駄文・散文帳
2011年09月09日 (金) | 編集 |
前回のエントリーでは、「戦後の日本をだめにしてきたのは、自民党にもいる反日議員と官僚・識者・マスメディア」であると述べましたが、今回も奇妙な反日左翼の言動を取り上げてみました。


民主党入りするという辻元氏と怒りの福島氏に関する雑感
産経新聞・政治部首相官邸キャップ・阿比留瑠比 2011/09/09

社民党を離党して無所属となっていた辻元清美前首相補佐官が、民主党入りするようですね。既定路線ともいえますが、昨日の記者会見で社民党の福島瑞穂党首がお怒りでした。ご自身も、鳩山内閣で閣僚だったくせに、よく言うよ、という気もしますが。

福島氏 先日沖縄に行ったら、沖縄のその場にいた女性たちと話をしていたら、彼女たちの方から辻元さんの話になった。「一生懸命応援して支援したのに裏切られた」と言って皆さんとても激怒していた。それは沖縄の女性たち、基地の問題、いろんなことについて裏切られたというので大変激怒をしていた。私はその通りだというふうに思う。

応援してくれた人や支援してくれた人や平和や基地で頑張るということを応援した人たちを裏切っていくことが、それは本人にとっても、1人の政治家としてもいいことではないと思う。だから理念よりも権力に近寄るという方を選択するというふうに思っちゃうんですね。でも理念はやはりとても大事で、平和とか基地とかいろんなことはとても大事なわけで、そう思う。

 私は彼女の一番いいところは権力に切り込んでいくところだというふうにずっと思っていた。その一番いいところを売りさばいてしまったら、本当にいいところがなくなっちゃうじゃないか。



 ……でも、旧社会党から民主党に鞍替えして栄耀栄華を楽しんでいる人は別に珍しくありませんから、辻元氏としては「私だけじゃない」と言いたいところでしょうね。だって、今をときめく輿石東幹事長横路孝弘衆院議長も、鉢呂吉雄経済産業相も仙谷由人政調会長代行も赤松広隆元農水相も細川律夫前厚生労働相も松本龍前復興担当相も大畠章宏前国土交通相も岡崎トミ子元国家公安委員長も千葉景子元法相も、みんな社会党出身ですし。

 まあ、民主党は派閥の跡目争いに敗れた自民党旧田中派の面々と、それと地下茎でつながっていた旧社会党から逃げ出した連中が中心となってできているような党ですからね。こんなものでしょう。

とはいえ、将来は首相を目指すという辻元氏という人が、かつてどんなことを述べていたかを知っておくことは無意味ではないだろうと思います。そこで、辻元氏が村山富市元首相をインタビューする構成の「そうじゃのう… 村山富市『首相体験』のすべてを語る」(第三書館)から、いくつか言葉を拾ってみました。

天皇制について、私は個人的に反対。やっぱり抵抗があるというか、気持ち的に、何か天皇というのは……》(P65)

 《(村山氏が日米安保堅持と述べたことについて)でも、あれ、言い直したほうがよかったかもしれない》(P112)

《テレビで見ているほうは、やっぱり村山さんが自衛隊の前で敬礼とかしちゃって、私なんかすごくショックだったんです》(P123)

《私なんかが見ていたら、今、参議院に何期も通っていらっしゃる方とか、労組の上がりみたいに来ている方の中には、かえって世間知らずというか、自民党のほうがずっと市民的だったりするのにびっくりしたんですね》(P183)

 《この社会民主党という名前、私は好きなんです。社会民主主義にのっとった党ということで》(P215)

《なんか今では社民党のほうが新しい感じですけども。民主党のほうは労働組合が皆びたっとくっついている感じで、昔の社会党みたいな感じに私は受け取れるんですが》(P218)

《何もかも総花的に同意した風を装って(某民主党のように)見かけ上の統一を強調するのではなく》(P234)



自民党も人材不足は否めませんし、小選挙区制のもとでは難しいと分かっているものの、政界再編が必要だなあとそう感じています。



社民党を離党後、無所属で活動していた辻元清美前首相補佐官が民主党に入党し、次期衆院選では同党の公認候補として出馬する方針を固めたそうです。昨年7月に離党を表明したときに、社民党を離れようと思い立った動機について、次のように述べていました。

