駄文・散文帳
2011年08月09日 (火) | 編集 |


「東海」を「日本海」単独表記に…米国の主張で波紋
中央日報 2011年08月08日

複数の外交消息筋が8日に明らかにしたところによると、米国は最近国際水路機関(IHO)に提出した書簡を通じて韓国領海の「東海」(East Sea)を「日本海」(Sea of Japan)と単独表記すべきという公式意見を提出し、IHOはこれを自らのホームページに掲示したと韓国メディアが伝えている。

これはIHOの海洋境界実務グループ議長が東海表記に対する公式意見を提出するよう要請したことを受けたもので、韓国で深刻な波紋を起こすと予想される。

米国に続き英国も東海を日本海と単独表記すべきという意見を提出したことが確認された。

これに対し韓国政府は米国が一方的に日本の肩を持っていると反発し、韓日両国の立場をバランスを取って反映させ、「東海」と「日本海」を併記すべきという意見を外交ルートを通じて米国政府に伝えた。

現在IHO実務グループ議長は「日本海」を単独表記した上で韓国の併記の立場を反映する方策を提示したとされる。韓国政府は反対の立場を明確にしているという。

こうした中、北朝鮮は韓国と同じように東海と日本海を併記すべきという公式見解をIHOに提出した。

これに伴い、今後IHOの東海表記問題をめぐり韓日間の尖鋭した外交折衝戦が展開されると予想される。



韓国と北朝鮮は、国際水路機関(IHO)の「大洋と海の境界(S-23)」の改訂に関する会議や、国際連合地名標準化会議などの機会に便乗して、日本海の名称変更または併記を要求する運動を行っています。これらの国際会議は本来、専門家による議論を行う場であり、政治的問題について議論する場ではないため、こういう韓国の行動自体が顰蹙を買うような話。しかも、韓国は「東海(East Sea)」への変更または併記を要求し、北朝鮮は「朝鮮東海(East Sea of Korea)」または「朝鮮海(Sea of Korea)」への変更または併記を要求しているそうです。

韓国大統領が日本側に対して「平和の海」などへの改称を非公式に打診したこともありましたね。安倍首相のときだったと思います。

とにかく、韓国では自国以外のほぼ全ての国々において「日本海」表記が公式に使用されているにもかかわらず、これを「誤記である」などと主張し、韓国政府や政治家などによる外交的圧力あるいは民間の活動団体による組織的な抗議活動によって、他国の政府機関やマスメディアなどに、地図・政府広報・報道・教科書・記念碑などにおいて記載されている日本海の表記を、"Sea of Japan" から "East Sea" へ書き換えるよう強要。その活動が拡大しています。抗議メールの集団的大量送信によるサイバーテロ攻撃なども行って、必死。

韓国は、日本に対してはサッカーなど国際競技以外でもエネルギッシュに活動するのですね。ここまで日本を敵視するようになっては、韓国の国家の品格に関わる事態。むしろ韓国の国益を損ねる結果になるのではないか。先進国を目指している国とは思えません。

中国政府は歴史的にも日本海が正解だとしています。北京オリンピックの閉幕式の際、会場の巨大スクリーンおよび世界中のテレビ画面に、英語表記の東アジアの地図が登場しましたが、地図の日本海には「Sea of Japan」とだけ表記されていました。この時も、この地図は韓国で波紋を呼び、韓国メディアが批判的な報道をしました。

「東海」と言ったら、むしろ東シナ海のことですよね。中国は東シナ海を「東海」と表記しています。


日本 外務省より一部抜粋
日本海呼称問題

1.近年になって突然、日本海の単独呼称にごく一部の国から異議が唱えられ始めました。
 韓国等が日本海の名称に異議を唱え初めたのは、1992年の第6回国連地名標準化会議が最初です。
それまでは、二国間でも、国際会議の場でも、日本海の名称に異議が唱えられたことはありませんでしたが、突然、韓国等は日本海の表記を「東海(East Sea)」と単独に表記するか、あるいは日本海と「東海」を併記すべきであると主張してきたのです。

