駄文・散文帳
2017年08月03日 (木) | 編集 |
意表を突いたのは、やはり河野太郎外務大臣の登用かしらより
早川忠孝 2017年08月03日

石破さんや野田さん以上に自民党らしくないのが、河野太郎氏である。

行革の鬼という尊称を奉るとしたら河野氏以外にはいない、河野氏は自分が正しいと思えばどこまでも頑張る人で、河野氏を懐柔できる人は滅多にいないはずだ、と思ってきたが、その河野氏を外務大臣として登用しようというのだから安倍さんもやるものである。

役人を徹底的に批判し、時には悪しざまに罵っても恥じないのが河野氏で、自民党の部会で河野氏の発言ぶりを目の当たりにした時はビックリしたものだった。
河野氏には一言居士みたいなところがあり、一度言い出したら言い止まない。

役所にいた経験もある私などは、見ていて役所の担当者が気の毒になるほどだった。

へー、国会議員はこんなにも役所の担当者を怒鳴っても平気なのか、と驚いてしまった。
と同時に、役所の担当者が何か隠し事をしていたり、誤魔化そうとしていることを見破った時は、決して有耶無耶で終わらせてはならない、ということを河野氏にと教えられたようなものだ。

河野氏は、普通の自民党の国会議員とは、一味も二味も違うものを持っている。
しかも、様々な情報に通じ、様々な政策にも強い。


自民党の大多数の国会議員が核燃料サイクル政策の推進を言っている時に、河野氏は舌鋒鋭く政府の核燃料サイクル政策の誤りを指摘し、使用済み燃料の再処理に反対していた。
一度だけではない。
事あるごとに、河野氏は自説を展開していた。

河野氏の凄いところは、自分の意見が自民党で取り上げられなくても絶対に自民党を離党しようとしないところである。

自分の意見が正しいから、自分の意見が自民党の中で通るようにひたすら頑張る。
まあ、自民党の中でじゃじゃ馬か暴れ馬のような存在だったと思うが、そういう河野氏の言動を承知しながら、安倍さんは今回の内閣改造で河野氏を外務大臣という重要ポストに座らせることに決めた。

多分、これで河野氏は、自民党の総裁候補の一角を占めることになるのだろう。

いや、大したもんだ、ととりあえずはエールを送っておいた方がよさそうだ。


第3次安倍第3次改造内閣が発足した。驚いたのは、やはり河野太郎外務大臣の登用である。たいへん興味深い。政治評論家の田崎史郎氏が今朝、サプライズ人事があると言っていたが、言うと潰されるので言えないと口を閉ざしていた。河野太郎氏だったのだ。

河野太郎氏は、親子とはいえ父親の河野洋平氏とは当然だが異なる人格である。
→ 河野洋平元衆院議長、河野太郎前行革担当相 父子共演も…異なる立ち位置がくっきり

故・渡部昇一氏は父親の方の河野洋平氏を「戦後最も日本を貶めた政治家である」と明言していたが、まさに反日の代表的な政治家であった。自民党内にも、こういう反日・左翼の議員がいるのだ。

河野洋平氏は、戦後の「左翼でなければインテリではない」みたいなムードに乗って、愚かな言動の多い政治家だったことは有名である。

1975年(昭和50年)にタイ王国の首都バンコクで行われた東南アジア諸国連合外相会議に議員として出席した際、搭乗した飛行機が機体不良で台湾に緊急着陸した後に、中華人民共和国外交部長(外務大臣)だった喬冠華に会った際に「私は台湾の空港で一歩も外に出ませんでした」と述べた。

2001年(平成13年)の台湾の李登輝前総統訪日に中華人民共和国からの強い抗議を受けて、自らの外務大臣辞任をほのめかしてまで入国ビザ発行に反対した。ビザが交付されたが、河野は辞任しなかった。