「今の日本の政治状況は非常に危機的で、私自身、かつて野党として批判や反対の急先鋒に立ってきたが、それだけでは日本を変えることはできない。政権の中で働く中で、今すぐにでもいろんなことを具体的に解決していく方向の政治を進めていきたいとの思いが強くなった

辻元さんは国土交通副大臣を務めていましたが、社民党が米軍普天間飛行場移設問題をきっかけに連立政権を離脱したのに伴って、辻元さん自身も副大臣を辞任。一度味わった権力の座に、もう一度就きたいらしい。そもそも国会議員として、批判ばかりしていては日本を変えることはできないと気づくのが遅すぎる。政治家失格でしょ。現実離れした主張ばかりしてきたから、社民党議員は国民に受け入れられないのです。さんざん「反対のための反対」「批判のための批判」に明け暮れてきた辻元さんが、社民党の連立離脱について、「小さな政党にとって政権の外に出たら、あらゆる政策の実現が遠のいていくことも心配でした」と、社民党の存在意義を否定しました。瑞穂さんが怒るのも当然ですが、ま、どっちもどっちですね。お得意の内ゲバ、大いにやって下さい。

ところで本日、鉢呂雄経済産業相は記者会見で、8日に視察した福島県の東京電力福島第1原発などについて感想を述べ、「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない『死の町』だった」と語ったのでした。この「死の町」という表現に配慮を欠くとの批判が噴出しています。また、報道陣の一人に防災服をすりつけるしぐさをし「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をしていたことも判明。昨年11月には、北朝鮮の韓国・延坪島砲撃について、「(北朝鮮の)砲撃戦は民主党にとって神風だ」と発言した人でもあります。アホか。こういう人を、原発を含めエネルギー行政を所管する経済産業省の大臣に任命した首相の責任を問わざるを得ない。
<鉢呂経産相>失言 福島「ふざけるな」「くだらない」の声
鉢呂経産相:『ゴースト・タウン』…発言は海外でも報道

左翼反日議員が多く入閣した野田内閣。今後、大臣の不用意な(実は本音)の発言が、続出することでしょう。かつて自民党が与党だったころ、一応「保守」を標榜する自民党にも、反日左翼思想の議員が紛れ込んで栄華を楽しんでいました。野中氏や河野洋平氏など…結構いましたね。

一川保夫防衛相は5日の記者会見で、就任直後に「安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と放言。こんな文民統制の意味や重責をよく理解しない大臣の下で、国家と国民の安全が守れるはずもなく…。この人は、昨年、石川県で開かれたタウンミーティングで、有権者に子ども手当を痛烈に批判された事に対して「子ども手当批判するなら、民主党支援してもらわなくていい。」と声を荒らげ、会場の空気を凍り付かせたのでした。

平野博文国対委員長は、臨時国会を4日間しか開かない理由を野党から聞かれ、「今の内閣は不完全で十分な答弁ができないから」と言い訳。「不完全内閣」…。

反日左翼議員の多い野田内閣の下では、ロシアと中国が日本を見くびるようなことが起こり、エスカレートする気配。日本の領海・領空に対する隣接軍事大国の脅威は、増すばかり。韓国も便乗して、ここぞとばかり竹島や慰安婦問題で騒いでいるし。つい最近も、中国空軍機が東シナ海で海上自衛隊の情報収集機を追尾し、ロシア軍もまた、日本領空付近で演習を強行しました。中国は艦船だけでなく、中国軍機の日本領空接近も、昨年の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件後はそれ以前の3倍に増えているそうです。ロシア軍はさらに、今月7日から今週末までの予定で、北海道の稚内沖から知床半島沖にかけた区域を訓練空域に設定しました。これほど日本領空に近い場所に、訓練空域が設けられるのは初めて。ロシアは、偵察機ではなく、長距離爆撃機を2機出動させ、日本列島をぐるりと1周させた。しかも北方領土上空で、必要もないのに空中給油までしてみせたと。
ロシア爆撃機が「日本1周」 首相訪問時に福島沖も飛行 前代未聞の露骨な挑発 2011.9.9
露軍、北海道領空付近を訓練空域に 野田政権牽制か
ロシア艦艇4隻が宗谷海峡通過 周辺に20隻も次々に… 日本の外交姿勢を瀬踏みか 
 

