に任せるべきだ」として、過去の侵略戦争を否定するかのような発言をしている。

 韓国出身の呉氏は現在、拓殖大学教授を務め、日本による侵略を擁護する内容の著書を出版している。なお、韓国での呉氏の学歴や経歴については不明な点が多い。呉氏は「創氏改名はやりたい人だけがやった」「強制連行された従軍慰安婦は存在しない」「靖国神社参拝は侵略戦争とは関係ない」「日本による植民地支配が韓国を発展させた」などといった主張を繰り広げてきた。

 1998年に日本国籍を取得した呉氏は『反日韓国に未来はない』『韓国併合への道』など、日本による韓国侵略を正当化する著書を多数出版した。韓国に対し偏見をあおり、日本国内で嫌韓論を広める一翼を担ってきた。日本の極右派が呉氏を利用し、歴史を歪曲(わいきょく)する本を組織的に出版しているとの見方も出ている。

 26日に安倍首相と食事を共にした人物はほかに、極右派の論客として知られる伊藤哲夫・日本政策研究センター代表がいた。伊藤氏が設立した日本政策研究センターは、歴史の歪曲など、韓国を非難する上で先頭に立ってきた団体だ。伊藤氏は安倍首相とたびたび会う「安倍ブレーン5人組」の一人だ。日本のジャーナリストは「安倍首相は歴史を専門家に任せるべきだと主張しているが、その専門家とは呉氏のような人物を指すのではないか」と話した。



「韓国に対し偏見をあおり、日本国内で嫌韓論を広める一翼を担ってきた。日本の極右派が呉氏を利用し、歴史を歪曲する本を組織的に出版している」…日本には、そんな人々が沢山いますよ。朝日新聞福島瑞穂氏も、外国に告げ口してまで日本叩きをしています。彼らは反日左翼と言われていますが、日本は自由民主主義の国なので、社会から抹殺しません。言論の自由があります。韓国は途上国だから、まだまだですね。小泉進次郎氏も呆れています。


進次郎氏、中韓の靖国参拝批判に「何も言わなかったらいいんですか」より一部抜粋
2013.04.28 ZAKZAK

--閣僚の靖国参拝について、中国や韓国が反発している

 「取材するものではないと思いますよ」

 --中韓が反発していることについてどう思うか

 「これは、じゃあ、言葉を換えれば、中国や韓国が何も言わなかったらいいんですか。そうやって物事を考えてみると、この問題ってのは本質が見えて来るんじゃないですか」



日韓摩擦、一番の理由は朴槿恵大統領の切れ長な眼差しの怒りより抜粋
2013.4.29 MSN産経ニュース

 韓国が安倍晋三内閣の歴史認識に猛反発している。「100年ぶりの第2の朝鮮半島侵略だ」「『極右改憲』に向けひた走る安倍政権」などと…韓国メディアは連日の日本たたき。有力メディアはこれで「日本は孤立する」と決めつけている。だが熱くなる韓国側に対し、日本側は政府も国民も冷静で冷ややか。特に靖国問題を外交に絡める韓国の政治手法には日本はうんざりなのだ。国民の韓国を見る目もいつになくさめている感じである。

冷静な日本、韓国にうんざりの日本世論

 韓国メディアは異口同音に「安倍内閣は孤立を自ら招いている」(中央日報)、「日本の外交孤立で多国間協力が難しくなった」(朝鮮日報)と「日本孤立論」を展開中だ。特に閣僚の靖国参拝に続いて安倍首相が話した「侵略という定義は学界的にも国際的にも定まっていない」(23日参院予算委員会)との発言に極度に反応し、「安倍政権は東アジア最大の懸案」などと決めつけている。

 しかし韓国メディアがいうほど日本は孤立していない。日中の防衛協議は予定通り行われ、「北朝鮮対応については近く韓国と協議したほうがいいと思っている。(日韓が)修復不可能に陥ったとは思わない」(外務省幹部)と、日本政府には「一歩引いた静観」の姿勢が目立つ。

 そもそも、韓国側が問題にしている安倍氏の「侵略」発言は政治用語に関する定義について述べたもので、具体的な日韓の歴史的史実についての“解釈”を語ったわけではない。もともと、安倍氏の「歴史認識」は第一次安倍政権の時代から、「政治家は歴史の解釈について述べるべきではない」という原則で一貫している。



