駄文・散文帳
2011年07月02日 (土) | 編集 |


チョコ

626-choko2.jpg





菅首相側、北の拉致容疑者親族の周辺団体に6250万円献金

2011.7.2

菅直人首相の資金管理団体「草志会」が、北朝鮮による日本人拉致事件容疑者の親族が所属する政治団体「市民の党」(東京、酒井剛代表)から派生した政治団体に、計6250万円の政治献金をしていたことが1日、分かった。年間の献金限度額上限の5千万円を支出した年もあり、大口の献金者だったことがうかがえる。政府の拉致問題対策本部長でもある首相側の献金先としては「不適切」との批判を受けかねない。

 菅首相側が献金していたのは、「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」(神奈川、奈良握(にぎる)代表)。

 「めざす会」は市民の党の酒井代表の呼びかけで平成18年に結成され、奈良代表も市民の党出身。めざす会には、市民の党の名を冠する会派に属している複数の地方議員が年間計1千万円近い政治献金をしているほか、事務担当者が同一だった時期もある。

 政治資金収支報告書によると、草志会は19年に5千万円、20年に1千万円、21年に250万円をめざす会に寄付している。19年の5千万円は資金管理団体から政治団体に献金できる上限額。この年は、めざす会の収入の6割近くが草志会の寄付だった。市民の党をめぐっては14年6月、横浜市議2人が市議会本会議で議場内の国旗掲揚に反対し、議長席と事務局長席を占拠して6時間近く議事を妨害した問題が起きている。

一方、市民の党には日本人拉致事件の容疑者の親族が所属。この親族は、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの長男(28)。長男は北朝鮮で生まれ、平成16年に日本に帰国するまで現地で生活していた。今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。

 市民の党には、民主党の黒岩宇洋(たかひろ)法務政務官の関係政治団体も21年に計約400万円の政治献金を行っており、自民党の河井克行衆院議員らが今年5月の衆院法務委員会で「(長男は)20歳のときまで北朝鮮にいた。どのような教育を受けたかということは容易に想像がつく。そういう人を公認したのが市民の党だ」などと指摘している。

 市民の党の酒井代表は取材に、「菅首相とは30年ぐらい前からの付き合い。寄付については出している側に聞いてほしい」、めざす会の奈良代表は「首相と会ったこともないし、詳しいことは分からない」と話した。

 菅直人事務所は献金について、「当時の党の役職者(代表代行)としての責任において、職務遂行の一環としてのものであり、法に則(のっと)り適正に処理している」とコメントしている。



拉致問題対策本部長である菅首相の資金管理団体が、日本人拉致事件の容疑者の家族が所属する政治団体から派生した団体に多額の献金をしていた問題で、拉致被害者の家族らには怒りと疑念が広がっています。特に、めざす会への献金について、よど号犯グループに拉致された有本恵子さんのお母さんは「日本の政治家がやることとは思えない」と怒っています。

菅首相は平成元年、拉致事件の実行犯である北朝鮮工作員の辛光洙(シングァンス)容疑者の助命釈放嘆願書に署名。その後、昨年の衆院本会議などで「確かめずに署名したことは間違いだった。反省している」と謝罪していますが、草志会をめぐり首相は、在日韓国人系金融機関の元男性理事から献金を受けていたとして、政治資金規正法違反罪で東京地検に告発されてもいます。

どうして菅首相は、朝鮮半島関連の問題が多いのでしょうね。菅首相自身が朝鮮半島及び半島出身者や半島の人々に思い入れが強いのでしょう。北朝鮮の酷さは世界中の誰もが知っていることですが、韓国もこういう国なのです。


韓国の中高校生「1番の敵は日本」 北の2倍、中国は1割より抜粋
サーチナ 2011年6月26日

韓国青少年未来リーダー連合などが韓国国内の400校以上の中高校生を対象に実施した『青少年の国家観と安全保障観』調査によると、44.5%の中高校生が「現在の一番の敵は日本」と回答したことがわかった。環球時報が報じた。

 第2位の北朝鮮は22.1%で日本の半数にも満たなかったほか、同盟国アメリカは第3位で19.9%、続いて中国が12.8%、ロシアが0.6%と続いた。韓国の中高校生は天安号事件や延坪島砲撃で関係が悪化している北朝鮮以上に、日本を最大の敵と見なしていることが調査で明らかになった。

 多くの中高校生が強硬な姿勢を支持しているものの、「もし戦争が起きたら?」の問いには58.8%が「海外に逃げる」と答え、「兵力として参戦する」は19.8%と2割に満たなかった。また「韓国に留まる」との回答も21.6%に過ぎなかった。



韓国の中高校生「1番の敵は日本」という結果は、当然です。韓国は子供のころから反日教育をしているからです。それなのに「友好」と言いながら、常に何とか日本から資金援助を引き出そうと企んでいるのが韓国。「お金」のためだけに日本との関わりを持とうとする韓国。自国の歴史を捏造し、虚偽の歴史を国民に教える。日本を恨むことと日本を貶めることだけが、韓国の誇りを保てることらしい。現在の韓国の報道でも、「日本の不幸は蜜の味」みたいな記事がよく見受けられますね。それでも日本の政治家に親韓が少なからずいるのは、これもまた「お金」になるからでしょう。カネと票になるのでしょう。鳩山前首相の場合はカネではないですね。「在日韓国人が日本の総理大臣になったら素晴らしい」などと発言するのですから、きっと歴史に名を残したいのでしょう。しかし、鳩山さんのようなルーピーでは、偽善者としてしか名を残せません。

詳しいことは「韓国は“なぜ”反日か?」をご覧ください。このサイトは真実を述べていると思いますよ。
 

 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する