駄文・散文帳
2013年03月10日 (日) | 編集 |
本日、東京都心で大気が白くかすんで霧のように見える「煙霧(えんむ)」が発生したとの報道がありました。煙霧とは強風が吹いてほこりが巻き上がったものだそうです。こちらは都心ではありませんが、午後から煙霧が発生。黄砂ではなかったようです。


WBC、侍ジャパンは米サンフランシスコで開催される決勝ラウンド進出を決めましたね。

ところで、韓国では、日本と台湾を「両国は領有権問題で武力衝突直前の状態にあり、緊張感が漂っている。」とみて、日台戦が日韓戦のようになることを期待してたようです。ところが、台湾は韓国と違って日本に大変友好的。親日的でした。
→ <WBC>きょう日本-台湾戦、外交葛藤で緊張感も…


WBCで「台湾代表」と呼んでくれる日本の善意=台湾メディア
サーチナ 3月8日

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は8日、東京ドームで第2ラウンドが開幕、台湾(チャイニーズ・タイペイ)と日本が対戦する。台湾メディア・NOWnewsは8日、日本とは友好ムードの中で戦うべきだとする意見が台湾人の間から出たと報じた。

 記事は、日本にいる台湾の野球ファンが「日本のテレビ中継のとき、試合日程表に『チャイニーズ・タイペイ』ではなく『台湾』と書かれていた」ことを発見したと伝えた。

 そして、台湾が現在に至るまで五輪などの国際試合において「台湾」や「中華民国」の名称を使えない状況を紹介した上で、「どこの局かは分からないが、日本がわれわれにくれた善意は台湾ファンの心を温めた」と紹介した。

 記事はまた、日本のファンが2011年の東日本大震災の際に、台湾が多額の義援金を贈ったことなどに対する謝意を示す横断幕を用意しているとの情報と、中継では台湾代表と言ってくれることに注目し、台湾のヒップホップグループ・拷秋勤(コウチョウチン)のメンバー、范姜さんが「日本を侮辱するような標語を球場に持ち込まないで」とファンに呼びかけたと紹介した。



WBC日台戦、中国人も絶賛「感動をありがとう」=中国BBS
サーチナ  2013/03/09

中国大手検索サイト百度の掲示板に、WBC第2ラウンド日本-台湾(チャイニーズタイペイ)戦の実況スレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが議論を交わした。

  試合は3連覇を目指す日本が延長10回、中田(日ハム)の決勝犠牲フライで死闘を制し、見事勝利した。

  試合前から、掲示板には「王建民(オウ・ケンミン)ガンバレ!」とのメッセージが多く寄せられており、2012年シーズンまでメジャーリーグで活躍していた王建民投手に対する期待の高さがうかがえた。

  王建民は6回まで日本を無失点に抑えると7回に交代。その後の8回表に日本は同点に追いついた。しかしその裏に台湾は1点を奪い再びリード。後がない日本は9回ツーアウトまで追い込まれながらも再び同点に追いつき、試合が延長戦に突入すると、中国ネット上では「何てすばらしいゲームなんだ! 心が揺さぶられるよ!」と興奮気味に語るユーザーも現れた。

  延長10回表に日本が勝ち越しに成功すると、「アイヤー! 逆転された」、「やっぱり日本は強いな」などあきらめムードとなったが、そのまま日本の勝利で試合が終了すると、「台湾は惜しかった」、「台湾は力を出し切った。惜しかったなぁ。台湾はすばらしいよ。お疲れ様! こんなにもおもしろい試合を見せてくれてありがとう!」など、惜敗した台湾の健闘を称えるコメントが多かった。

  ほかにも「こんなに緊張する試合は久しぶりに見た」、「すばらしい試合だった。永遠に台湾代表を支持しよう。感動をありがとう」などといったコメントが寄せられ、手に汗握る接戦だったことに感動した中国ファンも多かったようだ。

  台湾にとってWBC2次ラウンド進出は今回が初めてとあって、今回の日本-台湾戦の注目度は極めて高く、台湾各地のスポーツバーは予約でいっぱいになったほか、大型スクリーンが設置された場所にも多くのファンが応援に駆けつけ、声援を送った。

  敗れた台湾は9日に敗者復活1回戦でキューバと戦うほか、2回戦に進んだ日本は10日にオランダと対戦する。



きゃりーぱみゅぱみゅの10日に予定されていた韓国・ソウル公演が突然中止されたようですね。

ともあれ、台湾&中国の人々と、韓国人は大違い。

韓国人は自分のことを棚に上げて他国の人々を批判する。


WBC、台湾でも嫌韓噴出「韓国が怒らせるからだ」=中国BBSより一部抜粋
サーチナ  2013/03/08

中国大手検索サイト百度の掲示板に「台湾と韓国は仲が悪いようだ」というスレッドが立てられた。

WBC第1ラウンドB組の台湾(チャイニーズタイペイ)-韓国戦が5日、台中で行われたが、台湾を応援するため球場に駆けつけた一部の応援団たちは、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記などの顔写真を切り抜いたプラカードや、「整形は韓国に帰れ」などと書かれたプラカードで韓国を挑発した。

