駄文・散文帳
2011年08月28日 (日) | 編集 |
民主党代表選、海江田さんが小沢一郎元代表らの支援を受け、基礎票でリードしているらしい。が、第1回投票での過半数獲得は微妙な情勢で、上位2人による決選投票に向けた多数派工作も水面下で活発化しているようです。候補者は菅政権の現職と元閣僚ばかりですね。閉塞感に包まれた菅政権がようやく退陣を決め、新しい政権が発足するというのに、菅内閣に深く関わった責任者ばかりとは、うんざりします。これでは首相を取り換えるだけで「内閣改造」みたいだ。五人の候補者はいずれも先の内閣不信任案に反対し、菅政権を支持しています。菅政権は復興財源を所得税や法人税など基幹税の増税で賄うと決めているのに、野田氏を除く四人は復興財源を増税で賄う方針に強く反対しています。言ったことを守らない、すぐ前言を覆す鳩山前政権・菅政権でしたが、次の政権も同じでしょう。永田町の論理で選挙に勝ったとしても、国民との対話を欠いた政権が強い支持を集めるとは思えません。菅政権に続いて、次も衆院解散・総選挙を経ずにできる政権だし。また、前原さんは献金問題で外相を辞任しているのに、なぜ今度は首相を目指すのか疑問。海江田さんにしても、小沢グループに総理にふさわしい人材が無く、消極的というか消去法で選ばれた人。国会での質疑に号泣してしまう人が総理になっても、腹黒い外国の首脳に勝てるわけがない。経済とは外交力でもあり、外交力のない人が総理になったら、国益を大きく損ねます。

そんな海江田さんは、28日のNHK番組で、自らが新代表に選出された場合は、子ども手当見直しなどをめぐる自民、公明両党と民主党との3党合意を白紙に戻す可能性に言及しました。これでは、すぐにも解散・総選挙となるでしょう。


民主党代表候補を採点する
池田 信夫 / 2011年08月28日

実質的に日本の首相を決める選挙だというのに、ろくに政策論争もなしに、わずか2日でバタバタとやる民主党の代表選挙は、有権者をバカにしたものです。マスコミでは相変わらず小沢か反小沢かといった話ばかりなので、あえてそういう政局的な話は無視して、政策で各候補を採点してみました:

•前原誠司: 60点
•野田佳彦: 50点
•馬淵澄夫: 30点
•海江田万里:20点
•鹿野道彦: 10点

というわけで、かろうじて「可」を与えられるのは前原氏だけで、あとは「不可」です。全体に中間派の浮動票をねらって政策が曖昧になっているため、政策論争も噛み合わない。具体的な政策を出しているのは馬淵氏ぐらいで、それが事実誤認の日銀バッシングというのでは話にならない。海江田氏は「小沢憎し」の自民党にいじめ抜かれるだろうし、最有力とされる前原氏にはいろいろなスキャンダルが噂されています。党内が分裂したままでは、誰が当選してもまた短命に終わるでしょう。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する