駄文・散文帳
2013年04月03日 (水) | 編集 |

ミミ



(中)押し寄せる漂着ごみ 「何回やっても同じこと」続く堂々巡りより抜粋
2013.4.2 MSN産経ニュース [対馬が危ない]

海岸には無造作にドラム缶やテレビが転がる。ミネラルウオーターのラベルにはハングル。「~夫山泉」と中国語が書かれたペットボトル。対馬は海流に乗った漂流物が朝鮮半島や中国から大量に打ち上げられている。大気中の微小粒子状物質「PM2・5」だけでなく、海も大陸から侵略に脅かされている。

 第7管区海上保安本部(北九州)の対馬海上保安本部では、巡視船が昨夏、沖合で異様な光景を発見する。海一面に10メートル四方の養殖いかだが漂っていた。次々と流れてくる。波に隠れるかのような、いかだは船からは見えにくい。船舶の航行に危険な「航路障害物」と判断し、いかだを曳航し、対馬市に引き渡した。「漂着物に船が接触すれば事故の恐れもある。他の海域にはない悩みの種になっている」。対馬海上保安部の廣川隆部長は説明する。

 日本に押し寄せる漂着ごみは年間約15万トンとも言われているが、「体系的な統計はない」(環境省海洋環境室)。漂着ごみは海流に乗り世界を巡るが、国際的な処理の枠組みも存在しない。仮にどの国の誰かが特定されたとしても所有権を放棄されれば「処理費の請求もできず、個別交渉になる」(同)とされる。

 その結果、処理費を浮かそうとする海での不法投棄も後を絶たない。海保によると、平成24年に日本の周辺海域で確認された海洋汚染は400件。なかでも、対馬などの日本海沿岸は深刻だ。廃棄物による海洋汚染は、本州南側は4件なのに対し、日本海側は九州と合わせると計35件と突出。漂着ごみに、不法投棄…。廣川部長は「日本海側は厳しいのは確か。大陸との間に浮かぶ対馬の宿命なのでしょうか」と話す。

 対策として、平成21年には海岸漂着物処理推進法が施行され、漂着ごみの処理が管理者に義務づけられた。自治体などには重い負担となるが、国は基金などを通して財政支援する。対馬市も約8億円の支援を受け、海岸の一斉清掃を実施、22年度1万4911袋、23年度9098袋ものごみを回収した。人口3万5000人の島にとって、考えられない大量のごみの山だ。「日本列島の漂着ごみの防波堤になっているんですよ」。対馬市で漂着ごみ問題を担当する一宮努係長(45)はふるさとの島をこう表現した。「中国や朝鮮半島からのごみ処理に税金が使われるのは納得できない」という意見もある。

 随時清掃を行っているが、漂着ごみが絶えることはない。「何回やっても同じこと。島からごみがなくなることはなか」と漁師の槙野忠実さん(49)。漁船がドラム缶とみられる漂流物に乗り上げ、転覆しそうになったこともある。「だれに文句いえば、よかとか」。魚を選別しながら吐き捨てるように言った。(森本充)

 ■航路障害物 船舶の航行の妨げになるような木材や工作物など。海上保安庁では、事故防止のために、回収して自治体に引き渡すなどの除去も重要な任務の一つに掲げ、発見者への通報を促している。対馬海上保安部では23年4月に全長4メートルの浮標を揚収。その後、韓国から流れついたと判明し、韓国巡視船に洋上で引き渡した。東日本大震災の際、海保は津波で沖に流出した計1万2372・9立方メートルの漂着物を回収、運搬した。



韓国と近接している対馬。
密漁船とのせめぎ合いに加え、中国大陸と朝鮮半島から漂着する海洋汚染の脅威に最前線でさらされ、韓国人観光客も急増。国境の島の周囲は今、海上保安庁の闘いによって守られています。

ソウル近郊・京畿道の議政府市議会が3月22日、日本政府に「対馬の即時返還」を求める決議文を採択しました。これまでは韓国政府もまともに取り合わなかったようですが、「反日なら何でもあり」に突っ走る韓国ですから、今後はどのような展開になるのか分かりません。