さて、再生可能な自然エネルギーへの転換を進める意欲を国会答弁などで示してきた菅前首相は、「おれの大好きな風力発電を東電が放置してきた」とか「10年以内に電力の内10%を風力でまかなうという目標を決めればこの分野の投資が進む」などと語ってきたそうですが、日本中にどれだけの風車を立てればそれが可能なのか。本日、以下のような記事が載っていました。


発電用風車、近隣から健康被害の訴え続々 聞こえない超低周波音に悩む
とまりました読売新聞(ヨミドクター) 9月9日

緑豊かな静岡県南伊豆町の山間に、木工業の沼田松雄さん(63)が5年がかりで妻(52)と一緒に建てた自宅兼作業場がある。

 正面の山の頂に目をやると巨大な発電用の風車が「ゴーッ」と音をたてて回る。直線で440メートルの距離だ。周辺にはさらに16基の風車があり、これらの風切り音の一部も、山間を抜けて耳に届く。だが、問題なのは耳障りな騒音よりもむしろ、聞こえない超低周波音だった。

 民間業者が風車を建設したのは2009年のことだ。同年11月末に試運転が始まると、風車から数百メートルの距離に住む人たちに体調不良が表れた。沼田さんと妻は同年12月以降、めまいが頻繁になり、耳の痛み、首や肩の張り、胸や背中の圧迫感、不眠、高血圧などに見舞われた。

 翌年3月、「体が持たない」と、20キロ・メートル離れた所に家を借りた。風車から遠ざかったためか体の不調が消えた。今は日中、自宅兼作業場で仕事をし、夕方には借家に戻る。沼田さんは「国が推し進める『エコ』な発電で、なぜ我々の健康や生活が脅かされなければならないのか」と憤る。

 夫婦の体調不良を、成蹊大理工学部非常勤講師の岡田健さんは「風車が風を切る時に発生する超低周波音と空気流の影響」とみる。

 超低周波音の健康への影響は30年以上前から知られていた。石川島播磨重工業(現IHI)に長く勤務した岡田さんは工場や空港の周辺住民から寄せられる動悸(どうき)やめまい、頭痛などの苦情に対応し、工場のボイラーやコンプレッサー、航空機エンジンなど、音の発生源の改良を手がけてきた。

 「消音装置などで超低周波音を減らすと、途端に症状が改善し、苦情が減ることが分かった」という。

 低周波音問題(超低周波音含む)を巡っては、環境省が04年、影響の有無を判断する目安となる値「参照値」を公表した。家庭でのヒートポンプ給湯器の普及などに伴い、周辺で低周波音の苦情が相次いだからだ。

 ところが、「一部の音響専門家らが値を決めたため、耳に聞こえない音波は考慮されず、参照値以下の超低周波音に健康影響はないと切り捨てられた」と岡田さんは指摘する。この解釈が風車の問題でも用いられ、被害の軽視につながっているという。

 健康被害の訴えは、風車が立ち並ぶ同県東伊豆町や愛知県豊橋市などでも相次ぐ。環境省は昨年度から、風車の低周波音の影響調査を始めたが、住民の声をきちんと受け止め、民家に近い風車は回転数を落とすなど、早急な対策が必要だ。

 ■超低周波音
 周波数20ヘルツ以下の聞こえない音。風車では、羽根(ブレード)による空気の切り裂きや、羽根の表面の乱気流で生じ、微細な空気振動として伝わる。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
>天皇制について、私は個人的に反対。
ご存知のように、日本国憲法第一条
天皇の地位と国民主権

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

とあります。
天皇制を廃止ならば、憲法を改定しないと。
昔いた社民党党首 ミズホタンは憲法審査会の開催すら認めない。

じゃ どうやって 天皇制を廃止するの?(大爆笑)

2011/10/10(月) 21:20:53 | URL | のっぽ #mQop/nM.[ 編集]
民主党、解党しろ!
民主党はもう役目を終えましたし、解党すべきです と言うより、小沢と鳩山(由紀夫)がいない民主党はないのと同じですし
民主党は、「生活の党」なり、「社会民主党」なり、「みんなの党」か「日本維新の会」なり、行くべきです もう、民主党は解党、これしかありません
2013/04/28(日) 12:17:59 | URL | 民主党の解党を願う日本人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する