駄文・散文帳
2012年05月27日 (日) | 編集 |


片山さつき氏、吉本興業に「『はぁ?』という感じの返事をされた」より抜粋
livedoorニュース 2012年05月21日

吉本興業所属のお笑い芸人、次長課長・河本準一の母親が生活保護費を受給していた問題が世間を騒がせている中、吉本興業の対応がネット掲示板で物議を醸している。

20日、テレビ朝日「サンデースクランブル」に片山さつき氏がVTRで出演した際、吉本興業に「(生活保護)は生きるか死ぬか(の人)がもらうものなんですよ。それは違うんです」と説明したところ、「『はぁ?』という感じの返事をされた」と証言した。

あくまでも片山さつき氏の証言によるものだが、これが放送されるとネット掲示板では「国民の税金をなんだと思ってるんだ」「他の吉本芸人も調べろよ。この反応からすると他にもゴロゴロいるのでは?」など、吉本興業へ怒りの声が相次ぎ寄せられた。



ネットでは以下のような疑問や批判が見受けられました。

■吉本がここまで河本を守る理由は?
■吉本が芸人に不正受給を推奨してたりしてな
■まさか吉本が不正受給の指南してませんよね?
■吉本は薄給の芸人の給料を、生活保護で補填していると思われても仕方がないね
■自分ところの芸人を使って貧困ビジネスしてそうだと思われても仕方がないよな。
■やっぱり吉本が組織的に生活保護受けさせてたんかな。
■吉本って詐欺の共犯だったんだ
■吉本芸人の安月給自慢は家族の生活保護不正請求で成り立っていた!?


河本準一さんは、母親の生活保護受給問題について自身のツイッターのプロフィル欄に掲載していた「人の嫌な事を生きがいにしてる人達がどうか無くなりますようになぁ。」という挑発的な文言を削除し、「次長課長の河本です。」というシンプルなものに変更したという経緯がありました。悪いことをしたとか、「めちゃくちゃ甘い考えだった」などという認識は、実はなかったし、今もないのではないか。運が悪かった程度か。

河本さんの謝罪会見で「母親以外にも受給を受けている親族はいるのか」との質問に、渡辺弁護士が「大変申し訳ないですが、親族の生活状況はきわめて個人的な話になるので、お答えを控えさせていただきます」と述べ、河本さん自身の口から「いません」とキッパリ否定する返答がなかったことも印象が悪い。だから週刊誌に「伯母」も「姉」もなどと書かれるのではないか。

また、世耕弘成・片山さつき両参議院議員を批判し問題視しているキャスターなどいますが、言語道断。国会議員として、やるべきことをやっているだけでしょ。
   

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する