駄文・散文帳
2017年04月05日 (水) | 編集 |
森友問題でも支持率変わらず?安倍政権を支える民進党の”醜態”
2017.04.01 デイリーニュースオンライン

 まずは数字を見て頂きたい。『日本経済新聞』とテレビ東京による最新(注1)の世論調査の結果が出た。

・安倍晋三内閣を支持する・・・62%(+2%)
・安倍晋三内閣を支持しない・・・30%(±0%)


 2月末の前回調査から支持が微増(注2)しているが、この1ヵ月間に何があったかを思い出して欲しい。野党と大手メディアがスクラムを組んで、嵐のような安倍晋三首相(62)夫妻への攻撃が繰り返されていたことを——。

 降って湧いたような森友学園を巡る疑惑……というか核心がズレまくって当初とは違う問題にすり替わっているが、「とにかく安倍(夫妻)が悪い。安倍を辞めさせたい」という情熱を持つ方たちが、しつこい。ついに森友学園の籠池理事長の証人喚問にまで至ったことは、周知の通り。籠池一族や自称ジャーナリストなど、濃いキャラクターが続々登場して収束はまだ見えない。

 が、メディアを含めて批判一色と言っていいくらい叩かれた安倍内閣だが、支持率という面では安定したまま。この少し前の各社世論調査では「支持率が軒並みダウン!」(注3)と大手メディアは大はしゃぎだったが、それでも50%超を維持しているのだから十分に高い。

 つまり野党&メディアが同時発症したヒステリー、<森友学園問題>とやらは、今のところ政権運営にはそれほどダメージを与えていない。


■安倍政権を支えるもの

 やたらフットワークが軽すぎる夫人など、安倍政権に穴が無いわけではない。しかしピンチに見えても高い支持率を誇り、選挙ではほぼ常勝に近い。いったい安倍政権の強みとは何なのか?

「まず政権の中枢に居ながら権勢欲を見せず、抜群の安定感を誇る菅義偉官房長官(68)の存在が大きい。また全てが上手く行っているワケではないが、株価や雇用は変わらず好調で、経済政策の効果が出ている」(政治ジャーナリスト)

 ……それもそうだろうが、やはり安倍政権支持率アップの功労者といえば彼らが他の追随を許さない。皆さん、だいたい想像がついているはず。

「記憶違いでは済まされない!」(蓮舫党首・49) 
「おまいう(お前が言うな)!」

「明日、辻元清美が記者会見します。逃げも隠れもしません!(翌日になって)やっぱり会見しません」(玉木雄一郎衆院議員・47)
→「情報公開が大事、とか言っておいて!」

「私に関する疑惑はすべてガセ(拡散するな)!」(辻元清美衆院議員・56)
→「安倍夫人には疑惑だけで証人喚問を要求するのに?」

 そう。やっぱり民進党の皆さんです。森友問題に関する彼らの発言と、それに対する代表的な国民の反応を挙げてみたが、一目瞭然。自分を棚に上げて相手だけを攻める二重基準。平気で嘘をつき、前言撤回する厚顔無恥。自由な議論や多様な価値観を認めない頑迷固陋……。

 いつもの民進党ではあるが、今回は度が過ぎた。上記のごとく政権運営には大した影響が無かったが、国会運営は大ダメージ。重要法案の審議や緊迫する朝鮮半島情勢への対応を放置して、執拗にどうでもいい問題に拘って国益を損失した醜態を、国民は見ている。

「安倍晋三内閣の支持率が高い最大の原因の一つは、旧・民主党政権の失敗だ。<あれよりはマシじゃないか>と(略)安倍内閣に支持が集まっている状況だ」(前原誠司元民主党党首・54)

 旧民主党の酷さは、しっかり受け継がれている。安倍内閣の揚げ足をとるのが党勢回復への道と思っているようなら、これまで同様に今後も民進党に浮上のチャンスは無い。

 そして自民党も、高支持率に安心して気を抜かないでもらいたい。日本を混迷に叩き落とし、破滅の一歩手前まで追い込んだ鳩山由紀夫内閣(70)や菅直人内閣(70)は、いまの安倍内閣より支持率が高かったのだから……。

(注1)最新の世論調査…3月24日〜26日の調査。
(注2)微増…なぜか日経新聞は「横ばい」と表現。
(注3)軒並みダウン…おおむね3〜5ポイントのダウン。


民進党の玉木雄一郎議員がツイッターで「国会は森友学園ばかりでけしからんという声があるが、森友学園ばかりなのは、国会ではなくマスコミではないのか。某紙にいたっては月曜日の朝刊一面まで割いて森友学園、籠池元理事長の大特集。 そんなに批判するなら取り上げなければいいのに。」と主張している。

TBS世論調査でも内閣支持率57%と高く、 政党支持率は自民党32.4%で民進党7.5%であった。

そもそも安倍首相の発言は違法性のある土地の不正取引に関与していたら辞職するというものであって、玉木雄一郎は事実を誤認している。玉木氏は「学校設立あるいは寄付に関わっていたら辞める」 と述べているからだ(4月1日放送の「ウェークアップ!ぷらす(読売テレビ)」で)。同じく民進党の蓮舫代表も「安倍総理は森友学園への寄付が事実なら辞めると言っていた!」と間違ったことを発信している(3月16日の記者会見で、)。

このように民進党は安倍首相の辞任に関するフェイクニュースを流したのである。安倍首相は森友学園の「認可あるいは国有地払い下げに関わっていたら辞める」と述べただけなのに、民進党は代表をはじめとする議員が捏造した内容を吹聴している。とんでもないことである。二流、三流の政治家と言われても仕方がない。

しかも、安倍首相が違法性のあることをしたとか不正を働いたとかの問題ではない。安倍昭恵夫人に関しても「忖度」は犯罪ではない。民進党は何を以って安倍首相夫妻をバッシングしてきたのか自身でさえ分からなくなってきているようだ。結果的に、大騒ぎして民進党の支持率を下げてしまっている。今回の森友学園騒動は民進党にとって「骨折り損のくたびれ儲け」ということだ。恨むなら、火付け役の朝日新聞であろうか。しかし、左巻きメディアは民進党の応援団だから、滅多なことでは怒れまい。ま、自業自得かな。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト