駄文・散文帳
2012年05月12日 (土) | 編集 |


「世界に良い影響」日本トップ…BBC読売調査
2012年5月11日 読売新聞

 英BBC放送が読売新聞社などと22か国で共同実施した世論調査によると、日本が「世界に良い影響を与えている」という評価は58%で、「悪い影響を与えている」は21%だった。

 調査は、国際社会に影響を及ぼす16か国と欧州連合(EU)の評価を聞いたもので、「良い影響」は日本が最も高く、ドイツ56%、カナダ53%、英国51%などが続いた。

 日本が1位になったのは、ドイツと並んでトップだった2008年以来。約1年前の前回調査ではカナダ、EUと同率で3位だった。日本への評価をみると、中国と韓国を除く20か国で「良い影響」が「悪い影響」を上回っている。

 「良い影響」で前回1位のドイツが2位、EU48%(前回3位)が6位に後退したのは、欧州の財政・金融危機が影響したとみられる。中国50%は5位(同9位)に上昇した。「悪い影響」は、イラン55%、パキスタン51%、北朝鮮、イスラエル各50%などの順に高かった。調査は昨年12月から今年2月にかけて面接または電話方式で実施、計2万4090人から回答を得た。読売新聞社は日本国内分を担当した。



英BBC放送が毎年実施している「世界に良い影響を与えている」という評価で、日本は単独で1位だったり、カナダと並んで1位だったり、ドイツと並んで1位だったりと、いつもトップクラスにいます。昨年は東日本大震災の直後の日本人が、沢山の国々から称賛されました。また、日本文化や日本食も人気があります。

→ 2005・2006・2007年度
日本の世界一
→ 2006年度
世界の中で高い評価を得た日本
→ 2008年度
「世界に良い影響を与えている国」 1独 2加 3英 4日
→ 2009年度
「世界に良い影響」日本2位…BBC・読売調査
→ 2010年度
ドイツ1位、日本4位、中国8位 世界に良い影響を与えた国アンケ

昨年は、こういう調査結果もありました。


米消費者の自動車信頼度 日本車が1~9位席巻
聯合ニュース 2011/10/26

米消費者団体専門誌「コンシューマー・リポート」が25日(日本時間26日)に発表した消費者が選ぶ自動車ブランド信頼度調査で、日本ブランドが1~9位を席巻した。

 トヨタ自動車の若者向けブランド「サイオン」が昨年に続きトップを獲得した。「レクサス」、「アキュラ」、「マツダ」、「ホンダ」、「トヨタ」、「インフィニティ」、「スバル」、「日産」が続いた。10位はスウェーデンの「ボルボ」だった。現代自動車は11位、、起亜自動車は12位だった。

 年に1度発表されるランキングは、2002年型から2011年型モデルの自動車を所有する消費者130万人に実施したアンケート調査をもとに専門家らが順位をつける。評価対象は28ブランド。

 米国ブランドは苦戦を強いられ、クライスラーの「ジープ」の13位が最高だった。「フォード」は昨年10位から20位に転落した。

 米国車は97車種中62車種で平均点を上回ったが、日本車は91車種のうち87車種で平均を上回った。個別の車種でも日本車に対する米国消費者の評価が依然飛び抜けている。

 現代自動車と起亜自動車はそれぞれ6気筒の「サンタフェ」と「ソレント」を除いた全車種で平均点を上回った。



こんな調査結果もありました。


日本人は「最良の観光客」 英社が認定、最悪は仏
2007/05/23 共同通信

 【ロンドン23日共同】オンライン予約専門の英大手旅行業者が23日に発表した調査結果で、日本人が「世界最良の観光客」と“認定”された。「礼儀正しさと整然とした様子」などが総合的に評価されたという。PA通信が伝えた。  一方、全体で「最悪」とされたのはフランス人。フランス語に固執、現地語を話そうとしない態度などが「無礼」で「寛大さが欠如している」とされた。  調査は、欧州のホテル経営者ら約1万5000人が対象。日本人は「態度、行動」でも評価されたほか「もの静か」と判定され、総合でトップ。後は米国人、スイス人の順。最悪ランキングではフランス人、インド人、中国人、ロシア人と続いた。

   

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する