2.この異議は根拠のない主張です。
(1)韓国側の主張:「日本海の名称は日本の拡張主義や植民地支配の結果広められてきた。」
 日本政府の古地図調査の結果、既に19世紀初頭には日本海の呼称が他を圧倒して使われるようになった事実が確認されています。この時期の日本はいまだ鎖国政策をとっており、このような日本海の名称確立に何らかの影響力を行使したということはありません。したがって、19世紀後半の「日本の拡張主義や植民地支配」によって日本海の名称が広がった、との韓国側の主張は全く妥当性がありません。また、最近では、6.で述べるとおり、韓国政府も、「日本海の名称が日本の拡張主義や植民地支配の結果広められたものではない」ことを認めたと評価できる調査結果を発表しています。

(2)韓国側の主張:「朝鮮半島では過去2000年間、『東海』の呼称が使用されてきている。」
 韓国は過去2000年間「東海」が使用され続けているという主張の根拠を示していません。また、現在韓国国内では「東海」が用いられているとしても、「東海」はあくまで韓国国内の名称であって、当該海域について国際的に長くかつ広く用いられてきたのは日本海のみです。

(3)韓国側の主張:「日本海と『東海』の併記を勧告する国連及びIHOの決議がある。」
 韓国は、日本海と「東海」との併記を勧告する国連及びIHOの決議があると主張しています。

 しかし、国連地名標準化会議決議Ⅲ/20及びIHO技術決議A.4.2.6は、湾や海峡など2つ以上の国の主権下にある地形を想定したものであり、日本海のような公海には適用がありません。このことは、「太平洋」や「大西洋」に接している国の一か国でも異議を唱えたら複数の名称が併記されることとなれば、収拾がつかなくなることを考えれば当然のことです。

 また、4.で述べるとおり、国連は、国連公式文書では標準的な地名として日本海が使用されなければならないとの方針をとっていることが公式に確認されており、IHOが出版している「大洋と海の境界」(S-23)でも、当該海域について日本海の単独表記が明示されていることからも、日本海と「東海」の併記を勧告する国連及びIHOの決議が存在しないことは明らかです。



韓国国会議員、「日本海」呼称廃止を中国に求める
「人民網日本語版」2011年4月20日

韓国は同盟国・米国を含む世界の大多数の国々が朝鮮半島の東に広がる海を「日本海」と呼んでいることに深く頭を悩ませている。韓国の国会議員は19日、地図上に「誤記」があるとして中国政府を名指しで批判。「日本海」表記を「東海」に改めるよう中国に働きかけることを韓国政府に求めた。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

韓国紙「中央日報」(19日付)によると、韓国政府傘下の海外文化広報院は金乙東議員の求めに応じて「韓国に対する海外の誤った認知の事例とその対応案」を提出。これによると中国国家測量局など中国政府のウェブサイトは200カ所余りで同海域を「日本海」と表記している。最多は国家測量局で160カ所で、中国気象局は16カ所、中国中央人民政府は10カ所、中国気象衛星センターは2カ所、中国国家図書館は1カ所だった。金議員は「韓国政府は07年からこうした表記の修正を中国に要求しているが、いまだに1カ所も修正されていない」と指摘。「韓国政府の対応は不十分だ。沈黙外交をすべきではない」と批判した。

「中央日報」の別の記事は「米国や欧州の先進国も『日本海』表記の誤りに注意を払っていないようだ」としている。各国政府のウェブサイトだけでなく、多くの国際機関やメディアも「日本海」表記を採用している。米国務省、国連教育科学文化機関(ユネスコ)、世界気象機関(WMO)、BBCなどもそうだ。

同海域の呼称をめぐり日本と朝鮮・韓国は対立を続けている。日本は「日本海」という呼称は早くも16世紀に採用され、19世紀末には確定したものであり、1910年の日韓併合条約よりも早いため、「植民地改名」の問題は存在しないとしている。だが朝鮮と韓国は、「東海」は日本の植民地支配期に初めて「日本海」に改名されたとして、「根本的に改めなければならない」としている。現在、世界の大多数の公的地図は同海域を「日本海」と表記している。

 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する