  中国人ネットユーザーからは、「韓国がこれまでに怒らせた国はいっぱいあるからな」など、台湾の一部の応援団に賛同するコメントが多く寄せられた。

  台湾で近年、スポーツ絡みで反韓感情が表面化したのは2010年に行われた広州アジア大会だった。女子テコンドー49キログラム級予選で判定をめぐって、台湾の楊淑君選手が「不可解な失格判定」で敗れたが、台湾では「韓国人審判の介入によって失格になった」との見方が広まり、韓国製品の不買運動、韓国国旗を燃やす事件なども発生した。



反韓感情なぜ…韓国、台湾の挑発応援に戸惑い=WBCより抜粋
サーチナ  2013/03/08

複数の韓国メディアは6日、5日に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国-台湾(チャイニーズタイペイ)戦で、台湾の応援団が韓国に強い対抗心を見せたことから「台湾の嫌韓感情は深刻なレベルだ」と戸惑った。

2012年6月には、台湾でサムスン電子のライバルとされる鴻海(ホンハイ)精密工業グループの郭台銘会長が、「日本人を尊重している。韓国人とは違い、背後から殴ったりしない」と発言し、韓国で怒りを買う出来事があった。

  韓国メディアは、「なぜ主敵の北朝鮮元首の写真を掲げて揶揄(やゆ)するのか」、「反日は歴史的な出来事が背景にあるが、反韓が起きる理由は分からない」、「残念なこと。韓国は静かにしているのに」などと韓国のネットユーザーの反応を紹介し、WBCで登場した予想外の反韓感情に驚きを示した。


台湾美少女「韓国叩きのめせ!」WBC応援動画が物議=韓国
サーチナ  2013/03/08

 5日のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組の韓国-台湾(チャイニーズタイペイ)の試合が行われる前、台湾の美少女3人が台湾代表にエールを送った動画が韓国で物議をかもしている。複数の韓国メディアが報じた。

  少女らは試合前、インターネット上に台湾を応援する47秒あまりの動画を掲載した。「加油」「中華隊」と書かれた紙を持ち、「7時半から始まる台湾と韓国の試合を見て下さい」と試合を宣伝しながら応援メッセージを伝えた。

  動画では途中、ひとりの少女が丸められていた韓国国旗を広げ、カメラの前で再度ぐしゃぐしゃに丸めてみせるシーンもあった。国旗は手書きだった。少女らは国旗を丸めると、「韓国に必ず勝つ」「台湾がんばれ!」などと笑顔で台湾を応援した。

  試合後に動画の存在を知った韓国のメディアは、少女らの行為を非難。「いくら自分の国を応援する気持ちが強くても、一国の尊厳性を象徴する国旗をゴミのように扱う常識外れで刺激的な応援だ」と指摘し、不快感をあらわにした。



韓国人は、以下のような光景については、いくらでも言い訳があるらしい。

フォンニィ・フォンニャットの虐殺

ライダイハン

ゴダイの虐殺

タイビン村虐殺事件

「日本の大地震をお祝いします」 韓国サポの横断幕への海外の反応

在韓日本大使館前で 韓国人たちが日の丸を踏み潰したり燃やしたりと大暴れ

【韓国】満面の笑顔で日の丸を燃やす真似をする韓国の市民団体の方々を御覧ください

中国メディア“抗議先進国”の韓国を紹介…「日の丸食べる人」など


さて、英国とフランスの首脳が相次いで、それぞれの旧植民地(インド、アルジェリア)で歴史にまつわる地を訪問をしました。そして、「謝罪はしないが忘れもしない」という妥協への歩み寄りを示し、負の過去を絆に切り替えた外交を行いました。旧植民地と宗主国、両国の現在と将来に利益をもたらすと。

歴史学者のインド国立公文書館館長は、タイムズ・オブ・インディア紙に「現代人は必ずしも祖先の失敗の責任を負うわけではない。もしキャメロン氏が謝罪していたら、謝罪要求が次々と出て悪い先例となっていたことだろう」とコメントしたそうな。まるで日本と韓国に皮肉を言っているような気がしたのは、私だけ? 確かに、日本の「謝罪&賠償」を繰り返す外交は、韓国の執拗な要求をエスカレートさせるだけで終わりがない。まさに「悪い先例」だったわけです。日本も、この辺で対韓外交を一変させ、英仏を見習うべし。


“恐喝国家”中韓と向き合うヒント 英仏の「謝罪しない外交」より抜粋
2013.03.10 ZAKZAK

 日本は中国や韓国に繰り返し過去を責められ外交上の大きな障害になっているが、英国やフランスもまた植民地統治という過去を背負う。昨年末から今年にかけてインド、アルジェリアで歴史にまつわる訪問をした英仏首脳は、非道を認めたが謝罪はしなかった。旧植民地側はこれを冷静に受け止め、実質的な関係を強化する約束を行っている。負の過去を絆に切り替えた外交は今後、多くの国々に影響を与えそうだ。(坂本英彰)

 キャメロン首相は2月に訪印した際、統治時代の虐殺事件の現場を英首相として初めて訪問した。1919年、集会の参加者に英軍が発砲し、数百人以上の死者が出た北部パンジャブ州アムリトサルだ。
 キャメロン氏は犠牲者を慰霊する碑に献花して頭を垂れ、「英国史において深く恥ずべき出来事。われわれは決して忘れてはいけない」と記帳した。

 記者らに謝罪の言葉がなかった理由をたずねられ、キャメロン氏はこう説明した。

 「私が生まれる40年以上も前に起こったことに、どう対処すべきなのか。当時の英政府はすでに正しく事態を批判し、(戦争相だった)チャーチル氏は『醜悪』と非難した。私がすべきことは歴史を遡(さかのぼ)って謝罪できることを探すことではなく、起こったことに敬意と理解を示すことだ」

 英紙ガーディアンは「虐殺への謝罪なきキャメロン氏が弁護」(電子版)との見出しで報じ、事件で曾祖父を亡くしたインド人男性の「恥ずべきことだというのなら、なぜ謝罪しないのか」という批判を取り上げた。一方、「現地で哀悼の意を示してくれたことは謝罪以上のものだ」という関係者の感想も紹介しバランスを取っている。

 アムリトサル虐殺事件は独立運動に火をつけた象徴的な出来事として、アカデミー賞映画「ガンジー」にも描かれた。英国は死者数を379人とし、後にインド側は1千人以上と修正している。

 英国とって忌まわしい地への「謝罪なき訪問」は、政治的に危険な賭けだった。1997年、エリザベス女王夫妻が訪れた際には、群衆から非難の声が浴びせられた。死者数が誇張されているとフィリップ殿下が発言したことに、強い反発が起きたのだ。

 しかし今回、キャメロン氏の慎み深い態度にインド社会は冷静だった。謝罪の有無についてもメディアがあえて話題にしたという程度にとどまった。

 キャメロン政権は昨年11月、インドへの財政支援を2015年で終了すると発表している。インドは長年にわたる最大の援助先だったが、宇宙開発も進める国に対する支援に英国内で批判が高まっていた。「援助は過去、これからは貿易だ」(クルシード外相)と前向きに受け止めたインド側の期待に応え、キャメロン氏は経済人ら過去最大規模の訪問団を引率。両国は共同声明で、原子力協定の交渉開始などを発表した。

 世界最大の民主主義国として急成長するインドと対等の関係に踏み出す旅で、アムリトサル訪問は過去へのけじめとして重要な意味を持っていた。

 「特別な関係」という対米関係だけに使われていた言葉をキャメロン氏は今回、インドとの関係に使ってみせた。植民地だった米国が旧宗主国をしのぐ大国になりながら強い関係を保っていることになぞらえ、他国が割り込めないインドとの絆を持ち上げたのだ。


 歴史学者のインド国立公文書館館長、ムシルル・ハサン氏は、タイムズ・オブ・インディア紙に、こうコメントした。

 「現代人は必ずしも祖先の失敗の責任を負うわけではない。もしキャメロン氏が謝罪していたら、謝罪要求が次々と出て悪い先例となっていたことだろう」

 開き直らず、卑屈にもならず、キャメロン氏はこの言葉を、インド側から引き出した。鋭敏な外交手腕を発揮したといえる。

 かつて大英帝国と覇権を競ったフランスも、旧植民地との関係の再構築を図っている。昨年12月、オランド大統領は独立50年を迎えたアルジェリアを訪れ、「132年間にわたって不公正で残酷なシステムを強いた」と植民地統治の非道や統治下で行われた虐殺の事実を認めた。「悲劇的な時も苦痛に満ちた時もあったが、歴史は語られなければならない」と謙虚だが謝罪の言葉はなかった。

 アルジェリアのブーテフリカ大統領はかつてナチスにもたとえてフランス治安当局による虐殺を非難したこともある。そんな厳しい言葉は影を潜めた。良好な関係を保つ方が、はるかに利益をもたらすからだ。

 この訪問で両国は「特別に強力な2国間関係の新しい章を開く」と宣言、防衛から文化に至る15項目で合意した。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する