駄文・散文帳
2013年01月14日 (月) | 編集 |

ミミ




米“最強戦闘機”で尖閣防衛! 切り札F22を沖縄に配備
2013.01.12 ZAKZAK


okinawa.jpg
嘉手納に配備される最強のステルス戦闘機F22


沖縄・尖閣諸島をめぐり中国の挑発が続く中、米空軍は11日、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に今月中旬から4カ月間にわたり、米バージニア州ラングレー空軍基地所属のF22ステルス戦闘機と約300人を暫定配備することを明らかにした。世界唯一の「第5世代戦闘機」が中国ににらみをきかす。

 中国は11日にも国家海洋局所属の航空機1機を日本の防空識別圏に進入させた。軍事的緊張が高まる中、尖閣防衛の切り札F22が再び沖縄に配置される。

 沖縄防衛局によると、F22は12機が派遣され、到着は14日ごろ。F15戦闘機約50機が常駐する嘉手納基地の第18航空団の指揮下で訓練を実施するとしている。

 嘉手納には2007年以降、F22が数カ月単位で暫定配備されており、今回で7回目。米軍は「アジア太平洋地域に最新鋭の装備を投入する」(カーター国防次官)との方針で、いずれは嘉手納に常駐するという見方も強まっている。

 レーダーに映らず一方的にミサイルで攻撃を仕掛けられるF22は別名「航空支配戦闘機」。過去の演習では1機も損害を出さないでF15など第4世代機144機を“撃墜”した。中国空軍の主力戦闘機で同じ第4世代機のJ10(殲10)やJ11(殲11)をはるかに上回る戦闘能力を持つ。

 領土拡張の野心を隠さない中国に対し、鉄壁の守りが備わりつつある。



日本周辺の安全保障環境が厳しさを増す中で、「米軍嘉手納基地に今月中旬から4カ月間にわたり、米バージニア州ラングレー空軍基地所属のF22ステルス戦闘機と約300人を暫定配備」というのは心強い。

安倍政権は中国の海洋進出に対する懸念して、さまざまなルートから対策を練っているようで、北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長に、河井克行衆院外務委員長を通じて親書を送るらしい。また、岸田外相は10日、訪問先のフィリピンでデルロサリオ外相と会談し、海上安全保障の連携を強化することで一致(連携強化策として、フィリピン沿岸警備隊への巡視船供与などの協議を加速させることを確認)しました。フィリピンには巡視船十隻を供与することが決まりました。ちなみに、フィリピンからは「日本が防衛力強化のために改憲が必要なら反対しない」という声援が上がっています。

年初には麻生副総理兼務財務相がミャンマーへ行き、過去累積の貸し付け(円借款)5000億円のうち、3000億円をチャラとして、そのうえ残金2000億円も邦銀に帳簿を移し替えました。新たに500億円の円借款を供与し、ミャンマーに最大の工業団体を造成するのだそうです。

さらに、北朝鮮も昨年2度にわたり事実上の弾道ミサイル発射を強行したことなどを踏まえ、2013年度予算の防衛関係費について、11年ぶりに対前年度比で増額する方針を固めました。増額は1000億円を超える見通しで、新型レーダーの研究などに充てられる。防衛政策を抜本的に見直すのは当然ですね。

そして、安倍首相は16日から19日まで、ベトナム・タイ・インドネシアを歴訪することが決まりましたた。

→ 中国の進出懸念…首相、NATO事務総長に親書
→ 防衛費11年ぶり増額へ…中国の領海侵犯受け
→ 海上安保の連携強化で一致…日比外相が会談


さて、日露関係についても考えたい。ちなみにロシア人は韓国人のような反日ではありません。非常に親日です。


森元首相を担ぎ出す北方領土交渉より一部抜粋
2012年12月24日 「外から見る日本、見られる日本人」

外務省ロシアスクールと称する当時のロシア専門部隊は田中眞紀子氏が外務大臣の時、および、2002年の鈴木宗男事件で一掃されたとされています。当時のロシア交渉で前面に立っていたのが政治家では鈴木宗男森喜朗で外務省は東郷和彦、佐藤優といった布陣でした。戦後の中ではどう考えてもその頃が北方領土返還交渉が進んだ時期にあったと思いますが、田中氏らがぶち壊したのは周知の事実です。

さて、私は北方領土交渉に関しては近いうちに動くと以前このブログで書かせていただきました。今でもそう思っております。そしてボールはどちらに投げられているかといえば日本にあると考えています。

ロシア側は歯舞、色丹は返還するつもりがあるので最近の国後、択捉でのインフラ拡充に対して明らかに手を抜いている状況にあります。その二島を先行返還とみなすのか、これで打ち止めとするのかの解釈上の問題では揉めているわけですが、私は打ち止めのニュアンスが近いと思っています。二島ならば国土面積を考えれば7%しかないのですが、海を考えた場合、40%以上にはなる(境界線の引き方でぶれます)ため、漁業上はメリットがあるとされています。

森元首相にどんな土産を持たせるかが最大のキーポイントになりますが、私ならウラジオストックのLNG基地の開発促進協力と天然ガスの将来の購入のコミットメントではないかと思います。今の状態ならばLNG基地完成は2017年ごろとされ、アメリカ、カナダに先を越される可能性が高いのです。そのため、少しでも良いディールをするには一日でも早い完成が求められるということです。

あとは日本側の政治力と外務省の交渉能力次第ですが、四島返還論をいまさら出しても100%解決する見込みはなく、国後、択捉をどう、ポジショニングするかが唯一の交渉余地だと思います。では時が来るまで待つか、という選択肢については、見方を変えれば決められない政治家の判断という言い方も出来ます。歴史に残るかもしれない汚点となれば誰でも嫌なものです。

しかし、たとえば日米安保の際の岸信介元首相は当時国民から本当に睨まれましたが結果としては安保があったからこそ、日本は世界第二の経済大国になれたわけで評価は時代と共に変わってくるのです。

そこを踏まえれば森さんは既に議員もお辞めになっていますから思い切った判断と突っ込んだ交渉が可能ではないかと思います。期待しております。



アメリカと中国、その間の日本より一部抜粋
2012年11月13日 「外から見る日本、見られる日本人」

尖閣の二度の問題で日中間の関係が冷え込みましたが、今後も当然ありうる、という想定は必要でしょう。そこで日本がもし、外交的にその打開策を見出したいのなら、ロシアと接近するという手があります。事実、なにやら外務省ではその動きを見せているようですが、私は北方領土問題を含め、何か「動く」ような気がしております。とても匂うのです。

結論からするとアメリカと中国は一定の緊張感の中で経済、外交を含め、表面的には繕う政策が続くのではないでしょうか?一方、大国の間に挟まれたGDP世界第三位の日本は主ではなく従となり、結果として日本は経済的打開策をロシアや東南アジア各国に求めていくことになると考えるのがナチュラルです。その場合、日本は誰が守るのか、という部分が抜け落ちています。これは日米安保に頼るしかないわけで日本はアメリカに従の関係を持ち続けることで変わりはないということになるのではないでしょうか?



北方領土問題を語るとき、やはり日本の敗戦が原因であり、ロシアの行為は火事場泥棒であることを抜きには考えられません。ロシアの行為は理不尽だし、国際法に違反しているのは明らかでも、日本が戦争に負けたから仕方がないとも言えます。東京裁判一つとっても喧嘩両成敗なんて通用しなかったわけで、敗戦国は戦勝国の思い通りにされてしまう。

1952年サンフランシスコ講和条約発効により、日本は独立を回復し、同条約にしたがって南樺太・千島列島の領有権を放棄しました。千島列島をソ連(ロシア)はクリル列島と称しています(色丹・歯舞を合わせて小クリル列島といい、国後島までを大クリル列島と言う。小クリル列島と大クリル列島を合わせてクリル列島と言う)。

占領は連合軍にしたがって行われ、日本政府は竹島・琉球・千島・歯舞群島・色丹島・南樺太などの地域における行政権の行使を正式に中止させられました。その直後、ソ連は占領地を自国の領土に編入しています。サンフランシスコ平和条約に調印していないソ連が占領した島々を、ロシアが現在も実効支配しているのです。日本は、千島列島の範囲が明確になっていないサンフランシスコ講和条約でソ連の調印のないまま千島列島を放棄しました。アメリカ全権のダレスは歯舞群島は千島に含まないとするのが合衆国の見解とし、連合国内で合意をみない旧日本領土の最終処分については22条に基づいて国際司法裁判所に付託することができるとしたのです。つまり、ロシア(旧ソ連)による南樺太・千島列島・色丹島・歯舞群島の領有は否定されているというのがサンフランシスコ講和条約を批准した日本など46カ国の立場。

しかし、日本がこの条約に違反した場合の罰則も規定されていて(第26条)、米国は、日本がソ連との間で色丹・歯舞の二島返還で妥協しようとした際、その26条を根拠として沖縄の返還に難色を示したと言われています。現に1956年ロンドンの「重光葵外相・米ダレス国務長官」会談で、ダレス国務長官は二島返還で妥結することをきびしく禁止し、四島返還を主張しないならば、沖縄の返還も無いと指摘しました。米国としては米ソ冷戦が深まる中で日本とソ連が接近すること、特に平和条約を結んで日ソが国交を回復することは防がねばならなかったのでしょう。


ロシアは日本に近づくか?より一部抜粋
2012年10月05日 「外から見る日本、見られる日本人」

北方領土問題解決のためにロシアと経済関係を拡充すればアメリカスクールはまず良い気持ちはしません。なぜならシェールガスを通じた日本向けガス輸出のライバルとなるのみならず、アメリカの天敵であるロシアと日本が仲良くすれば日米安保との絡みも出てこないとは限らないからです。

ならばその逆手でロシアと経済パッケージと引き換えに歯舞、色丹の即時返還と国後、択捉の共同統治案で一旦幕引きを図り、3年後に始まるアメリカとの天然液化ガスの取引に傷をつけないという考え方もあるはずです。更に、日本側はカナダとの外交を密着化させカナダ産天然ガスの取引と天秤にかけディール上手な外交を進めてみるというアプローチもあるかと思います。



また、終戦直後にソ連のスターリン書記長は米トルーマン大統領に、北海道を南北に分割して北半分をよこせと要求しましたが、日本をドイツのようにしたくないと思っていたトルーマンはこれを拒否し、その代わりに北方4島を与えたと言われています。つまり、北方4島はソ連が侵略したのではなく、米国が戦利品としてソ連に与えたわけで、日本は4島を失ったけれど、引き換えに北海道の南北分割を避けられたとも言える。

結局、北方領土をソ連に与えたのも、返還交渉を難しくしたのも米国。米国によって今もなお、領土問題は牛耳られているのです。それは、日本の外務省が頑なに4島一括返還以外はあり得ないという姿勢を崩さないことからも窺えます。4島一括返還では、たぶん永久に解決しないと分かっていてもです。竹島だって米国の態度次第で日本に戻ってくる。日本が、よほど上手く外交手腕を発揮しない限り、領土問題は有利に解決しないのです。

参照:「サンフランシスコ平和条約の盲点」 「日ソ国交回復秘録」 「『月刊日本』9月号」


北方四島返還要求の原則を崩すな
外交評論家 産経新聞元モスクワ支局長 澤英武氏
2013.1.12 MSN産経ニュース

昨年3月、大統領になる前のプーチン首相は会見で、得意の国際柔道用語「ハジメ」「ヒキワケ」を使って、日本に平和条約交渉再開を呼びかけた。日露の代表を対決させ、プーチン主審が「ヒキワケ」を宣言する、という筋書きだ。早速日本では、プーチン氏の意図を勘ぐる騒ぎになった。一見、公平に見えるいかさま審判なぞ無視しておけばいいのに、見事にはめられている。

 森喜朗元首相は9日、BSフジの番組で、プーチン氏の「ヒキワケ」発言の真意を聞いてみたいと述べる一方、自らの考えとして、歯舞、色丹、国後の3島返還という解決案を示した。首相経験者たる人物の発言として聞き捨てならない。

 プーチン大統領の今の心情を想像してみる。1世紀近く、社会主義世界のリーダーだったソ連が弟分だった中国に抜かれ、逆に見下されている屈辱。人口わずか1億4千万人のロシアが世界一広大な面積を持て余している上、隣接する13億の中国人の“浸透圧”がシベリア極東地域を脅かしつつある恐怖。シベリアの大地とその資源が、中国人と中国資本に乗っ取られる前に、日本、アメリカなど西側の人材、資本、技術で固め、確保したいとの切望。それらが大統領の焦燥感を高めているだろう。

 平和条約交渉で、日本から妥協点を探る必要は全くない。安倍晋三首相は「北方四島の返還要求」を崩さず、ロシアからの提案を待つ姿勢を貫くだけでよい。待つことで、日本に時間の制約も、損失もない。

 北方四島を交渉で取り戻すのは容易ではない。だからといって、3島や3・5島で妥協しようとする考えは、「法と正義」の原則に立って北方領土問題を解決すべきだ、と明記した1992年のミュンヘン・サミットの政治宣言などを日本自ら破る行為である。

 ソ連は第二次世界大戦での日本降伏後に、日本固有の領土である「北方四島」に侵攻、勝手に自国領に編入した。連合国の中で、侵略によって領土を拡張している唯一の国なのである。

 2000年にプーチン大統領が登場するあたりから、日本政府の北方四島返還の要求が揺らぎ始め、歯舞、色丹の「2島先行返還」論が浮上した。森首相が退陣して小泉純一郎首相の時代に消えた論議は06年、第1次安倍内閣時代に形を変えて再浮上した。国会での質問に麻生太郎外相は、「北方四島の全面積の2等分」という観点をめぐり、歯舞、色丹、国後3島では足りず、択捉島の25%を加えて半分になる、と答えた。

 ロシア側は当然のことながら、公式の場での外相発言を、「日本が北方四島返還要求を後退させ、分割交渉を示唆した」と受け止めた。外務省幹部は発言は単なる数字の問題であり、従来の立場は変わらないと否定したが、失態である。

 当時、麻生外相を支えるべき外務次官は谷内正太郎氏だった。同氏はその後、新聞インタビューで「3・5島の返還でもいい」と答えている。外務省のトップが、不法に占領されている領土の回復を、「びた一文譲れない国家の尊厳」の問題と考えていないとすれば、省全体も同じ認識に立っているとの疑念がわく。

 安倍首相は来月にも、プーチン氏と親しい森元首相をモスクワに送る。プーチン大統領は「北方領土」で変化球を投げれば、日本が飛びついてくることを知っている。疑似餌だけで、日本を釣る算段だろう。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する