駄文・散文帳
2011年08月29日 (月) | 編集 |
野田佳彦財務大臣が民主党の新代表に就任し、第95代首相、62人目の首相に指名されることになりました。この結果に、ホッとしています。千葉県出身の総理大臣は初めてではないでしょうか。54歳という若さも良いですね。人権侵害救済法案(人権擁護法案)や外国人参政権法案といった悪法に反対しています。「日本に戦犯は存在しない」と公言し、南京虐殺にも否定的。

鳩山前首相・菅首相、この2人に比べたら、ずーっとまともな人に見えますね。
小渕恵三元首相を思い起こさせるような・・・意外と徐々に人気が出たりして。

しかし、公務員改革をしないで増税、財務省の言いなり、蓮舫さんが野田さんを支持していることなど、いろいろ気に入らない点もありますが、とりあえず海江田さんと前原さんでなくてよかった。

もし海江田さんが選出されていたら、小沢元代表と鳩山前首相が復権する。「かいらい万里」と言われていました。何より鳩山前首相が勘違いして、再び国益を損ねる恥ずかしい言動を連発しそうで怖い。今でも、民主党の評判をここまで落とした張本人が自分であるとは思っていないようですね。鳩山さんは今回、候補を海江田さんに1本化するために、小沢鋭仁元環境相と鹿野道彦農大臣に、辞退するよう働きかけました。総理大臣経験者が、こんなことをしてはいけないと言っていたはずなのに。

ともあれ、野田さんが新代表に選ばれたのは、民主党議員の多くの「小沢さんと鳩山さんに対する嫌悪感」でしょう。

小沢さんは周辺に「言葉だけの挙党一致なのかどうか見極めなければならない」と語ったそうです。さっそく役員人事で、野田さんを牽制しています。小沢さんの息のかかった金庫番(幹事長)では、国民が許さない。幹事長ポストに輿石さんの名前も挙がっているようですが、とんでもない。輿石さんは政治とカネ問題を抱えています。

前原さんは、在日韓国人からの献金問題が影響しましたね。半日国家に気を使い過ぎ。
 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する