一言、内政干渉をするなと言いたい。靖国問題を外交に絡める韓国の政治手法に、日本はうんざりしています。千年の怨念を吹聴する新大統領のもとでは、日韓関係は永遠に良くならないと思います。日本は、もう韓国の恫喝に屈してはならない。


「第2の『漢江の奇跡』」「千年の怨念」を訴える韓国・朴新大統領に不安より抜粋
2013年03月12日 大前研一

朴氏は「加害者と被害者という歴史的な立場は千年の歴史が流れても変わらない」ということまで述べている。この認識は世界的に見ても異常と言うしかない。

 たとえばドイツとフランスは、加害者と被害者の立場が何回も入れ替わっている。アルザス=ロレーヌ地方(現在はフランス領)は、ある時はドイツ領になり、ある時はフランス領になり、という歴史の繰り返しだった。

 そのような苛烈な歴史を経ても、ドイツとフランスの間で「歴史的な立場は千年の歴史が流れても変わらない」といった認識が存在することはあり得ない。それどころか今は欧州連合(EU)の中核メンバ-を構成しており、最も大切な友好国という位置づけである。それが普通の文明国の歴史感覚だ。

 スペインとその植民地であったラテンアメリカ諸国の間でも、ポルトガルとブラジルの間でも、オランダとインドネシアの間でも、“加害者と被害者の関係”は忘れ去られ、むしろ他の地域よりも親密な関係を築いている。千年どころかまだ五百年も経ってないが、わだかまりもなくすっきりとした関係になっている。

 日本も蒙古軍の大襲来を2度経験している(1274年、1281年)。この時、その通り道となった対馬などは壊滅的な被害に遭っているが、何を隠そう蒙古軍はその服属政権であった高麗軍を多数引き連れてきている。そう、高麗軍というのは紛れもなく朴大統領の祖先の血を引く人々なのである。これは730年余り前の出来事なので、千年の怨念説に基づけば、「(父親が対馬出身の私などは差し詰め)あのときの恨みをまだ持て!」ということになるのだろうか?

 植民地も戦争も知らない人が人口の大半という時代に、この“怨念”を維持するには相当な政治的工作を自国民にしていくことが必要と思われる。それを大統領になった途端に高らかに宣言する神経は一国のリーダーとしては失格ではないだろうか?

 なぜなら、戦争世代でない日本人も含めて韓国に対していつまでも謝罪をし続けなくてはならないと言われると、当然「関わり合いになりたくない」とか、「わだかまりのない他の国と仲良くした方が気持ちがいい」となるに決まっている。祖先の犯した過ちまで含めて「ごめんなさい」と素直に言える人が多数を占めることはないだろう。

 古希を迎えた私だって戦争が終った時は2歳であった。先祖が犯した罪を謝るよりも、我々の世代では同じ過ちを繰り返さないためにあらゆる努力をする、という決意しか私にはできない。孫たちには近隣友好の大切さを繰り返し説いていくのが私にできるささやかな貢献である。

 千年の怨念を吹聴する新大統領のもとでは日韓関係は永遠に良くならない、と私が思うのは、そういう私的な考察からで、それ以上の政治的意味合いはない。

 北米大陸にもいくらでも事例がある。米国は、もともとメキシコ領だったテキサスを1845年に併合した。さらに米墨戦争(1846~48年)により、カリフォルニアやニューメキシコが米国に割譲された。しかし、メキシコは「カリフォルニアを奪いやがった」といつまでも米国に因縁をつけたりはしない。

 また、1803年に米国はフランス領ルイジアナを買収した。これも、朴氏の理屈に従えば、フランスが米国に対してルイジアナ買収の恨みを言い募ることになるが、そんなことはあり得ない。一度、カタの付いた問題は蒸し返さないのが世界の常識だ。

 第二次世界大戦前の日韓併合時代に生じた問題に限っても、日韓基本条約などですでに決着がついている。その決着はまさに朴槿恵大統領の父親、朴正煕元大統領の決断の賜である。竹島問題などを棚上げして日本からの賠償を引き出し、これが結果的に韓国大躍進(漢江の軌跡)の原動力となった。

 いま韓国が躍進したからと言って、かつて決着済みとした問題を千年も引きずれ、という発言はどう考えても尋常なものではない。それについて日本政府が日韓基本条約の経緯などを持ち出して正式に抗議するのが筋だと思うが、就任式に出席した麻生太郎副総理はじめ誰からもそのような声は聞こえてこない。

