駄文・散文帳
2012年07月07日 (土) | 編集 |
麻生太郎元首相が、小沢一郎氏らの新党について「国民の生活が第一という新会派だそうだが、『選挙が第一の党』という政党名の方が現実的ではないか」と皮肉ったそうです。まさに、「国民の生活が第一」なんて当たり前のことで、政策でもなんでもない。国民をバカにしきった言動。だから小沢新党にほとんどの国民は期待していません。

2ちゃんねるでは、「いっそ小沢新党と公明・社民・民主左派・自民左派がくっついてくれれば、ある意味分かりやすくて助かる」などと言われるほど旧自民的な公共事業・バラマキ型政治と社民的な政策が近いということでしょう。

民主党は消滅し、旧自民党と現自民党に分かれたのです。

しかし、いまさら輿石東幹事長が民主党岩手県連所属議員に、「小沢さんたちとは同じ道を歩んでいる。われわれが原点に戻れば、また一緒にやれるときが来る。引き続き小沢さんたちと連携しながらやっていくことを考えてほしい」と述べ、小沢新党との連携も念頭に活動するよう求めたそうです。輿石氏は今も昔も一貫して、自分の権力維持しか考えていないことだけを誇示する稀有な政治屋。権力欲を露骨に誇示する点が稀有。普通は取り繕う。この期に及んでもなお、権力維持のために、小沢氏や鳩山元首相に寄り添っていたいらしい。消費増税法案に反対して党員資格停止6カ月の処分となった鳩山元首相について、処分中に衆院選があっても「公認にならないことはありえない」などと明言してしまう。こういう幹事長発言こそ有り得ない。鳩山元首相は、これを機に政治家を引退すべきで、それでも遅いくらいです。しかも、脱税疑惑や「日本人拉致事件容疑者親族の政治団体への献金問題」などの金銭問題が多々あり、元首相でなかったら(あるいはセレブでなかったら)、とっくに引退させられていたはず。次の衆院選では落選させたい政治家トップでしょう。


経済や外交のことを考えたら、政権与党が足踏みしていられる状況ではありません。3日に北方領土の国後島訪問を強行したロシアのメドベージェフ首相は、「一寸たりとも領土は渡さない」と述べるなど日本を意識した発言を連発。また、ツイッターに「国後島はロシア最果ての地」などと投稿しています。もっともロシアの読者らは「これ(舗装路)もすぐに(手抜き工事で)崩れるのではないか」「島々は2500億ドルで売るべきだ。モスクワでさえきちんとできないのに太平洋でどうする」などと様々なコメントで反応しているらしい。ま、ロシアは領土問題で早く日本と決着をつけ、極東の経済開発などで日本の協力を期待しつつ煽っているのでしょう。ロシア側は2島返還で手を打ちたいのか。プーチン氏は大統領1期目の2000年9月、平和条約の締結後に色丹、歯舞の2島を引き渡すとした日ソ共同宣言(1956年)を有効だと確認。日本側も、ロシアとの関係改善が中国への有効な牽制になるので早期の決着に期待はしたいが、2島では手を打てない。しかし、ロシアと中国の間を流れるウスリー川に浮かぶ大ウスリー島については、島の半分をロシアから中国へ譲り渡すことで、国境問題は全面的に解決しました(2008年)。1969年には軍事衝突まで起きたのですが、経済的に余裕が出てきた両国は解決しました。日本は妥協を許さずロシアと交渉し続けてチャンスを待つのか、2島で折り合いをつけるのか。ソ連崩壊というチャンスをもモノに出来なかった日本が再び、いつ訪れるか分からない次のチャンスを待つというのも悠長な話。いくら主張し続けることが大事とはいえ…。
「国後島はロシアの地」 露首相、就寝前にもツイッターにつぶやき


野田内閣、尖閣諸島を国有化する方向で調整 石原都知事に伝える
フジテレビ系(FNN) 7月7日

野田内閣は、尖閣諸島を国有化する方向で調整に入り、政府高官が6日、購入を検討している東京都の石原知事と会談し、国有化の方針を非公式に伝えた。
日本の固有の領土である尖閣諸島をめぐっては、中国や台湾も領有権を主張する中、4月に石原知事が東京都として地権者の同意を得たうえで、島を購入する方針を表明していた。
こうした動きを受け、野田内閣は、尖閣諸島を国有化する方向で調整に入り、6日、政府高官が石原知事と会談し、国有化の方針を伝えた。
政府は、国有化を慎重に進める考えだが、東京都との調整の難航や中国側の反発も予想され、実現には紆余(うよ)曲折もあるとみられる。

   

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する