ただ、韓国は経済問題・国内問題・外交問題、更には対北朝鮮と、問題が山積。反日などやっている場合ではないのですね。むしろ、特に経済的には日本の協力や支援が必要。その辺りの舵取りを、韓国の新大統領が上手くやれるかどうか。

日本は「隣国は大事」とか「韓国は日本と同じ価値観を共有する重要な国の一つ」などと社交辞令を言っていますが、本当は韓国のような詐欺師的な国とは関らない方が得策です。韓国は腹黒さでは北朝鮮と同じ。日本を利用するだけ利用して、成果をあげたあとは、世界中で反日活動を展開する。その繰り返しであることは、歴史が証明している。それでも、懲りずに韓国に支援の手を差し出すのは、利権にありつく政治家や財界人・有識者・マスメディアがいるからだし、また、韓国政府が運営資金の6割から7割を負担して日本国内の300を超える拠点で活動を行っている民団(在日本大韓民国民団)の力によるものです。ちなみに、その民団の主な活動は以下のような韓国の内政干渉ばかり。

外国人参政権獲得運動
慰安婦謝罪決議採択運動
■日本の歴史教育への意見
■「新しい歴史教科書」採択反対運動
パチンコ産業促進運動

このような韓国の内政干渉に同調する日本人がいること自体、驚きなのですが、彼らは利権やら「時代錯誤も甚だしい思想闘争」やらに励んでいるわけです。

今週の「たけしのTVタックル」で屋山太郎氏が、いみじくも「中華圏の人、中国と韓国の人と、日本人は決定的に違うんですよ。だから、本当に仲良くなんかできない。」と言っていました。まさに、その通りで、福沢諭吉の「脱亜論」は正しかったのです。


正念場の韓国より一部抜粋
2013年04月02日 「外から見る日本、見られる日本人」

韓国の朴槿恵大統領。就任以来なぜこんなに苦しむのか、という点では安倍首相と好対照となってしまいました。就任一ヵ月後、もめにもめた組閣がようやくひと段落し、国政は3月18日にようやく大統領府主導から内閣中心に移行するという状況でした。

朴大統領の支持率もギャラップ調査によると1月の55%から3月の44%で全世代、全地域においてほぼ均等に支持率が下がっています。

この出だしのつまづきは今後の韓国の国家運営に暗雲を告げるかもしれません。

まず、経済成長予測を下方修正し、2.3%としました。これは2012年の予算編成時は4%程度の経済成長率を見込んでいたことを考えればあまりの急落といえます。これを受けて大統領主宰の経済政策点検会議が行われましたが、その対策については具体性に欠け、対策時期も明白ではありません。

世界経済がきわめて早いテンポで変化、発展していることを踏まえれば韓国のこの足踏みは後々に大きな影響を残すようにみえます。若年層の就職難については先日このブログで書かせていただきました。また、もうひとつの韓国の大きな問題は不動産価格の下落であります。これは都市部における下落が厳しく一部では3割、4割の下落となっています。その上、韓国の住宅ローンは借入額が担保の4-6割となっており、借り換えの際、物件価格の下落に伴い担保割れなることもありその場合、不足金額を穴埋めすることを求められます。

日本の不動産バブルと韓国のそれはかなり似たところがあるとされていますので仮に日本と同じ運命を辿るなら長期的にはピークの三分の一まで下がることも念頭に置かねばならないでしょう。これは朴政権により不動産市場のてこ入れと住宅開発会社の処理、更には不良債権をしこたま抱える貯蓄銀行への対策が急がれます。

さて、韓国が抱える問題は経済や内政だけではありません。隣国、北朝鮮からの執拗な挑発にどう対応するのかということも大きな課題であります。



パチンコをやめろ

“慰安婦性奴隷説”を言い出したのは職業的反日日本人の男

「韓国」経済の実態 米日独占が実質的に支配

愚かな民族

韓国がW杯招致を表明!2002年の反省ゼロ!

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する