河野洋平 Wikipediaより


産経新聞は社説で「中途半端で要領を得ない知識・見識を振りかざす大物政治家」と酷評している。

しかし、息子の河野太郎氏はなかなかの人物である。外務大臣としてきちんと、時には強く明確に日本側の主張をしてくれるような気がする。日頃から非常に発信力のあるところを窺わせているからだ。安倍首相とはイデオロギー的に遠いと言われているが、父親のような「反日」ではないと思う。日本のために働いてくれることが期待できる。祖父(河野一郎)とタイプが似ているようだ。

太郎氏は自身のブログ「ごまめの歯ぎしり」で自衛隊の南スーダン派遣施設隊の日報に関して、以下のようなことを述べている。

「南スーダンの日報に関する報道を見ていると、ちょっとピント外れなものが多い。自衛隊の南スーダンの派遣施設隊の日報は、二月六日にはその存在が明らかになっており、機密部分が黒塗りになっているもののすべて公開されている。こうした説明もなく、あたかも日報を隠蔽する決定が行われたかのような報道は、間違っていないか。」

さて、めぼしい実績を残すことが出来なかったばかりか民進党の支持率を低下させ、都議選に惨敗して1年も持たずに辞任することになった蓮舫氏が、第3次安倍第3次改造内閣の顔ぶれについて「人を替えても疑惑は終わらせることができない」と訴え、森友学園問題や加計学園問題、防衛省の日報問題を引き続き追及する姿勢を強調した。同じことを蓮舫氏に言いたい。代表を辞任しても国籍問題に関する疑惑は終わらせることができない。また、総務相兼女性活躍担当相に起用される野田聖子氏に関しては「安倍内閣に対して極めてまっとうな感想を述べ続けていた勇気ある人だ。安倍首相は野田氏のまっとうな政治家としての資質に着眼したのではないか」などと述べていたが、蓮舫氏こそ議員辞職をしてから「まっとうな政治家」を目指すべきである。

民進・細野氏が離党を検討
8/3(木)  フジテレビ系(FNN)

民進党の細野元環境相が、新党結成に向けて、民進党の離党を検討していることが、FNNの取材でわかった。
関係者によると、細野氏は、「受け皿を作らなければならない」として、21日告示される民進党の代表選挙を前に、新党結成に向けて、離党を検討していることを周辺に伝えたという。



2017年07月31日  長谷川豊 公式コラム
代表選とかではなくて、ちゃんと分裂すべきだより

民進代表選、野党共闘が争点=党分裂の可能性も(時事通信)

政治家の努めは「未来の日本」を提示することだ。

自民は『自主憲法』を。
公明は『弱者救済』を。
共産党は『共産主義国家』を


我々維新は『既得権益をぶっ壊して税金を国民に戻す』ことと『地方分権(道州制)』を掲げている。(その地方分権の手段の一つが都構想だ)

民進、何がしたいんだよ。
それが見えないから支持されない。

もっと言えば、選挙や政党とはリーダーを選ぶものだ。

自民は安倍さん。
公明は池田大作氏。
共産は志位さん…ではなく、要は日本を弱体化させて中国の属国にしたい集団。ここを押さえていない日本人が多過ぎる。
共産党がしたいのは日本の弱体化。
なので日本にとって前に進めそうな法案やアイデアは全部反対。
北朝鮮のミサイルが飛んできても文句ひとつ言わずに占領されそうになってもそのまま占領されておけと言うのが共産党。
本気で言ってるからすごい。


我々維新が日本のリーダーにしたい人間は言うに及ばず。
ちなみに都民ファーストは小池さんだ。

民進は誰なんだって話。
民進党が日本の総理大臣にしたいのは誰なんだよ、と。
どんな日本にしたいんだよ、と。

所詮自民党の2軍集団。
自民の中じゃ出世できなかった連中が徒党を組んだだけの話。

ちゃんと分裂して共産党とくっつきたい連中はくっつけばいいし、自民にはもう入れてもらえないだろうから保守層は小池さんにシッポを振ればいい。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト