駄文・散文帳
2012年08月30日 (木) | 編集 |


小沢氏「韓国人の恨み慰める」「竹島領有権放棄」を李大統領に伝える 韓国紙報道
2012.8.30 産経ニュース

30日付の韓国紙、東亜日報は「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が2009年12月、民主党幹事長として訪韓した際、李明博大統領との会談で、自身が首相となれば竹島(韓国名・独島)の領有権を放棄すると発言していたと報じた。会談に携わった外交筋の話としている。

 報道によると小沢氏は李大統領に「日韓関係改善のためには韓国人の恨みを慰めなくてはいけない」として「(そのためには)竹島問題解決が最優先だ」と強調。そのうえで「日本が領有権主張を中断し、韓国の領有権を認めなければならない」との持論を展開。「(自身が)首相になればそうする」と明言したという。小沢氏はまた、日本側の竹島領有権主張の目的について「漁業に関連している」とし、竹島の領有権放棄の代わりに竹島周辺海域での日本漁船の活動の保障を要求したとしている。



小沢一郎氏が総理大臣にならなくて良かったですね。東亜日報系のテレビ局「チャンネルA」でも、「自分が総理になれば(竹島の)領有権を放棄する」と述べていたと報じたそうです。

小沢氏は、この韓国の報道について「私は記者会見などで尖閣諸島と竹島はわが国固有の領土であるということを何度も申し上げている」と述べ、報道内容を否定しているようですが、「竹島領有権放棄」発言を本当に否定できるのかどうか。発言したのではないかという疑惑は残る。「言ってない」とは言ってないわけで。

2008年、民主党幹事長として訪韓した小沢氏は、李明博次期大統領(当時)がパチンコ産業への規制強化の影響から在日同胞が苦境にあるという話をしたとき、「帰国次第、民団側に話を聞いてみたい」と応じていたそうな。私利私欲のためなら国益なんてどうでもよいらしい。

朝日新聞にも「竹島を日韓の共同管理にできればいいが、韓国が応じるとは思えない。ならば、いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する」なんて妄言を書いた男がいました(現主筆の若宮啓文氏)


ともあれ、韓国政府は30日、竹島の領有権が日韓のどちらにあるか、国際司法裁判所に審理を任せるとの日本政府の共同提訴提案を正式に拒否する外交文書をソウルの日本大使館員に手渡しました。これによって、日本側は裁判による決着を韓国が拒否したことを国際社会に訴え、竹島の領有権問題を「紛争」と印象付ける模様。


国際法的な検証で不利 共同提訴に応じぬ韓国の事情より抜粋
2012/08/22 イザ!(産経新聞)

 韓国側は「わが国の領土であり提訴する理由がない」としているが、韓国が法廷闘争を嫌うのは国際法的検証に耐える根拠が薄いため-との見方も出ている。

 竹島領有の根拠に韓国側は15世紀の文献「世宗実録」地理志を援用。「于山(独島)・武陵(鬱陵)の2島が相互に眺望でき、鬱陵島住民は独島が鬱陵島に帰属すると認識していた」と主張している。また「石島(独島)を鬱陵郡の管轄下に置く行政措置を取った」とする1900年の大韓帝国勅令を挙げている。

 だが、現存史料などを踏まえた第三者の検証に付した場合、「于山島は竹島ではなくむしろ鬱陵島を指すものと評価される可能性が高い」と日本側の専門家はみている。また勅令にある「石島」が竹島を指すならばなぜ、勅令で「独島」や、その旧称だとされる「于山島」の名を用いなかったのか疑問が残り、韓国側の説得力は削がれる。

 韓国では竹島の島根県への編入が1905年だったことが、「独島死守」の強い動機となっている。

 この時期は、韓国政府が日本政府の外交顧問受け入れを定めた第1次日韓協約(1904年)の後で、日韓併合の5年前。韓国では「日本による本格的侵略の前段階」だったとの認識が根強く、竹島を自国領だとする日本の主張に対しメディアや政治家らは無条件に「侵略の歴史を反省していない」と反発している。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する