駄文・散文帳
2017年05月02日 (火) | 編集 |
JNN世論調査 TBSニュース
安倍内閣支持率、6ポイント上昇し63%に 自民党39.9%(+7.5) 民進党6.8%(-0.7)
2017年05月01日 保守速報



内閣支持率横ばい60% 失言・不祥事の影響軽微 本社世論調査
2017/4/30  日本経済新聞 電子版

 日本経済新聞社の世論調査で内閣支持率は60%と、前回3月調査の62%と比べてほぼ横ばいだった。今村雅弘前復興相が東日本大震災の被害を巡り「東北でよかった」と発言し辞任するなど閣僚らの失言や不祥事が続いているが、支持率への影響は軽微にとどまった。全体の3割を占める無党派層の内閣支持率も36%と前回(38%)からほぼ横ばいを保っている。

 安倍政権に「緩みがあると思う」と答えた64%の人でみると、半数の51%が内閣を支持している。与党幹部は「北朝鮮情勢が緊迫するなか、国民が安定した政権を求めていることの表れだろう」と指摘。「今のところ国民は冷静だが、あぐらをかいてはいけない」と今後の世論の動向を注視する。

 野党第1党の民進党の支持率が9%と低迷していることも内閣支持率の高止まりの一因だ。学校法人「森友学園」の国有地売却問題で2月以降、民進党は政権への追及を強めているが1割前後の支持率を抜け出せていない。自民党幹部は「自民党以外の政党の存在感が低迷していることが高支持率の理由だろう」とみる。


民進党が4月28日に実施した森友学園の籠池前理事長へのヒアリングは、安倍昭恵首相夫人に関する問題が多かったようだ。籠池氏と民進党がタッグを組む様子は滑稽である。録音データという新しい証拠にわき立ち、再び存在感をアピールしたいと躍起になる民進党議員らだが、籠池氏夫妻に振り回されているとしか思えない。世の中には、芝居がかったことを平然とやってのける籠池氏のような人間がいるのだと驚いたが、そんな籠池氏をまともに相手にしている民進党議員らが哀れだ。

民進党は敵失に頼るのではなく、党内の綱領をまとめることから始めよ。もし、まとまらなかったら解党して出直したら良い。普通の有権者は「反日・左翼」に見向きはしないのだから、保守の二大政党時代を築く準備を始める時期が来ていると思う。左派は左派で新党をつくってまとまれば良い。その方が有権者にとって分かり易いのだ。

山本直人 2017年05月01日
内閣支持率は、「容認率」だと思えばいいんじゃないか?より抜粋

「支持率」という言葉を「容認率」と読み替えてみると、腑に落ちるのだ。

いまの内閣を「支持」というよりも、「この内閣を、続けさせてもよいですか」という質問に対して「まあ、いいんじゃない」となり、もし続きがあれば「だって、他よりましでしょ」ということになるんだろう。

メディアの創り出す「劇場鑑賞」はしても、そうそう踊らされないぞというしたたかさも感じる。また加熱するマスメディアに対して、ネットがきちんと「水かけ」している効果もあるんじゃないか。

でも、新聞社の人なんかはまだ理解できてないんだろうなあ




東京新聞記者・佐藤圭「朝鮮半島有事だったっけ?何にもないじゃん」「安倍政権、支離滅裂だよなぁ」 @tokyo_satokei
2017年05月02日 保守速報


さて、小池百合子知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」が、左傾化している。先月、地域政党「東京・生活者ネットワーク」と政策協定を結び、選挙協力することを発表した。「東京・生活者ネットワーク」とは「アベ政治を許さない」とか「安保関連法案に反対」を連呼している団体だ。

「都民ファーストの会」はその他、公明党や民進党の支持組織の連合東京とも選挙協力で合意している。そういう迷走が原因かどうか「知事支持率は74%と高止まりしているものの、都議選での投票先で自民が都民ファーストを上回った」という。小池知事は自民党に勝つために「来る者 拒まず」の姿勢でさまざまな方面から議員を受け入れてきたため、結果的に左傾化しつつある。このままだと自民支持者が共感できなくなり離れていく。保守の小池百合子氏にとっては本末転倒ではないか。

2017年05月01日 長谷川豊 公式コラム
「小池百合子ファーストの怪」 小池さん、迷走が過ぎるのでは?より抜粋

このままでは本当に都議選までに見限られてしまうんじゃないか?
個人的には先日の…

小池新党、生活者ネットと都議選協力(日本経済新聞)

の記事辺りから、うわぁ…小池さん、やっちまったなぁ…と思ってはいたのだけれど、その後も続く「ヤメ民進軍団」の囲い込み。本当に大丈夫なのか?小池さん、もともと保守じゃん。どっちかと言えばかなりの。

去年の都知事選で小池さんに旋風が吹いたのは、あくまで自民党支持者たちが小池さんに票を入れたから。これはあらゆる調査結果で明らかになっている。
それは小池さんがもともと保守の中枢にいた人だからだ。自民の支持者は、どう考えても保守層が中心だ。

しかし、最近の小池さんが組もうとしている相手は連合であったり生活ネットであったりと…とても自民支持者が共感できる相手ではないのではないか?

このままいくと、単独過半数なんて絶対に取れないような気がする。
少なくとも、言われているほど自民は負けないぞ。これだと。自民支持者が完全に離れるはず。
古い自民党と議会を壊す
ことは個人的に賛成。
その勢力としては私は維新だと思うが、まぁ、小池さんでもいいのかな、とは思っていた。
しかし…これではとてもじゃないが支持できない。今の小池さん、少々、迷走が過ぎるのではないか?大丈夫か?



小池塾の左傾化警戒 塾生からは不満の声、都議選「“偽装保守”議員出るのでは」
2017.04.30



都議選が「大坂の陣」でなく「応仁の乱」と化す危惧より抜粋
2017年05月01日

豊洲市場移転問題で百条委員会が設置され、石原元知事や浜渦元副知事を呼びつけた割に、自民党サイドがぐうの音も出ないほどの決定的かつ犯罪性のある「悪事」が暴露されたわけではなかった。小池知事をヒロインに仕立て上げるワイドショーの勧善懲悪報道を嫌気したネット民の間でアンチ小池世論がじわじわ広がり始めると、小池知事の政局ありきの姿勢に一般都民にも違和感が広がったのか、4月頭には朝日新聞の情勢調査で、知事支持率は74%と高止まりしているものの、都議選での投票先で自民が都民ファーストを上回った。

“左傾化”で維新・旧みんな支持層の離反を招くか

しかし、ここのところの小池氏、野田数氏の“左傾化”を見ていると、都知事選で小池氏を支持した291万票のうち、維新や旧みんなの党支持層(都内には、少なくとも120万票の第三極票あり)たちを失望させる可能性が大きくなっている。第三極支持層は「脱既成政党」志向だけに持って行き方を誤ると、小池支持から離反しかねない。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト