駄文・散文帳
2013年01月24日 (木) | 編集 |


世界初、iPSから腎細胞…腎臓病治療に道 京大グループ
2013年1月23日 gooニュース

 ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から腎細胞を作り出すことに、京都大iPS細胞研究所(所長・山中伸弥教授)に所属する長船健二准教授らのグループが世界で初めて成功した。22日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに掲載された。作製した細胞を腎臓の5種類の部位に分化させることにも成功。これらを使って腎疾患などを再現できれば、世界中に多くの患者がいる腎臓病の治療薬研究に役立つほか、将来的には腎臓を作製(再生)することにもつながると期待されている。

 グループは、皮膚から作ったヒトiPS細胞に、腎細胞への分化を誘導するとみられる化合物と2種類のタンパク質を加えて培養した。10日目には全体の90%以上が、腎細胞の元になる「中間中胚葉」と呼ばれる細胞群になったという。

 さらに約2週間培養を続けた結果、尿細管など腎臓の一部になり、腎臓に分化する能力があることが確かめられた。マウスの体内に中間中胚葉を移植して培養しても、同様に腎臓の一部に分化した。

 さらに、中間中胚葉にマウスの胎児の腎臓細胞を加えて培養したところ、管状の器官が作られることも確認、立体的な腎臓の作製につながる可能性も確認できたという。

 今回、作製したのは、約20種類ある腎臓の部位のうち5種類だが、残りも作製可能とみており、部分的に腎臓に移植する細胞療法での活用も期待される。



昨日は何と言っても上のニュースがサイコーでしたね。世界初です。また、iPS細胞を用い、毛髪を作り出す組織「毛包」を部分的に再生させることに成功したそうです。「脱毛症の治療や、育毛剤開発につながる可能性がある」としています。
→ iPS、薄毛治療の可能性=毛髪組織を部分再生―慶応大


さて、サーチナというサイトでは、欧米や中国・韓国の人々のブログを紹介したり、各国の報道を紹介したりしています。国によって文化が違うのは当然ですが、外国の人に指摘されないと、自国の特有な文化に気づかない場合が多いかもしれませんね。


【仏国ブログ】フランスの絵本に登場する日本の光景とは?
サーチナ 2013/01/22

フランス人男性がブログ「J'AIME LE JAPON」で、フランスで有名なイラストレーター2人による、絵本で取り上げた日本の文化を紹介した。

  日本でも放映されているアニメ『ムークのせかいりょこう』の作者、マルク・ブタヴァンと、各国の学校についてエキゾチックなイラストと共に紹介する『Mes ecole du monde(世界の学校)』の作者、クレモンティーヌ・スルデの2人の絵本を取り上げた。

  筆者は、2人の作品から日本文化や学校の様子を垣間見ることができると、絵本のイラストをブログに掲載しながら紹介した。

  まず、前者の作品『ムークのせかいりょこう』の原作は、こぐまのムークが自転車で世界を一周していろいろな出会いを繰り広げる絵本だ。動物たちが桜の下で花見を楽しむ風景をはじめ、野球や相撲、空手、三味線、碁、折り紙、玄関先に並べられる靴など、日本ならではの光景が描かれている。

  一方、後者の著書『世界の学校』では、各国の学校の模様が描かれている。学校に歩いて行く国もあれば、ロバの背中や人力車に乗って国もある。また国語や計算を学んだり、時には裁縫や料理を学ぶ国などが表現されている。

  日本についても、独特の光景が紹介されていた。日本の小学校では一般的に制服がなく、学校内では上履きを履く。そして、靴は名札付きの靴箱にしまっておく様子が記されていた。

  筆者はこの絵本を見て、日本の漫画ではよく靴箱がラブレターを届けるために使われていたことを思い出したという。靴箱一つをとっても、靴が盗まれるため、公共の場に置いておかないフランスとの環境の違いを感じたようだ。

  日本の漫画を通して日本のことを知った筆者は、フランスの子ども向けの絵本で、日本文化や日本の学校の光景が紹介されていることに興味を抱いたようだ。

  筆者は自分の経験として「靴箱とラブレター」のエピソードを記述することで、自分自身は「日本の漫画で日本の知識を得た」ことを披露することになった。日本のアニメ・漫画文化が日本の社会や日本人の生活の様子を世界に紹介することで、大きな役割りを果たしていることが、改めて確認できた。

  アニメや漫画は日本人の手によるもの、筆者が紹介した絵本はフランス人の作。日本を紹介する“チャンネル”もかなり多様化しているようだ。



フランスでは、日本文化や日本の学校の光景などが登場する絵本があるそうです。フランスで有名なイラストレーター2人による作品だそうです。フランスでは靴が盗まれるため、公共の場に靴を置いておかないのですね。だから日本の学校なら必ずある靴箱が、フランスにはない。最近のテレビ番組では、中東の人が日本の学校の生徒が、小学生でもきちんと靴箱に靴を入れて校内に入ることを驚きをもって紹介していました。祖国のテレビで放映するために取材していました。外国の人にとっては、靴箱の設置や靴箱の使用が驚きなのですね。

フランスでは1999年から総合的な日本文化の博覧会Japan Expo(ジャパン・エキスポ)をパリ郊外で開催しています。漫画・アニメ・ゲーム・音楽などの大衆文化と書道・武道・茶道・折り紙などの伝統文化を含む日本の文化がテーマ。フランス人の手によって企画され始まったのです。嬉しいですね。
→ ジャパン・エキスポ

このジャパン・エキスポ、今年は米国進出をするそうです! 日本カルチャーに特化したイベントをフランス企業が米国で開催することになるのです。
→ フランス・ジャパンエキスポが米国進出 2013年夏カリフォルニアで開催


「キムチは知らない」欧州での認知度、寿司に完敗
中央日報 2013年01月21日

ドイツとフランスなど欧州人100人のうちキムチを知っている人は16人程度にすぎないと調査された。95人が知っている日本の寿司に比べ認知度は大きく下回っており、さらに積極的な広報が必要とみられる。

韓国メディアによると、世界キムチ研究所がこのほどドイツのベルリンとフランクフルト、フランスのパリで消費者1350人を対象にキムチの認知度調査を実施した結果、キムチまたはキムチチゲの認知度は16.1%と調査された。ベルリンが14.4%、フランクフルトが17.8%、パリが18.0%水準だった。ビビンバとプルコギの認知度もそれぞれ5.2%と4.6%水準にとどまった。

これに対し日本の寿司の認知度はベルリンが96.4%、フランクフルトが95.2%、パリが95.1%など平均95.2%に達した。タイのパッタイの認知度も30.2%に達しキムチより高かった。 

一方、キムチ宗主国を尋ねる質問には回答者の68.4%が韓国と答え、日本が9.6%、中国が7.9%などこれまでの懸念とは違い「キムチの世界化」において宗主国議論は大きい影響を及ぼさないと予想された。



トヨタ車、韓国カー・オブ・ザ・イヤーで3冠王に=韓国
サーチナ 2013/01/23

韓国自動車記者協会が主催する「2013年韓国今年の自動車(カー・オブ・ザ・イヤー)」が21日、ソウル市内で開催され、トヨタ自動車の「カムリ」が大賞を受賞した。授賞式に出席した韓国トヨタの中林尚夫社長は、「“真心は通じる”ということを実感した」とよろびを語った。複数の韓国メディアが報じた。

  同賞は今回で3回目を迎え、初めて輸入車が大賞に選ばれた。審査は2011年10月から2012年10月までに発売された国産車13車種と輸入車32車種を対象に実施。一時審査を通過した15車種の中から、「コストパフォーマンス」「性能」「デザイン」「安全性」「燃費」など6項目を総合的に評価した。

  協会によると、「カムリ」は総合78.75点でトップとなり、2位がBMW3シリーズ(77.74点)、3位が現代自動車の「サンタフェ」(75.74点)となった。トヨタはほかにも「カムリハイブリッド」がクリーンカー賞、「レクサスGS」がパフォーマンス賞を獲得。3冠王となった。

  中林社長は、メディアのインタビューに、「クリーンカー部門やパフォーマンス部門での受賞は確信していたが、グランプリは期待していなかった。涙が出た」と大賞受賞は予想外であったことを明かし、「2012年は“真心は通じる”ということを実感した1年だった」と話した。

  韓国メディアは、「韓国の自動車記者が評価する賞であることを考慮すれば、トヨタの3冠は異例だ」と考察。専門家から認められたトヨタが韓国消費者にも受け入れられるかどうか見守りたいと伝えた。



韓国のメディアは上記のような記事は珍しい方で、ほとんど知識不足や間違った知識で日本批判する記事が多い。また、捏造記事で日本たたきしている場合も多い。韓国は、火炎瓶やトラック突入など“反日テロ”から大使館(外国公館)を守るというのではなく、無許可・不法施設の慰安婦像の方を守るという非常識国家。先進国には程遠い国です。
→ ソウル・黒田勝弘 対日強硬派、解決阻む

中国の共産党政府の報道は別として、一般の中国人のブログや掲示板での書き込みは面白い。日本の高校サッカーを羨む声は昨年、韓国のサッカー関係者からもありました。また、中学・高校の部活を羨む声は、欧米でもあります。部活は日本特有のものらしい。
→ 「日本に生まれたかった!」 日本の学校の部活動風景に外国人感激


【中国BBS】日本の高校サッカーはすごい、なぜ学べないのか
サーチナ 2013/01/23

中国の掲示板サイト虎撲の掲示板に「中国はなぜ日本の高校サッカーに学ぶことができないのか?」というスレッドが立てられた。スレ主は第91回全国高校サッカー選手権大会決勝の動画を貼り付け、日本の高校サッカーを紹介したうえで、「なぜ中国は日本から学ぼうとしないのか」と質問した。

**********

  スレ主は、日本の高校サッカー選手権は4175ものチームが参加するワールドカップより規模が大きい大会であり、1チーム11人として計算しても高校生サッカープレイヤーが4万人以上もいると指摘。このような基礎があってこそ、日本は欧州で活躍するような選手を輩出できていると主張した。しかし、中国の多くの高校は進学率を上げるためにサッカーを禁止しており、これではサッカーが強くなるわけがないと嘆いた。

 スレ主の意見に対して次のようなコメントが寄せられた。

・「まず教育制度を改革しないとダメだな。できなければおしまいだ。お偉いさんたちはこれが中国的特色としか言えないだろうね」
・「われわれはただ文句を言うことしかできないからだ」
・「日本には学ぶべき点が数多くあるが、われわれは根本的な点から改善しないと意味を成さないだろう」

  など、サッカーを巡る構造だけでなく、根本的な問題を解決しなければ到底追いつけないといった声が多く寄せられた。ほかにも、「着実で堅実に物事を行う人が少なく、妄想型の指導者が多いからね」、「われわれは不真面目(ふまじめ)で、日本人は真面目だからだ」、「われわれは傲慢だからさ」などの意見もあった。

  また、日本よりも北朝鮮に学ぶべきだという主張や、中国人は学ぶのではなく猿のように演じてお偉いさんに見せているだけなのだ、というコメントもあった。



日本人はアジアのドイツ人、庶民は善良=中国版ツイッター
サーチナ 2013/01/23

広東省広州市に住むという余英さん(ハンドルネーム)は20日、「本当は日本人が嫌いじゃない」と、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で主張した。特に、しっかりした教育を受けた日本人は「アジアのドイツ人」と言えると評価した。普通の庶民も善良と考えているという。

 余さんが特に好きなのは、しっかりとした教育を受けた日本人だ。「アジアのドイツ人」と言ってもよいと評価。苦労に耐え、理性的で冷静、厳格で秩序を重んじるからという。

 普通の庶民も大部分は清潔さや礼儀を大切にして、物事にまじめにこつこつと取り組むと指摘。いわゆる「日本の極端な右翼」は恨んでも余りあるが、「普通の庶民は善良であり、知識人には良心がある」との見方を示した。

 寄せられたリツイートにも、日本人を評価したり、日本人と冷静につき合うべきとの意見が比較的多い。「日本国民の民度は、中国人にとって学ぶに値するものだ」、「私は日本関係の仕事をしている。くだらない奴も多いが、礼儀をわきまえ他人を尊重する日本人も多い。中国人と同じなのだよ。両国が平和に過ごせれば、米国がしゃしゃり出ることもない」などの書き込みがある。

 「日本人から見た中国人は、中国人から見た朝鮮人(北朝鮮人)と同じ」との指摘もある。「選挙権もない人民で、長年の間反日教育を受けていた。国内に矛盾があると、日本に矛先を持っていく」との意見だ。「日本人の中国人観」についての分析であり、中国人自身による自国批判とも読める。

 日本人を非難する書き込みも少なくはないが、「私が日本人の悪口を言っていた時には、君たちよりももっと激烈にやっていた。でもいい加減なことを言っていた。理性がないという病気だった」などと自分の経験を述べ、一部の日本人を非難するのはよいが、日本人全体を悪くいうのはおかしいとの考えを示したユーザーもいる。

 中国人の「日本人観」は複雑だ。歴史的には「中華文明の周辺にある小国」に過ぎなかったはずなのに、近代以降は急速に発展した。日本製品や日本人の仕事ぶりは認めざるをえない。中国を侵略してありとあらゆる残虐行為をしたはずなのに、現実の日本人は礼儀をわきまえ、相手の立場を尊重する人が多い。余さんへのリツイートとして「日本人の悪口を言っている人は、現実に日本人と接触したことがないのだろう」との一文も寄せられた。

 余さんは広州市在住の男性建築家。広州国際エキシビジョン・センター、オペラハウス、大学、瀋陽図書館、オリンピックセンターなどのコンペティションや建設に携わったことがあるという。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する