 2月26日にも、韓国で奇妙な司法判断があった。昨年10月に長崎県対馬市の寺社から盗まれ、韓国で見つかった仏像について、韓国の地方裁判所は韓国政府が日本へ返還することを当面差し止める仮処分決定を下したのだ。

 この仏像は、約700年前に朝鮮半島で仏教が弾圧された際、日本に持ち込まれたとされている。しかし、韓国では日本が「略奪」したものだと誤解して、日本への返還に反対する動きが盛り上がっていた。嘘か誠か、略奪されたものだと証明する文書が見つかった、とも報道されている。

 日本はこの仏像を盗んで持ってきたわけではない。日韓併合時代に略奪したわけでもない。少なくとも当時は「日本」が韓国を占領・支配していたわけではないから、持ち出されたとしたら「泥棒」ということになる。個人の仕業に基づく行為を「日本が略奪」と表現すること自体が異常である。菅義偉官房長官は2月27日の記者会見で、「外交ルートを通じて国際法に基づき速やかに返還を求めたい」と述べている。

 「日本が盗んだ」という声が韓国では大きいようだが、少なくとも「誰がどういう目的で盗んだのか、持ち出したのか」と個人の仕業を前提とした話にしてもらいたい。仏教を弾圧したので安全な場所に移したという説が正しければ、弾圧した政府に矛先が向かうようにしてもらいたいものだ。



韓国の朴槿恵大統領が日本に対して「加害者と被害者という立場は、千年過ぎても 変わらない」と言うなら、「李氏朝鮮による対馬侵攻」という史実を韓国は償うべし。また、当然のこと元寇についても自らの言を実行に移すのが道理というものです。鎌倉時代中期、中国大陸を支配していたフビライの元王朝(モンゴル帝国)のころ、その属国であった高麗(いまの朝鮮)が、日本を侵略しましたね。二度に亘り行われた日本侵攻。

ところが韓国では、その対馬さえも韓国領だと主張し始めています。


独島:日本の領有権主張に対抗し「対馬韓国領論」
2013/04/26 朝鮮日報

 「対馬は韓国領、返還運動を繰り広げるべき」という主張の一般化が試みられている。

 大韓民国海洋連盟と釜慶大学対馬島研究センターは今月30日午後2時、釜山市南区大淵洞にある釜慶大学環境・海洋大学大会議室で、対馬返還論の一般化を目的として「東北アジア海洋領土問題の平和的解決のための共同シンポジウム-対馬は誰の領土か」を開催する。呉巨敦(オ・ゴドン)大韓民国海洋連盟総裁(元海洋水産部〈省に相当〉長官)は「日本が独島(日本名:竹島)の領有権を主張し続けることへの対応として、このシンポジウムを開くことにした」と語った。



応永の外寇(おうえいのがいこう)

室町時代(1419年)に起きた、李氏朝鮮による対馬侵攻を指す。

李氏朝鮮では前年に世宗が即位していたが、軍事の実権は譲位した父の太宗がなお握っていた。太宗は倭寇撃退を名目にした対馬遠征を決定した。朝鮮軍は、対馬の有力者が明などに渡航し不在である時期を狙って、永楽17年(1419年)6月19日、李従茂率いる227隻、17,285名の軍勢が巨済島を出発し、対馬に侵攻させた。また同時に朝鮮国内の在留日本人商人らを一斉に抑留した

朝鮮軍は、6月19日に再出航、6月20日昼頃に対馬の尾崎浦附近へ上陸した。一帯の一般船舶129隻を焼き払い20隻を奪い、民家1939戸を焼き払い、また104(実録には首級114)の島民を殺害した。

朝鮮側は、同6月29日に宗貞盛に対して対馬の属州化などを要求する使者を送るが宗は拒絶する。損害の大きくなった李氏朝鮮側は対馬側の撤退要求を受け入れ、7月3日に巨済島へ全面撤退した。

李氏朝鮮側の全体の被害は相当数にのぼると思われる。8月5日の記録では日本の戦死者20人に対し朝鮮側が100余名とされている、総じて朝鮮軍は不利であったようであり、この事は保護された中国人の扱いにおいて「対馬での朝鮮軍の弱小ぶりを詳細に見たことから中国に返還できない」と主張する左議政朴訔に対し右議政李原らは「事大の礼を尽くして送り返すべき」と反論したという記録や、朴実が敗戦の罪により投獄され、李従茂が国民への影響を理由に免罪となった事からも窺える。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する